« 水の音-広重から千住博まで- | トップページ | 金沢21世紀美術館:金沢紀行其の弐(アート、建築) »

レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?:金沢紀行其の壱(アート)

石川県の金沢に行ってきました。このブログ、しばらく金沢ネタ
が続きます。金沢行きの一番目的は金沢21世紀美術館での
レアンドロ・エルリッヒの展覧会です。まずはそれから。
(ま、他にも目的あるの知っている人もいるでしょうが・・・)

 

 

レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1711
金沢21世紀美術館
5月3日から8月31日

妹島和世+西沢立衛/SANAAが設計したこの21世紀美術館に
あるパブリックアートの中でも最も人気の高いもののひとつが
《スイミング・プール》。ここは外から見る分には無料で入る事
が出来ます。そしてレアンドロ・エルリッヒと言うアーティストの
作品なんです、この《スイミング・プール》。

Img_4463_2

プールの下から見るには有料のコレクション展ゾーンを抜けて
行く必要があります。
Img_4582

さて、そのエルリッヒの個展です。様々な仕掛けで「おや?」と
思わせてくれるような作品ばかり、それは楽しみです。
※仕掛けについてはネタバレがありますので、これから見る
 方は見た後で読むことをおススメします。

《見えない庭》
これは似た仕組みの展示をMOTで見ましたがさすが新作!
さらに不思議さが増してます。それも凄く単純な仕掛けで!
一見、普通に檻に囲まれたミニ庭園があるだkなのですが
向こうには自分が居ます。でも、どう見ても向こうまで透けて
見えるのに・・・どうなっているの?とホントに不思議です。
ただ、じっくり見ていくと仕掛けは判るのですが。
Img_4498_2

《リハーサル》
こちらも2014年の作品なので新作ですね。部屋の向こうには
空の椅子と楽器が。こちらに部屋にある椅子に座ると、奥の
部屋にぼんやりと自分の像が映り、楽器を弾いているように
見えるという物。ぼんやりと映るので幽霊の演奏会の様です。
ハーフミラーを使っているのかな?
Img_4500_2 Img_4508

《雲》
もう一つ2014年の作品がこれ。アクリルの箱に雲が入ってい
るように見えますが・・・
Img_4541 Img_4536

横から見たら数枚のアクリルに印刷しているだけ。それでも
立体に見えるから不思議。
Img_4537

《サイドウォーク》
これは過去作ですが・・・私はこれを一番見たかったのです!
そもそも金沢までエルリッヒを見に来たのも、この作品に過去
出会って、それからエルリッヒ作品が好きになったから。

単純なんです、仕組みは。壁の下の方にスリットがあって、
そこにある水たまりに街の映像が映ってるだけです。
Img_4574

それが素晴らしい!初めて見た時に本当に感動しました。
水たまりに映る映像は夜の街並みになったり、水たまりには
水滴が落ちて波紋が出来たりしてます。
Img_4555 Img_4562

これを前に見たのはシャネルモバイルアートが日本に来た時。
街はパリ版だったので流れている映像はちょっと違います。
その時の感想はこちら
シャネルモバイルアート 2回目
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2008/06/2_0ba0.html

写真左《階段》
写真右 《エレベーター・ピッチ》
ま、単純な作品ですけど、実際に見る事で来て良かった。
Img_4513 Img_4491

エレベーターものと言えばこちらも。
《エレベーターの迷路》。無限ミラーのエレベーター。
Img_4516 Img_4525

以外に見落としている人もいるのかな?ってところにあった
《ログ・キャビン》
Img_4572 Img_4573

とまぁ、作品に対して面白いかそうでないかはいろいろと感想は
ありましたが、展覧会としては面白いです。現代アート好きとして
は必見ですね。

|

« 水の音-広重から千住博まで- | トップページ | 金沢21世紀美術館:金沢紀行其の弐(アート、建築) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60180550

この記事へのトラックバック一覧です: レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?:金沢紀行其の壱(アート):

« 水の音-広重から千住博まで- | トップページ | 金沢21世紀美術館:金沢紀行其の弐(アート、建築) »