« 新たな系譜学をもとめて/コンタクツ | トップページ | 輝ける金と銀 ―琳派から加山又造まで― »

気になるメモ、アート編1111

もの凄く久々の気になるメモ、アート編です。
色々気になるもの多いです。また来年にかけての展覧会も凄い。

リー・ミンウェイとその関係展―あらゆるものとの"つながり"について考える
http://www.mori.art.museum/jp/exhibition/index.html
森美術館(六本木)
9/20-2015/1/4
※前に資生堂ギャラリーで見たミンウェイ。

輝ける金と銀 ―琳派から加山又造まで―
http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html
山種美術館(恵比寿)
9/23-11/16 月休
※金と銀。琳派好きも日本画好きも。

チューリヒ美術館展―印象派からシュルレアリスムまで
http://zurich2014-15.jp/
国立新美術館(六本木)
9/25-12/15 火休
※良かったですね、この展示は。

ミシェル・ゴンドリー ホームムービー・ファクトリー
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/michelgondry.html
東京都現代美術館(清澄白河)
9/27-2015/1/4 月休
※ゴンドリー!まだミュージックビデオコーナー見てない!

東欧のアニメをめぐる旅 ポーランド、チェコ、クロアチア
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2014/animation/index.html
神奈川県立美術館 葉山(葉山)
9/27-2015/1/12 月休
※イジー・トゥルンカ、カレル・ゼマンなど。イイね。

高野山の名宝
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_5/index.html
サントリー美術館(六本木)
10/11-12/7 火休
※運慶の仏像が並んでた・・・!

「日本国宝展」
http://kokuhou2014.jp/
東京国立博物館 平成館(上野)
10/15-12/7 月休
※国宝だらけの詰まった展覧会。金印の展示期間は12日間のみ・・・。

ボストン美術館 ミレー展
http://mimt.jp/millet/
三菱一号館美術館(東京)
10/17-2015/1/12 月休
※秋のミレー!ミレーとバルビゾン派の展覧会!

ザハ・ハディド
https://www.operacity.jp/ag/exh169/
オペラシティアートギャラリー(初台)
10/18-12/23 月休
※ザハでした!図面のない建築展。

仁清・乾山と京の工芸 ―風雅のうつわ
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html
出光美術館(有楽町)
10/25-12/21 月休
※まだ行ってない!

ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰-
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/14/141025/
パナソニック汐留ミュージアム(汐留)
10/25-12/26 水休
※こちらもそろそろ行かねば。

「ティム・バートンの世界」
http://www.tim-burton.jp/
森アーツギャラリー(六本木)
11/1-2015/1/4
※行きました!もう一度見たい!

小林孝亘展
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/1404.html
横須賀美術館(横須賀)
11/15-12/23 毎月第一月曜休
※おおっ、見たいです。

アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/141122-1225_architects.html
東京都庭園美術館 本館(目黒)
11/22–12/25 第2・第4水休み
※リニューアル後、初の展覧会です。

内藤礼 信の感情
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/141122-1225_naito.html
東京都庭園美術館 新館ギャラリー1および本館(目黒)
11/22–12/25 第2・第4水休み
※リニューアル後に来たのが内藤礼さんとは!必見。

「大友良英 音楽と美術のあいだ」(仮称)
http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2014/Between_Music_and_Art/index_j.html
ICC(初台)
11/22-2015/2/22 月休
※気になりますね。ノイズかな。

高松次郎ミステリーズ
http://www.momat.go.jp/Honkan/takamatsujiro/index.html
東京国立近代美術館 (竹橋)
12/2-2015/3/1 月休
※行っておかねば。

未来を担う美術家たち17th DOMANI・明日展
http://domani-ten.com/
国立新美術館(六本木)
12/13-2015/1/25 火休
※青木克世/小林俊哉/梶浦聖子/和田淳/奥谷太一/古武家賢太郎/
 紙川千亜妃/岩崎貴宏/濱田富貴/入江明日香/北野謙/関根直子

THE 琳派
http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama/exhi2014winter.html
畠山記念館(高輪台)
2015/1/17-3/15 月休
※畠山の琳派なら期待。

スイス・デザインの150年
https://www.operacity.jp/ag/exh/upcoming_exhibitions/index.php
オペラシティアートギャラリー(初台)
2015/1/17-3/29 月休
※デザイン物も抑えましょう。

岡崎京子展
http://www.setabun.or.jp/exhibition/schedule.html
世田谷文学館(芦花公園)
2015/1/24-3/31 月休
※岡崎京子ときたら行くしかない。

蜷川実花:セルフイメージ
http://www.haramuseum.or.jp/jp/common/schedule/index.html
原美術館(品川)
2015/1/24-5/10 月休
※最近、原美行ってない・・・。

山本基展 原点回帰
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/index.html
ポーラミュージアムアネックス(銀座)
2015/1/30-3/1
※地面に描く塩のインスタレーション。必見!

鈴木理策写真展
http://www.mimoca.org/ja/timeline/2014/
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(丸亀)
2015/2/1-5/31
※これは行きた―い。

燕子花と紅白梅」光琳アート-光琳と現代美術-
http://www.moaart.or.jp/
MOA美術館
2015/2/4-3/3
※光琳の「燕子花図屏風」と「紅白梅図屏風」を同時展覧。
 他にも菱田春草・下村観山・加山又造らの光琳の芸術性を取り入れた
 作品や、村上隆・会田誠などの現代美術の作品を展観。
 杉本博司・平松礼二・室瀬和美ら6作家が今回のために作品を発表。

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展
http://mimt.jp/exhibition/?id=next
三菱一号館美術館(東京)
2015/2/7-5/24 月休
※印象派が多いのかな?

単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?
http://www.2121designsight.jp/program/next.html
21_21 design site(六本木)
2015/2/20-5/31 火休
※単位、面白い切り口になりそう。

山口晃展
https://arttowermito.or.jp/cal/cal_year.html
水戸芸術館(水戸)
2015/2/21-5/10 月休
※おおっ、何をやってくれるかな?面白そう!

ルーヴル美術館展
日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
http://www.ntv.co.jp/louvre2015/
国立新美術館(六本木)
2015/2/21-6/1 火休
※押さえておかねばですかね。

マグリット展
http://www.nact.jp/exhibition_special/index.html
国立新美術館(六本木)
2015/3/25-6/29 火休
※個人的に外せない。

石田尚志 渦まく光
http://yokohama.art.museum/exhibition/index/20150328-368.html
横浜美術館(みなとみらい)
3/28-5/31 木休
※行きたいよ行きたい。

燕子花と紅白梅
http://www.nezu-muse.or.jp/
根津美術館
2015/4/18-5/17
※MOAでの展示の後はこちらで光琳の「燕子花図屏風」と
 「紅白梅図屏風」を同時展覧。こちらではおそらく琳派中心
 かな。

シンプルなかたち展
http://www.mori.art.museum/jp/exhibition/index.html
森美術館(六本木)
2015/4/25-7/5
※リニューアル後、現代美術かな?

|

« 新たな系譜学をもとめて/コンタクツ | トップページ | 輝ける金と銀 ―琳派から加山又造まで― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60629538

この記事へのトラックバック一覧です: 気になるメモ、アート編1111:

« 新たな系譜学をもとめて/コンタクツ | トップページ | 輝ける金と銀 ―琳派から加山又造まで― »