« ザハハディド | トップページ | SHOWCASE/HAY MINI MARKET/:DDD »

10月アートもろもろ(高野山の名宝/チューリヒ美術館展/ディスカバー、ディスカバー・ジャパン/東山御物の美/橋爪 彩『Beautiful Stranger』/融合する工芸/メゾンエルメスショーウィンドウ)

10月に見た展覧会感想もろもろをまとめて。
本当は単独で感想書きたいもの沢山あるんですが・・・

見たものは以下の展覧会。

高野山開創1200年記念 高野山の名宝
サントリー美術館

チューリヒ美術館展―印象派からシュルレアリスムまで
国立新美術館

ディスカバー、ディスカバー・ジャパン
東京ステーションギャラリー

東山御物の美―足利将軍家の至宝―
三井記念美術館

橋爪 彩『Beautiful Stranger』
ポーラミュージアムアネックス

融合する工芸―出会いがみちびく伝統のミライ―
和真ホール

後はメゾンエルメスのショーウィンドウとか。

 

高野山開創1200年記念 高野山の名宝
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_5/index.html
サントリー美術館
10/11-12/7

良い展覧会でした。弘法大師空海を振り返りながら絶品
の仏像たちを眺めます。
運慶作の国宝「八大童子像」がメインです。とても近くで
ケースも無く見る事が出来ます。凄いです。明らかに違う
作風だな、と言う2体があり、それは運慶作ではないの
ですが、それ以外はなんか小憎らしい子どもっぽい顔の
仏像が、腰をくねらせて(このポーズはやりだったの?)
立っています。これだけで行く価値ありますね。

 

 

チューリヒ美術館展―印象派からシュルレアリスムまで
http://zurich2014-15.jp/
国立新美術館
9/25-12/15
Img_7201

周囲で早くも今年のベスト10に入りそうと呼び声の高い
この展覧会。作家ごとに展示部屋が別れていたりと、
とにかくわかり易いですね。紹介されている作家の幅も
広いし、同じ時期に(先に終わっちゃうけど)やってる
オルセーと併せて見たらそれだけで西洋美術を語る事
が出来そうです。この展覧会は必見。

しかし、この部屋割り、良くまとめましたよね・・・
Pic_02

あと、賛否両論の・・・クッキー。私はこれ好きです!
Img_7204 Img_7206

 

 

ディスカバー、ディスカバー・ジャパン
「遠く」へ行きたい
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201409_DISCOVER_JAPAN.html
東京ステーションギャラリー
9/13-11/9
Img_7241

昔のJRの広告キャンペーン「ディスカバー・ジャパン」。
今では当たり前だったりするような考え方だけど当時は
斬新な取り組みだったり。楽しめました。この展覧会も
良かったなぁ。

 

 

東山御物の美―足利将軍家の至宝―
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/
三井記念美術館
10/4-11/24

名品だらけの展覧会。展示替えも多いので何度か見に
いかねば、な展覧会です。ってまだ1週目に行ってそれ
以降行ってないけど。最終週に出る国宝の「桃鳩図」は
見に行きたいですね。これ逃すと次はいつ見る事が
出来るか判らないと言うもの。器だと国宝「油滴天目」
も見どころ。これも良い展覧会です(感想こればかり)。

 

 

橋爪 彩『Beautiful Stranger』
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/archive/detail_201409.html
ポーラミュージアムアネックス
9/27-10/19
Img_7235

艶めかしい女性・・・写真のように見える絵画。敢えてセクシャル
に見せている感じが逆にあっけらかんとしているようにも。
ヴィーナスのモチーフは服を着ている分セクシャルかもしれない。
Img_7231 Img_7225

 

 

融合する工芸―出会いがみちびく伝統のミライ―
http://www.wako.co.jp/exhibitions/389
和真ホール
10/17-10/26
Img_7809

漆、竹、截金(きりかね)、ガラス、白磁、それぞれの分野の
若手作家5人がそれぞれの作品の展示だけでなく、コラボ
して作品を作り上げる。よくあるコラボ的な感じでなく、本当
にそれぞれの分野の特性が生かされ「融合」して一つの
作品になっているものも多かった。

乾漆技法をの笹井史恵さん
竹工芸の田辺小竹さん
截金とガラスの山本 茜さん
鋳込み成形の白磁の若杉聖子さん
漆の若宮隆志さん

個々の作品では白磁と漆が好きでしたね。
コラボものでは竹と白磁なども面白かった。

 

 

「境界線の中の解像度」スガイトシユキ
http://www.art-it.asia/u/maisonhermes/V6LpAegZSNCDu81RcPkw/?art-it=948aaad01e4401e65cdee7b0cbcb4b52
メゾンエルメスショーウィンドウ
9/19-11/18
Img_7813

メゾンエルメスのショーウィンドウが変わってました。
ネット状のLED映像を手前に(下右側の馬の映像)その奥に
マネキンと別のLED映像。ネットだから手前の映像が流れて
居ない時は後ろが透けて見える特性を使ってレイヤー的に
見せています。
Img_7814_2 Img_7815

|

« ザハハディド | トップページ | SHOWCASE/HAY MINI MARKET/:DDD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60561965

この記事へのトラックバック一覧です: 10月アートもろもろ(高野山の名宝/チューリヒ美術館展/ディスカバー、ディスカバー・ジャパン/東山御物の美/橋爪 彩『Beautiful Stranger』/融合する工芸/メゾンエルメスショーウィンドウ):

« ザハハディド | トップページ | SHOWCASE/HAY MINI MARKET/:DDD »