« 内藤礼 信の感情、アーキテクツ/1933/Shirokane:東京都庭園美術館リニューアル(追記あり) | トップページ | 活動のデザイン展 »

吉田ユニ展 "IMAGINATOMY"

ラフォーレミュージアム原宿で吉田ユニ展
"IMAGINATOMY"をみてきました。

 

吉田ユニ展 "IMAGINATOMY"
http://www.lapnet.jp/event/event_l141112/
ラフォーレミュージアム原宿
11/12-11/24

フェミニンでありながらも一癖も二癖もあるような広告展開を
する吉田ユニさん。

女性に受けそうなフェミニンさ。でも素直な「カワイイ」でなく
仕掛けや捻りなどがたっぷり入っている感じがまた受ける
のではないでしょうか?

きゃりーぱみゅぱみゅや木村カエラの展開などを手掛けて
いることでもそれが判ります。

Img_9425 Img_9432

このテイストで言うとパルコとかルミネとか。少しあるひねり
がリアルさを引き出すのでしょうか?
セクシーな面も普通に表に出してます。

Img_9408 Img_9409

このひねりによりリアルさ、というのが今の女の子にうける
要素であるのは、先日SNSなどで話題になっていた女性
向けのださいピンクデザイン論と同じように、一般的な
カワイイを実現したのではないところにあるのでしょう。

Img_9421

このスカートめくりチラシなんかは男性がやったらただの
セクハラになりかねない・・・。

Img_9427 Img_9428

様々な技術や表現的な工夫を凝らしているのもさすが。
抜きドットパターンで絵を表現するもの。

Img_9410 Img_9411

本の背表紙で表現、そしてそれを敢えて乱すことで変化を
産むかたち。

Img_9413 Img_9414

制作過程のラフスケッチなどを見ことできるのもこの展覧会
のポイント。

Img_9435 Img_9436

そしてそれで出来上がったものが一緒に見る事出来ると言う
のもいいですね。

Img_9434_2

チャラのPVとかCDパッケージもやっていたのですね。
このCDの文字とかはちょっとビョークっぽいですね。

Img_9423 Img_9430

|

« 内藤礼 信の感情、アーキテクツ/1933/Shirokane:東京都庭園美術館リニューアル(追記あり) | トップページ | 活動のデザイン展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60711265

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田ユニ展 "IMAGINATOMY":

« 内藤礼 信の感情、アーキテクツ/1933/Shirokane:東京都庭園美術館リニューアル(追記あり) | トップページ | 活動のデザイン展 »