« ボストン美術館 ミレー展― 傑作の数々と画家の真実 | トップページ | ザハハディド »

THE MIRROR GINZA

銀座4丁目の今度取り壊しになるビル名古屋商工会館
を使ってやっているアートイベント「THE MIRROR GINZA」
に行ってきました。

 

THE MIRROR GINZA Hold the Mirror up to nature
いまアートの鏡が真実を映す
http://the-mirror-ginza.com
名古屋商工会館(銀座)
10/16-11/9
Img_7652

銀座4丁目に戦災前からあるビル、名古屋商工会館の
建て壊しに伴い、ビル解体前にビル中を使って実施
されるアートイベント『THE MIRROR』。ロゴは浅葉克己
さんのデザイン。
Img_7811

副題にある「Hold the Mirror up to nature」と言う
言葉はハムレットの中の言葉から取られたもの。
芸術とはこの世のありようを鏡に映し出すことだ、と。
アートやセミナーやトークイベントなどを通しこの世
の在り様を見てみましょう、と。

【参加アーティスト】
浅葉克己/内田 繁/尾関幹人/アニッシュ・カプーア/
枯山水サラウンディング/隈 研吾/フロリアン・クラール/
小松宏誠/さわひらき/神馬啓佑/タムラサトル/
土屋公雄/堂本右美/トラフ建築設計事務所/中西夏之/
流 麻二果/名和晃平/西野 達/ローランド・ハーゲンバ−グ/
畠山直哉/ニコラ ビュフ/藤森照信/フランシス真悟/
ベー・ビヨンウ/松岡正剛/宮田彩加/森 万里子/山上 渡/
李 禹煥/渡辺元佳/ヘソ

場内は一部を除き撮影可能でした。気になった作品を幾つ
かメモしてみます。

入口の所にあったのが小松宏誠さん+三好賢聖さんの
不思議な造詣物が生き物のように迎えてくれます。
Img_7661

内田 繁さんの茶室はモダンででも文化的なセンス。
Img_7665

西野 達さんは不思議な写真の展示。ただ、いつもはめを
はずした凄い展示をやる西野さんがこの建物の中では
写真展示だけと言うのはちょっと残念。11月2日の夜に
日比谷でミラーボールカ―の特別イベントがあるようなの
で今回は西野さん的にはそちらがメインでしょうか。
この展示室の窓から見える向かいのビルのギャラリー
みたいなところや屋上は西野さんの仕掛け絡みはある?
Img_7675

隈 研吾さんのケーブルの抜け殻が蔓延した部屋。
Img_7683

手前がアニッシュ・カプーア、奥が李 禹煥と言うのがもの
凄く贅沢です。
Img_7692

松岡正剛さん+隈 研吾さん。先にあったケーブル抜け殻
と本棚で屋根裏部屋イメージのショップを構成。
Img_7706

宮田彩加さんの刺繍で形を作り上げると言う事とそれを
分解すると言うもの。物の構成しているものとそれが作り
上げる美のようなもの。
Img_7715

渡辺元佳さんの猿たちは、何を見ているのか?通り抜け
られそうで通り抜けられない部屋の中で。
Img_7721

タムラサトルさんの作品、今回の展覧会で一番好きだった
ものです。チェーンに引きずられる鉄の棒がスイッチとなっ
て大きな電球の点燈状況が操作される。ずっと見ていたい
作品でした。
Img_7739 Img_7742

ニコラ ビュフはこの前の原美術館でやったポリフィーロの
夢の続きをここで思い出させてくれる。
Img_7746

名和晃平さんのペインティングは材料も不思議です。
Img_7756

藤森照信さん+ローランド・ハーゲンバーグ。藤森さんが
作ったコウノトリの為の家をハーゲンバーグが写真に納め
たもの。元々この建築はハーゲンバーグのプロジェクトで
建物の様です。
Img_7762

さわひらきさんはオペラシティの最後の部屋の作品の
繋がりの様な感じ。あ、ミラーだから鏡使ったのかな?
Img_7773

堂本右美さんの暗い小部屋も体験必須ですね。
あ、写真撮り忘れたけどスタッフユニフォームがイイナ、と
思ってたら「ヘソ」のデザインなんですね、あれ。

|

« ボストン美術館 ミレー展― 傑作の数々と画家の真実 | トップページ | ザハハディド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60558147

この記事へのトラックバック一覧です: THE MIRROR GINZA:

« ボストン美術館 ミレー展― 傑作の数々と画家の真実 | トップページ | ザハハディド »