« 岡田美術館所蔵 琳派名品展 | トップページ | 蜷川実花:Self-image »

仁阿弥道八/建築のこころ/omnium felicitatem 2015/next 信州新世代のアーティスト展 in 銀座/茂田井武展/「ゲート」 モニカ・ソスノフスカ展

展覧会感想、いくつかまとめてUPです。

天才陶工 仁阿弥道八
サントリー美術館

建築のこころ アーカイブにみる菊竹清訓展
国立近現代意建築資料館

omnium felicitatem 2015
ギャラリーカメリア

next 信州新世代のアーティスト展 in 銀座
銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース

茂田井武展-記憶の頁-
ノエビア銀座ギャラリー

「ゲート」 モニカ・ソスノフスカ展
銀座メゾンエルメス


 

天才陶工 仁阿弥道八
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_6/index.html
サントリー美術館
2014/12/20-2015/3/1

道八として有名なのが二代目高橋道八。
仁阿弥道八と呼ばれていました。三代目も仁阿弥の名称を
使っている事もあるようですが、陶芸界で仁阿弥と言えば
おおよそは二代目高橋道八の事が多いでしょう。

一代目道八から始まり、仁阿弥の創った中国や韓国の名器
の写し、仁阿弥の茶道具。色鮮やかでユーモラスな置物、
そして三代目道八、今の九代目道八と・・・道八の流れ、
つまりは一時期の京焼の流れを万遍なく見る事の出来ると
言う、関東では貴重な展覧会ではないでしょうか?

しかし、今年は琳派400年記念もありこのサントリー美では
乾山の展覧会もあるのですよね。京焼アツいです。

 

 

建築のこころ アーカイブにみる菊竹清訓展
http://nama.bunka.go.jp/kikak/kikak/1410/
国立近現代意建築資料館
2014/10/29-2015/2/1

菊竹さんの図面図面図面。模型もありますが建築資料館
ならではの、建築好きじゃない人の事なんかまったく考え
ない建築好き向けの展示。美術館でやる趣向を凝らした
建築展を期待して見に来た建築そんなに興味ないけど的
な人はまったく視野に入れていない、ここには建築好きな
人しか来ないでしょう、的な。それがイイですね。

 

旧岩崎邸庭園
http://tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

上記、建築資料館に隣接。土日はここの入場料払って
両方見るのが基本。ちなみに平日は事前申し込みを
すれば建築資料館だけ無料で入ることが出来る様です。

Img_2107

まぁ、せっかくなのでジョサイア・コンドル設計の建物ぐるっと
見ます。中は撮影不可。横からの建物の見た感じが結構イイ。
撞球室もコンドル設計。

Img_2109 Img_2110

 

 

ギャラリーカメリア第2回公募展「omnium felicitatem 2015」
http://www.gallerycamellia.jp/
ギャラリーカメリア
1/10-1/24

幸福をテーマにしていろんな作家さんが小作品を並べて
いました。
絵画よりも違う手法の作品が個人的には目につきました。

写真の佐々木俊明さんの素材感と色合い、
同じく写真の生江裕美子さんの風合い、
9squareのチロッとした立体感、などが好みでした。

 

 

next 信州新世代のアーティスト展 in 銀座
http://www.n-bunka.jp/next/info/2015/01/4250.php
銀座NAGANO しあわせ信州シェアスペース
1/16-18

信州にゆかりのある作家さんの山田純嗣さんと飯沼英樹
さんの作品が出てました。
毎年、長野県若手芸術家育成支援事業として「next」と言う
名称で長野で展示をしているようです。
その銀座出張版として3日間のみ開催してました。

Img_2115

山田純嗣さんのパールの輝きの絵と飯沼英樹さんの木肌も
露わな女性像の彫刻が並んでいました。

Img_2116 Img_2118

 

 

茂田井武展-記憶の頁-
http://gallery.noevir.jp/motai/info.html
ノエビア銀座ギャラリー
1/13-3-27

絵本作家の茂田井さん。この方の絵は好きです。
なんか暖かいのですよね。
スケッチ、原画と絵本自体の展示がありました。

 

 

「ゲート」 モニカ・ソスノフスカ展
http://www.maisonhermes.jp/ginza/gallery/archives/7074/
銀座メゾンエルメス
1/20-3/31

ゲート(門や門扉)、いや過去にゲートだったもの。
ゲートのだったものが歪められ、変形して宙に浮かび上がる。
そうするとそれは現代アートと・・・なるのかな?

|

« 岡田美術館所蔵 琳派名品展 | トップページ | 蜷川実花:Self-image »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60998742

この記事へのトラックバック一覧です: 仁阿弥道八/建築のこころ/omnium felicitatem 2015/next 信州新世代のアーティスト展 in 銀座/茂田井武展/「ゲート」 モニカ・ソスノフスカ展:

« 岡田美術館所蔵 琳派名品展 | トップページ | 蜷川実花:Self-image »