« キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展 | トップページ | 2014年の展覧会、今年の10本 »

八木良太展「サイエンス / フィクション」

神奈川県民ホールギャラリーで
八木良太展「サイエンス / フィクション」
をみてきました。

 

 

八木良太展「サイエンス / フィクション」
http://www.kanakengallery.com/detail?id=32993
神奈川県民ホールギャラリー
12/21-2015/1/17

メディアアートの寵児、八木さんの作品をまとめて見る事が
出来ると言う事で行ってきました。

今までに見たものも多かったですが、これだけまとめて見る
事が出来るの機会は少ないでしょう。

砂時計の落ちる音を聞く装置。他にも時計の秒針の動き
を聞く装置や、ソノシートの溝を顕微鏡で見る装置なども。
Img_0823

え?ソノシートって知らない?これだから若い人たちは・・・。
雑誌の付録にありましたよね?ね?
え?雑誌のおまけと言ったらポーチとか?ああ、今はね。
ああ、これだから若い人は・・・。

 

ええ、これからこの展覧会、レコードとか出てきますよ!

 

さて、戻って、セミの鳴き声が流れる空間にはイヤホンに
くっついている金のセミの抜け殻・・・
Img_0829

 

レコードをろくろに見立てたり、見えない箱の中でろくろを
回したり、指の指紋をレコードの溝に見立てたりする映像
があり。

こちらはカセットテープのテープを巻きつけた球体。
これで音を拾ったり、音の信号をRGBに変換した映像を
流したり。
Img_0836

え?カセットテープって知らない?
これだから若い・・・(略)。

 

そんなあなたにはこの双眼鏡にiPhoneつけて立体の星空
映像を見せる装置でも見ててください。
Img_0848

この部屋は他にも立体メガネ(あの赤と青のセロハンのやつ
・・・これも知らないよね、ああ、そうだよね)で見る絵や立体
などもあり。
 

一番好きな作品はこれ。二つ椅子があり、下の鏡の椅子に
座ってそこにあるヘッドホンをかけると・・・の音がします。
(ネタバレなので自粛)
Img_0851

 

個人的にもう一つの椅子の音が好き(正式に書くと嫌い)
でした。これは面白い。

 

偏光フィルムの貼った板を持つとプロジェクターの映像が
そこに映ると言うもの。ただし、3台のプロジェクターが
それぞれピントの合う投射距離が違うので板を持って
動かないとちゃんとした映像は見る事が出来ません。
Img_0853

上の写真の奥にあるカラフルなボールは、偏光メガネを
かけて見ると不思議な立体感で見えます。

 

たこやき器のマス目のたこ焼きを音楽に置き換える装置
や氷のレコードを再生するプレーヤー。
Img_0861

 

CDの表をはがして絵画の様にしたもの(CDは、まだ・・・
わかるよね・・・)や高さが違うボールがカチカチいうアレ。
水の流れと水に浮かぶレコード。このレコードは水の
表面で録音された音と水の中で録音された音が刻み
こまれていて、それが水に浮かんでいると。
別のテーブルにあったヘッドホンをかけると水の流れる
音がします。その場でしゃがんでテーブルの下に潜ると
水の中のゴボゴボした音がすると言う装置も。
Img_0874

 

プラネタリウムのような装置、音の流れるスピードと映像
のスピードを変えて組み合わせ、再生スピードによって
再現性を感じる装置。

最後の部屋が、巨大なレコード。(レコード・・・知らなくて
イイよ、もう・・・)。真ん中の部分だけ投影して回転して
ます。たまに洗濯機の回転などが混ざるそうです。
Img_0883

レコードをつなげたもの。壁面いっぱいに展開。
Img_0884

他にも回転して撮影した映像を回転して投射する
プロジェクターで回転するスクリーンに映したもの。
(結局静止して見える)
スピーカーのついたシャワーヘッドや回転速度の
違うレコード上のジオラマ、ソノシートの表面の
投影BOX、バーコードを読み取る映像BOOKなど。

 

 

 

とにかくアイデアがてんこ盛りの展覧会でした。

空間の作り方はもう少しなんとかすると凄く面白い
インスタレーションとして成立しそうな気もしますが
一つ一つの装置のアイデアを楽しめる子の展開も
イイですね。

 

|

« キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展 | トップページ | 2014年の展覧会、今年の10本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60863947

この記事へのトラックバック一覧です: 八木良太展「サイエンス / フィクション」:

« キャプテン・クック探検航海と『バンクス花譜集』展 | トップページ | 2014年の展覧会、今年の10本 »