« スイスデザイン展 | トップページ | 岡田美術館所蔵 琳派名品展 »

マルク・リブー「Alaska」

マルク・リブー「Alaska」
http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2015/marc/
シャネルネクサスホール
1/16-2/15

マルク・リブー「Alaska」
http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2015/marc/
シャネルネクサスホール
1/16-2/15

内覧会に参加させて頂きました。
※写真はホール側の許可を得て撮影しております。

20世紀フランスを代表する写真家マルク・リブー。
ブレッソンやキャパと共に写真家集団マグナムの一員
として活動していたことも有名です。

そんなマルク・リブーが1958年に中東やアジアを巡った
のちに向かったのがアラスカ。

Img_1814

氷山をイメージした展示造作が目に入ります。床も白、
壁も白と真っ白な空間にマルク・リブーの写真が映える。

Img_1816

メキシコに行く予定だったのを急にアラスカへ寄り道する
事になったと言う事です。リブーにとって旅をすること自体
が仕事だ、寄り道することも仕事であり大きな意味がある
と言う事を息子さんがごあいさつで言ってました。

Img_1813

厳し環境下の自然、生活、人などが写真の中にあります。
中途半端、そういったものがないアラスカの景色や生活
は写真というものの意味合いをより一層強めている気が
します。

|

« スイスデザイン展 | トップページ | 岡田美術館所蔵 琳派名品展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60999002

この記事へのトラックバック一覧です: マルク・リブー「Alaska」:

« スイスデザイン展 | トップページ | 岡田美術館所蔵 琳派名品展 »