« レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?:金沢紀行其の壱(アート) | トップページ | 金沢海みらい図書館:金沢紀行其の参(建築) »

金沢21世紀美術館:金沢紀行其の弐(アート、建築)

昨日のエントリのエルリッヒ展がメインではありましたが、それ
以外の21世紀美術館の展示やパブリックアートも楽しんでき
ましたのでこちらのエントリでまとめます。

やっていた企画展は以下の4つ

・好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム
・コレクション展 I  透過と反射
・中村好文 小屋においでよ!
・橋本雅也 間(あわい)なるもの

 

 

金沢21世紀美術館、3度目の来訪です。
建築設計はSANAA/妹島和世+西沢立衛。
Img_4311

前々回の金沢21世紀美体験(企画展)
加賀へ、其の弐:ロン・ミュエック展(アート編1)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2008/05/1_79f1.html

前回の金沢21世紀美体験(企画展)
オラファー・エリアソン「あなたが出会うとき」
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2010/01/post-d3ff.html

今回の21世紀美体験(企画展)
レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?:金沢紀行其の壱(展覧会)
http://ubukata.cocolog-nifty.com/my_favorite_things/2014/08/post-c5e4.html

と言う具合でエルリッヒの企画展はとてもよかったのですが
他の企画展もなかなか見応えありました。

 

まずは・・・

好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム
フードクリエイション+東京大学総合研究博物館
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1712
金沢21世紀美術館
4/26-2015/3/31

Img_4616

食材をこう見せるのか!と言う東京大学総合研究博物館の
お得意のやり方ですね。うーん、カッコいい。

Img_4611 Img_4613

期間中の土日に有料プログラムであじわい体験があるそう。
なんと「涙のテイスト」を体験できるという・・・。
やはりしょっぱいんですかね?それとも苦いのかしら?

 

 

中村好文 小屋においでよ!
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1713
金沢21世紀美術館
4/26-8/31
Img_4320

小屋を創る、考え方と、経過と、結果を見せていく展示。

 

 

橋本雅也 間(あわい)なるもの
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1715
金沢21世紀美術館
5/24-8/31

美しかったです。鹿の骨や角から彫り上げた植物の彫刻。
花や葉は、元の鹿の姿などは知らないでしょう。
でも、どこかに鹿の姿は残るのではないか・・・?

 

 

コレクション展 I  透過と反射
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1714
金沢21世紀美術館
4/12-9/21

オラフォーエリアソンのあのキラキラな作品、アニッシュカプーア
の泡を報じ込めた作品、小島久弥の望遠鏡で見るグラスの中の
ダイバー、宮永愛子のナフタリンの椅子、田中信行の艶めかしい
漆の作品、照屋勇賢のパッケージからうまれた樹木、 SANAA /
妹島和世+西沢立衛の歪んだ透明な仕切り(下の写真)。
Img_4306

など、光の透過/反射などをイメージした作品が多く並ぶ。

他にもガラスの彫刻や

パーマネント作品(上のSANAA作品は多分パーマネント)である
カプーアの大きな穴(の様に見える平面)やエルリッヒのプール、
などと併せての感傷です。

 

 

そして行ったらいつもやってします、タレルの部屋で勝手に一人
ナイトプログラム。

ジェームズタレル「ブルー・プラネット・スカイ」
初めの白く見えるのは昼間の曇り空。
Img_4346 Img_4348

そこか時間が経つにつれて青が深くなっていきます。
Img_4367 Img_4368

まだ青が残っている間の段階で纏めるとこんな感じ。
Img_4372

そしてほぼ真っ暗に。写真では同じように見えますがまだ
ブルーが残った黒と、ほぼ真っ黒の違いがあります。
Img_4375 Img_4378

最終的に全部並べるとこうなる
Img_4376

ちなみに翌日の少し青空が見えた空。
Img_4603

 

この前行ったときは無かった、オラファー・エリアソン
「カラー・アクティヴィティ・ハウス」
Img_4316

 

パトリック・ブラン「緑の橋」
Img_4485 Img_4324

 

左:マリケル・リン
右:ヤン・ファーブル「雲を測る男」
Img_4323 Img_4325

 

夜に館を出たら建物の上に月が輝いてました。
少し引いてみるとさっきの雲を測る男も輝いてました。
右の写真の左下にいる小さな金色が雲を測る男です。
Img_4383 Img_4406

|

« レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?:金沢紀行其の壱(アート) | トップページ | 金沢海みらい図書館:金沢紀行其の参(建築) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60180552

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢21世紀美術館:金沢紀行其の弐(アート、建築):

« レアンドロ・エルリッヒ ーありきたりの?:金沢紀行其の壱(アート) | トップページ | 金沢海みらい図書館:金沢紀行其の参(建築) »