« ピエールポラン-デザインフォーエバー/スズキユウリ”Playing with Sound” | トップページ | 台湾紀行、国立台湾博物館/国立故宮博物院 »

せいのもとで lifescape

私が大好きな作家さんである須田悦弘さんがキュレーションを
務めた展覧会「せいのもとで lifescape」を資生堂ギャラリー
で見てきました。

 

せいのもとで lifescape
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/index.html
資生堂ギャラリー
9/5-10/12

資生堂の社名の由来「至哉坤元 万物資生」と言う言葉から始まる
この展覧会、タイトルも資生→生の資、せいのもと、となってます。

HPにこう書いてありました。
--------------------------------------------------
シンボルマークの「花椿」や、主要なデザインモチーフである
「唐草文様」 は、この「万物資生」の意味を視覚化し、季節が
巡るごとに新しい命を芽吹く植物の生命力を表現するアイコン
でもあります。
--------------------------------------------------

この「せいのもとで lifescape」展は「万物資生」の世界観を、
展覧会を通じて表現する試みだという事です。

そしてそのテーマに相応しいと言えるでしょう、木彫り彫刻で
精細な植物の作品を作る須田悦弘さんがキュレーションを務め
ています。また自らの作品も展示されます。
もう須田ファンにとっては見逃せない展覧会です。

1409_img_03

まずは須田さんの作品は今回は5点。
椿が4点あって、判りやすいところに2点、判りにくいけど前の
この場所での個展の時にも飾っていたところに1点。後は隣りの
ザ・ギンザに1点ありました。
そしてこれも前に展示されてました資生堂の花椿マークを須田
さんが彫ったものもあります。

他の作家さんは
Christiane Löhrさん
志村ふくみ・洋子さん
佐野玉緒(珠寳)さん
宮島達男さん

と言うラインナップ。

クリスティアーネ・レーアさんの自然物を素材にしたもの達、
珠寳さんが銀閣等で生けた花の映像、宮島達男さんのミラー
面に移るデジタルカウンターの儚さなどの展示がありました
が・・・私が一番好きだったのは志村ふくみ・洋子さんの
インスタレーションでした。

草木染めの人間国宝・志村ふくみさん、、そしてその娘の
洋子さんは織り上げた着物ではな、着物になる前、そう糸を
、糸そのものをとても美しく見せていました。
色のグラデーションがついた糸がおぼろげながら光を通して
空間を構成するさまは、これが「せいのもと」かと思う様な
インスタレーションになっていました。

これは見逃せない展覧会です。

|

« ピエールポラン-デザインフォーエバー/スズキユウリ”Playing with Sound” | トップページ | 台湾紀行、国立台湾博物館/国立故宮博物院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60293414

この記事へのトラックバック一覧です: せいのもとで lifescape:

« ピエールポラン-デザインフォーエバー/スズキユウリ”Playing with Sound” | トップページ | 台湾紀行、国立台湾博物館/国立故宮博物院 »