« グラフィックデザイン展<ペルソナ>/笹尾光彦展/財津昌樹展/須田二郎展「木の器」/赤堤道具店 下高井戸展 | トップページ | ジョルジョ・デ・キリコ/フェルディナント・ホドラー展/存星/松平不昧の数寄/東山御物の美/日本国宝展 »

オープン・スペース 2014/大友良英 音楽と美術のあいだ/小谷元彦 『Terminal Moment』/町田久美展/荒木経惟展/蜷川実花展/「土門拳 二つの視点」/

また、まとめてアップですいませんが、現代アート、写真系の
展示メモ。

オープン・スペース 2014
大友良英 音楽と美術のあいだ
小谷元彦 『Terminal Moment』
町田久美 -Painting, Drawing, Print-
荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE
荒木経惟『花椿』ポートレイト + ぺインティング
蜷川実花写真展
「土門拳 二つの視点」第一部 「こどもたち」

 

オープン・スペース 2014
http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2014/Openspace2014/index_j.html
ICC
6/21-2015/3/8

オープンスペースが変わっていました。奥の部屋にある
谷口暁彦《思い過ごすものたち》が面白かったな。
久々に無響室を体験、自分の心臓の音など聞いたり。
エマージェンシーズ! 023小沢裕子「無名の役者たち」
は11/30まででしたがこちらも面白かった。

 

 

大友良英 音楽と美術のあいだ
http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2014/Between_Music_and_Art/index_j.html
ICC
11/22-2015/2/22

演奏者の影絵とそこから響く音。
参加メンバーも
大友良英+木村友紀+ベネディクト・ドリュー+平川紀道+
石川高+一楽儀光+ジム・オルーク+カヒミ・カリィ+
Sachiko M+アクセル・ドゥナー+マーティン・ブランドルマイヤー
と言う豪華メンバー。音は気持ち良い。
ただ、この様な試みはダムタイプ(と言うか池田 亮司)さんと
比べられてしまう気もする。池田さんの作品はだいたいワン
パターン的なイメージもあるが間違いなくクオリティは高い。
だからこそ前線で活躍が出来るのだが。それと比べると
クオリティやビジュアル的なイメージが少し弱い気がした。
Works01_03

 

 

小谷元彦 『Terminal Moment』
http://www.kac.or.jp/events/13456/
京都芸術センター ギャラリー北・南ほか
11/11-12/14

これ琳派400年記念関連のイベントだったのですね。
京博など見に行ったついでに行ってきましたがなかなか
良かった。義足に関する映像作品。階段下を使った映像
作品。そして必見は部屋の中に池を作り、その水面に
映した映像。水の波紋か映像の波紋か判らなくなる様な
そして体内の様な血のようなそんな展開が続く。
妖しい作品。
Dsc4691750x524

 

 

町田久美 -Painting, Drawing, Print-
http://www.nishimura-gallery.com/exhibition/2014/2014_machida/2014_machida.html
西村画廊
10/15-11/15

町田さん、元から遅筆でしたが、さらに・・・と言う感じで
新作のペインティングは少なく、基本はドローイングや
リトグラフ。ペインティング沢山見たいな・・・。どこかで
大規模個展やらないかな。

 
 

 

荒木経惟 往生写集-東ノ空・PARADISE
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/index.html
資生堂ギャラリー
10/22-12/25

被災地の方を見ながら毎日撮る空。祈り。
美しく見える花は朽ちかけた市のイメージ。
そんな2つのタイプの写真をそれぞれ見せていました。

 

 

荒木経惟『花椿』ポートレイト + ぺインティング
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/index.html
資生堂銀座ビル2階
10/7-12/26

資生堂ギャラリーの展覧会と連動して本社の2Fで展示。
『花椿』で連載中の穂村弘の対談「Talk」に出演したゲスト
の写真に施したペインティング作品。
Img_0068 Img_0075

Img_0072金沢百枝先生が居ました。

Img_0064蒼井優さん

すぐとなりには「Talk」が載っている花椿のバックナンバー。
Img_0089

 

 

蜷川実花写真展
http://fujifilmsquare.jp/detail/1411140123.html
FUJIFILM SQUARE内富士フイルムフォトサロン
11/14-12/3

もう一目でわかる、蜷川実花さんならではの写真。
一目でわかるって凄いですよね。
Img_9655

 

 

「土門拳 二つの視点」第一部 「こどもたち」
http://fujifilmsquare.jp/detail/14100104.html
FUJIFILM SQUARE内写真歴史博物館
第一部 「こどもたち」 10/1-12/1
第二部 「風貌」 12/2-2015/2/2

第一部のこどもたちをみてきました。
一昔前のこどもたち。時代がわかると様相も
遊び方も変わる。それは写真でわかる。
でも、こだもたちのなかみは変わらない。
それもわかる写真。

|

« グラフィックデザイン展<ペルソナ>/笹尾光彦展/財津昌樹展/須田二郎展「木の器」/赤堤道具店 下高井戸展 | トップページ | ジョルジョ・デ・キリコ/フェルディナント・ホドラー展/存星/松平不昧の数寄/東山御物の美/日本国宝展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60778904

この記事へのトラックバック一覧です: オープン・スペース 2014/大友良英 音楽と美術のあいだ/小谷元彦 『Terminal Moment』/町田久美展/荒木経惟展/蜷川実花展/「土門拳 二つの視点」/:

« グラフィックデザイン展<ペルソナ>/笹尾光彦展/財津昌樹展/須田二郎展「木の器」/赤堤道具店 下高井戸展 | トップページ | ジョルジョ・デ・キリコ/フェルディナント・ホドラー展/存星/松平不昧の数寄/東山御物の美/日本国宝展 »