« 「おはなしと、おえかき」海帆展/美濃のラーメンどんぶり展/東山魁夷展/IN SITU-1/Boutique! | トップページ | ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように »

ホイッスラー展

横浜美術館でホイッスラー展をみてきました。
様々な要素を取り込み、器用でモテるホイッスラーさん
とは一体何者・・・?

 
 

ホイッスラー展
http://jm-whistler.jp/
横浜美術館
2014/12/6-2015/3/1

ジャポニズムの巨匠との前評判もあり印象派系展でも作品を
見るし、唯美主義でもあり、さて、ホイッスラー、何者?
※写真は許可を得て撮影しております。

チラシなどにも使われている絵、まさに唯美主義ですよね。
実際にラファエル前派の画家との交流もあったようです。

下の写真は白のシンフォニーと言う名の3作のうちの2点。
白いドレスの女性が描かれてます。
こうなるともう一つの作品見たくなりますね!
Img_1230

 

今回の展覧会、構成が「人物画」「風景画」「ジャポニズム」と
別れています。

初めの人物画のところではレアリスムに感銘を受けクールベ
の影響が強く出ている絵が。

そして実はこのコーナー、日本人好みの絵が多いのでは?
と思います。何と言っても描かれている女の子が可愛くて
アッサリ目の顔で、スタイル良くて・・・
ええ、絵を見てますよ、絵を、笑。

下左の写真の一番右の女の子なんてとてもステキです。
え、そこまで年下好きと言うわけではありませんが…私。
Img_1252 Img_1251

唯美主義と聞いて思い浮かべるのがあのメンバーの中での
ドロドロした大学サークルのような恋愛関係。ホイッスラーが
そこに絡んでいたかどうかは知りませんがこの方もかなり
モテていた様です。こういう人は女性を描くのがうまいのか。

 

今回の展覧会の特徴として版画が多いです。各コーナーに
あるエッチングがいろいろなタイプのものだったり、かなり力
を入れている。もちろん人物のエッチングにも素敵な女性が
(いや、だからちゃんと絵を見てますって・・・)。
風景画のエッチングも数多くあります。

Img_1254 Img_1259

 

ジャポニズムのコーナーは影響を受けたであろう浮世絵と
並べて展示してある。この構図とこの絵のここが似ている、
これはこの影響などと言うのが隣り合わせに展示してある
のでわかり易い。
Img_1232 Img_1238

今回の展覧会、構成が種別で別れているので年代を掴み
にくい面がある。年代をなんとなく頭に入れながら見ていく
のも面白いのですが、だったら・・・ホイッスラーのヒトトナリ
を楽しんじゃいましょうか?と言う見方が面白い展覧会
だったりします。

ヒゲを生やしてオシャレでダンディな人。芸術家肌だからか
シニカルで自信家だったのか人と意見が合わずケンカや
裁判にまで、などのエピソードも。オレ様的な方。先にも
書きましたがモテていたらしいですが、結婚してからは
奥さんは大事にした様で、でも、その割には愛人を絵に
描いたりしてて・・・

いや、これだけ見ても結構面白い人ですよね。

ここら辺のホイッスラーの人間性に関しては横浜美術館を
はじめ都内の幾つかの美術館にもあるフリーマガジンの
ミュージアムカフェマガジン2015年1月号になんと・・・
辛酸なめ子さんの漫画で詳しく語られてます。
Img_1279
※美術系情報WEBミュージアムカフェのフリーマガジンなので
 WEBからアプリをダウンロードしても読むことが出来ます。
 http://www.museum-cafe.com/

 

さて、風景的な絵ではここら辺が素晴らしかったです。
写真左がノクターンシリーズの2点。他にも幾つかのこの
シリーズの絵があります。情緒的で物静かな絵。人気の
あるシリーズです。右がロンドンに引っ越して、風景画の
大きな変化のあった時期の絵。この変化からノクターン
シリーズへつながっていくのですね。
Img_1245 Img_1247

ノクターン、シンフォニーなど音楽に関係するタイトルをつけ
たホイッスラー。絵を音楽の様に受け止めてほしいと言う
願いでしょうか?自分の名前のWhistle(口笛を吹く、
さえずる)などからの影響があるのかしら?

 

ホイッスラーはいろいろなことやっているが故にか、全体が
つかみづらい画家ではあります。ただ、見終わった後の印象
としては「絵がきれい」と言う印象が残りました。
(描かれている女の子がきれい・・・と言う印象も・・・)

 

他にも額に自分でペインティングをしたり、ジャポニズム風の
絵の額縁を良く見ると漢字が彫ってあったり、そういう楽しみ
方もできそうです。
Img_1260 Img_1261

人物的にはホイッスラーが内装を手がけたピーコックルーム
(映像の展示があります)を施主に内緒で勝手に改装して、
ケンカした(元々は自分の絵を飾るのに壁紙の色が気に入ら
ない・・・とか言う理由から勝手に全面改装)したと言う話や
有名なラスキンとの裁判などもあります。

また自分のイニシャルJWをモチーフにして蝶のマークを絵に
いれたりしているので、蝶探し(それも形が微妙に違ったり
している)するという楽しみもあります。

写真左はピーコックルームの壁の絵のスケッチ。写真右は
蝶のマーク。
Img_1263 Img_1246

グッズではパパブブレのアメが凄く人気で1月の中頃には
売り切れてしまいそうだとのことでした。
ホイッスラーのひげにちなんだグッズも!

Img_1264 Img_1266

 

ちなみに音声ガイドはリリーフランキーさん。普段は音声
ガイドを使わない派の私もちょっとこれは試してみてしまい
ました。箱根駅伝の大和ハウスのCM(深津絵里さんとの)
を観たばかりと言うのもあり・・・。
実家が藤沢なので毎年箱根駅伝を見ていますが、あの
CMはいいよね・・・と思わず脳内で再生をしていました。

|

« 「おはなしと、おえかき」海帆展/美濃のラーメンどんぶり展/東山魁夷展/IN SITU-1/Boutique! | トップページ | ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60927611

この記事へのトラックバック一覧です: ホイッスラー展:

» ホイッスラー展@横浜美術館 [Life with Art]
 横浜美術館で開催中の「ホイッスラー展」を観ました。「ホイッスラーって誰?」と... [続きを読む]

受信: 2015/01/10 15:01

« 「おはなしと、おえかき」海帆展/美濃のラーメンどんぶり展/東山魁夷展/IN SITU-1/Boutique! | トップページ | ヂョン・ヨンドゥ 地上の道のように »