« ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように | トップページ | タイガー立石 ムーン・トラックス展 »

浅葉克己のタイポグラフィ展/shiseido art egg 川内 理香子展/New Year Selection 2015/土屋仁応展/田中福男展/古田織部展

以下の展示をまとめてメモ

浅葉克己のタイポグラフィ展
ギンザ・グラフィック・ギャラリー

「第9回 shiseido art egg」第一弾「川内 理香子展」
資生堂ギャラリー

New Year Selection 2015
ギャラリーアートポイント

冬の動物園 & Artist in Hotel
パークホテル東京

土屋仁応 新作彫刻展
MEGUMI OGITA GALLERY

田中福男 新作ガラス展
MEGUMI OGITA GALLERY

没後400年 古田織部展
松屋銀座 8階イベントスクエア

 

浅葉克己のタイポグラフィ展「ASABA’S TYPOGRAPHY.」
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
ギンザ・グラフィック・ギャラリー
1/9-1/31

文字を書くというよりも「描く」と言った方が良い、それが
浅葉さんの文字を見て思う事。
だからこそ力強い。下手なグラフィクでは負けてしまいそう
なそれだけ強い文字が並んでいる。

Img_1341 Img_1344

デザイン日記も面白い。目についた物を浅羽さんならでの
切り口で記したもの。思わず読んでしまう。

Img_1332 Img_1331

 


「第9回 shiseido art egg」第一弾「川内 理香子展」
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/index.html
資生堂ギャラリー
1/9-2/1

「食」をテーマにした絵。個人的には絵としては入り込めな
いタイプのものだけど、壁面全体を使って見せる展開はイイ。

Img_1350

 

 

New Year Selection 2015
http://art-point.jp/detail/?fn=d355.jpg
ギャラリーアートポイント
1/7-1/16

100人近い作家さんの作品をこれだけまとめて見ると頭が
こんがりますね。普段はグループ展としても数タイプの
絵を見るだけなのに100近くタイプが違うとどう処理して
いいのか頭が判っていない感じ。だからか凄く惹かれると
いうのが少なかったのもある。

今までずっと見てきたあおひーさんの写真「彩葉色玉(甲)」。
平面作品に一部の立体感を加える事によって、そこに目線が
行く、と言う作品になっていた。それによりぼやかしていた
「色」がくっきりとしてその色の存在に気付くという。
Img_1360


他にEgawo「秘かに」が好きだったな。
Img_1363

 

 

冬の動物園
http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/exhibition/exhibition_vol11.html
パークホテル東京
2014/12/15-2015/3/1

ホテルのロビーなどに点在する8作家さんの動物をモチーフに
したアート作品。
作家さんは安元亮祐、室麻衣子、小飯塚祐八、柳ヨシカズ、
呉亜沙、金丸悠児、住吉明子、西村沙由里の8人。

Img_1368 Img_1369

 

 

またこのホテルではアーティスト・イン・レジデンスのホテル
版として「アーティスト・イン・ホテル」を展開。
作家さんがホテルの部屋に滞在してその部屋をアート作品と
してしまうというもの。既に10部屋程完成していて、今も
制作中の部屋もあり、更にこれからも増やしていくそうです。
Artist in Hotel
http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html

普段は見ることできないのですが幸運にも山田純嗣さんが
作成している部屋を見せて頂く事が出来ました。
緻密な山田さんの絵が部屋の壁紙に展開されています。
完成したら泊まってみたいですね。
Img_1385 Img_1383

 

 

土屋仁応 新作彫刻展
http://www.megumiogita.com/cn5/cn8/pg420.html
MEGUMI OGITA GALLERY
1/9-2/7

神秘的でもある土屋さんが彫る彫刻。動物や今回は龍も
ありました。ネコなどはカワイイのですが、何かこの世の
生き物で無い、妖精的な綺麗さがあるのですよね。
大好きな作家さん作品の一つです。
Img_1390

田中福男 新作ガラス展
http://www.megumiogita.com/cn5/cn7/pg422.html
MEGUMI OGITA GALLERY
1/9-2/7

ガラスの中に咲く金属の花。この形をどうやって咲かせて
いるのか?コントロールできるのだろうか?

 

 

没後400年 古田織部展
http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20141230_furutaoribe_8es.html
松屋銀座 8階イベントスクエア
2014/12/30-2015/1/19

織部の時代に広がった変わり兜などのかぶきものご用達品
や織部所縁の茶道具などの展示。
これはイカでしょう、と思った兜が富士山をモチーフに
していたり、当時に居たら切られてますね、私は。
他にも利休の書面などもあり。しかし、やはり器がメイン。
織部焼は個人的には持っていたいと思う器ではない。ただ、
コンセプトがハッキリしている分見て楽しめるもの。
利休と言う大きな枠から抜け出るためにはこれだけ飛びぬ
けないとダメだったんでしょうね。
Img_1392

|

« ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように | トップページ | タイガー立石 ムーン・トラックス展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60968489

この記事へのトラックバック一覧です: 浅葉克己のタイポグラフィ展/shiseido art egg 川内 理香子展/New Year Selection 2015/土屋仁応展/田中福男展/古田織部展:

« ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように | トップページ | タイガー立石 ムーン・トラックス展 »