« ギャラリー系いろいろ | トップページ | 名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち »

鈴木康広展「近所の地球」

水戸芸に行ってきました。今までグループ展などでは何度か見た
鈴木康広さんの作品。ここまでまとめて見るのはそうは無いかと
思い、思い立って!

 

鈴木康広展「近所の地球」
http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=412
水戸芸術館 現代美術ギャラリー
8/2-10/19

今年二度目の水戸。この前はダレンアーモンド。
今回の鈴木さんの展示も凄く良かった。いい展覧会やりますね。
水戸まで行った甲斐がありますよ!

Img_6400 Img_6403

因みにこの日は手前の広場でマーケットをやってました。
いつものガランとした広場が人でいっぱいでびっくり!
Img_6402

鈴木康広さんの作品、個々にはなんども会ってます。デザイン系の
イベントなどにも結構出てますね。

ロビー吹き抜けに空気の人が浮かんでます。
空気のコンセントもここから繋がっているのです。
Img_6407

私たちが行ったこの日は鈴木さん自らのトークがある日でした。
とにかく目の付け所が面白いです。普通にそこらへんにある物を少し
ひねって違う角度から見たらこうなりました、世の中はこんなに面白い
んです、とそう言う展覧会。これは見に行って損はないですよ、本当。

夜の転遊具に子供たちがそれで遊ぶ昼の姿を投射する。
そしたらそれが地球に見えた(川内倫子さん撮影の写真があり、川内
さんが地球に見えたと言ってわざわざ撮ったもの)。

船が海を渡る軌跡がジッパーに見えたので作ったファスナーの船。

水面の映像を水面の立体模様に投射したらどうなるか?

水がしみこむコップ型の砥石。食べる時にバタ足をする足型の箸。

鈴木さんの代表作ともいえるまばたきの葉もありました。
ここはいつも子供たちが楽しそうに笑いながら遊んでますよね。
これ日本と地球になっているのを知っていますか?
Img_6442 Img_6441

展示会場も無限大マークの構成になってます。
会場構成他を担当したのは片山正通さんのワンダーウォール。
なかなかこの展示構成は凝ってますね。

他にもいろんなアイデアの詰まった昔の作品から最近の作品まで
が展示されていて本当に見ていて飽きない。
昔のアイデアノートもあって、それを見ていると、今の展示に繋がる
様なアイデアがあったり。

Img_6440

そして会場でもらえるのが鈴木さん自らが見どころを描いた会場
マップ。これ見ているだけでも楽しいです。

はい、満足しました。

もちろん水戸まで行ったので納豆と梅干を買って・・・

Img_6409 Img_6410

納豆かき揚げとドジョウ鍋食べて。

Img_6421 Img_6422

いやいや、これがあったから満足してるわけじゃないですよ!

|

« ギャラリー系いろいろ | トップページ | 名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60398664

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木康広展「近所の地球」:

« ギャラリー系いろいろ | トップページ | 名画を切り、名器を継ぐ 美術にみる愛蔵のかたち »