« 6次元で 『点描ナイト』開催! | トップページ | 塩保朋子「Cosmic Perspective」 »

17th DOMANI・明日展

国立新美術館にDOMANI・明日展を見に行ってきました。
 


17th DOMANI・明日展
http://domani-ten.com/
国立新美術館
2014/12/13-2015/1/25

ARTISTS
青木 克世/紙川 千亜妃/小林 俊哉/岩崎 貴宏/
梶浦 聖子/濱田 富貴/和田 淳/入江 明日香/
奥谷 太一/北野 謙/古武家 賢太郎/関根 直子

CONSERVATOR
北野 珠子/野村 悠里/邊牟木 尚美

いつもは個々の作品はともかく全体的に少し散漫
なイメージが残るDOMANI展ですが、今年は結構
良かったです。作品への好き嫌いはありますが、
何か展覧会として芯がある様に見えました。

修復家の3人の方の紹介があったのもいつもと少し
違う所でした。修復家の作業内容などは普段見る
機会がないのでなかなか面白かったです。

気になった作品を幾つかメモします。

和田 淳さん、アニメ作家さんです。この方の作品は
前から好きで、TOKYO LOOPなどのDVDで見た事
がありました。他にも結構活躍されていたのですね。
独特の世界観は好きな人にはたまらないですね。
Img_1752

入江 明日香さん。この型の作品イラスト的に見える
かもしれませんが実は銅版画なんです。きめ細やか
で素敵な美人像を和風の世界観を混ぜて今この世
に描く銅版画、っていうだけでも素晴らしいですよね?
Img_1783 Img_1789

岩崎 貴宏さんは雑巾を元にしてコンビナートに作り
上げたり、水に映った金閣寺などを立体でつくり上げ
たり、今までも何度か見た事ありますが、一度見たら
忘れられない様な作品を創る方。
Img_1707 Img_1712

青木 克世さんは陶芸、ですが装飾的な作品が素晴らしい。
骸骨をモチーフにしたりゴシック的な要素などもあり、ここ
まで装飾系に特化した陶芸作品はそうそうないですよね。
Img_1729 Img_1732

小林 俊哉さんの絵画は普通に花弁や鳥などを描いている
様に見えますが地の黒に黒い影が描かれている。それが
花の本体だったり、鳥が止まる花だったり、見えないのに
見える、そんな影が良かった。
Img_1691 Img_1695

紙川 千亜妃さんの作品。好きなタイプのものではないか
もしれませんが、印象に残る強烈さは凄い。インパクト大。
Img_1680

 

濱田 富貴さん、こちらも銅版画。実はこの方の作品、私は
正直言って良くわからない。でもなんだか気になる。
いや、作品としてはわからないけど好きなんですね。
何が?とかどこが?と言っても良く説明できないのですが
なんか好きなんです。気になるんです。なんでだろう?
Img_1763

と、作品自体は相も変わらずバラバラではありますが、
全体的な質のレベルが均一になっているDOMANI展
と言うイメージでした。誰かしっかりキュレーションでも
したのだろうか?とも思いましたが・・・。

|

« 6次元で 『点描ナイト』開催! | トップページ | 塩保朋子「Cosmic Perspective」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60998300

この記事へのトラックバック一覧です: 17th DOMANI・明日展:

« 6次元で 『点描ナイト』開催! | トップページ | 塩保朋子「Cosmic Perspective」 »