« リギョン展「逆転移」 | トップページ | ミシェル・ゴンドリーの世界一周 »

日本国宝展/醍醐寺/夢見るフランス絵画/フジタ、夢をみる手

見たもの幾つかまとめて。以下の四展。

日本国宝展

醍醐寺

夢見るフランス絵画

フジタ、夢をみる手

 

 

「日本国宝展」
http://kokuhou2014.jp/
東京国立博物館 平成館(上野)
10/15-12/7 月休

夜間開館で行きました、がそれでも結構人は居ましたね。
東博の夜間だと空いている時が多いのに。休みの日はかなりの
混雑だと聞きます。ましてや、この後の金印展示の12日間は!
金印はまだ出てませんがそれでももう、国宝だらけの濃い展示。
ハッキリ言ってどこにも息を抜くところが無くて大変です。
集中してみるので疲れます。

仏教系(仏画等)→神教系(土偶等)→絵巻等→絵画や茶碗等
→仏像と言う流れになってます。

狩野永徳と長谷川等伯の画が並んでいました。個人的には等伯
の絵の方が好きなはずなんですが、こう見ると永徳って凄いな、
と思ってしまう、そんな何かがある感じでした。
茶碗では大井戸茶碗や志野焼きの卯花墻が出てましたがその
コーナーが息抜きコーナーに見えた位に他が濃かった。

 

 

「御法に守られし 醍醐寺」
http://www.shoto-museum.jp/05_exhibition/index.html
松濤美術館
10/7-11/24

国宝ものオンパレードの秋の東京の美術展。こちらにもかなり
国宝が出てました。それも他の美術館と違ってかなり近寄る事
が出来ます。それ程混んでないところもあるので仏画や仏像を
じっくり見たい人にはお勧めですね。空海の書や俵屋宗達の絵
もあるし、伝小野道風や伝藤原行成の文字も素晴らしい。

 

 

夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_france/index.html
Bunkamura ザ・ミュージアム
10/18-12/14

モネ、ルノワール、セザンヌ、シャガール・・・そんなそうそう
たる画家の絵がある一人の日本人のコレクターのコレクションと
して展示されています。日本人が夢見たパリ、印象派やエコール
ドパリの絵画がここまで揃うとは。個人的にはフジタやデュフィ、
モディリアーニあたりの絵画が好きでした。途中、ちょっとダーク
サイド作品に行ってしまうあたりはちょっと・・・。

 

 

フジタ、夢をみる手
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html
ポーラミュージアムアネックス
10/24-12/28

去年ポーラのコレクションに加わった「グロテスク」「シレーヌ」の
東京でのお披露目は初ですかね?去年ポーラに見に行きました。
他にも子供の職業タイル絵なども出ていて物量はそこそこあり
ました。いくつか今までに見た事ない絵もありました。フジタ好き
にはおすすめの展覧会ですね。

 

|

« リギョン展「逆転移」 | トップページ | ミシェル・ゴンドリーの世界一周 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60634635

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国宝展/醍醐寺/夢見るフランス絵画/フジタ、夢をみる手:

« リギョン展「逆転移」 | トップページ | ミシェル・ゴンドリーの世界一周 »