« 「たよりない現実、この世界の在りか」展/目【め】 | トップページ | THE MIRROR/銀座で取り壊し前のビルを使ったアートイベントが秋に開催! »

美少女は、なんでできている?「ミュージアムカフェマガジン」

美術館系情報フリーマガジン「ミュージアムカフェマガジン」、
今月号は早々に入手できました。
テーマが「美少女は、なんでできている?」と言う事で思わず
ブログにUP。なんで出来ているか知りたい!

 

 

美術系のフリーペーパーやフリーマガジンの中でもかなり充実
な内容のものの一つになるのでは、な「ミュージアムカフェ
マガジン」。先月のオルセー特集号はなかなか美術館でも
見つからず、手に入れるのに苦労しましたが、今月号は運良く
早々と入手!それも「美少女」特集ですよ、美少女。
ああ、響きが好き「美少女」!

Img_3270

と、タイトルだけで悶えていても仕方ないのですが青森県立美術館
で今やっている「美少女の美術史」と言う展覧会の特集です。
この後、静岡と島根に巡回しますね。気になっていました。

「美少女の美術史」特設サイト
http://bishojo.info/

ミュージアムカフェマガジンではまず美少女アイドルX21の女の子
たちが美少女の定義について話をしています。

Img_3271

はい・・・X21誰ですか?知りませんでした、と思ったら・・・全日本
国民的美少女コンテスト出身者で結成された次世代ガールズ
ユニットと言うことです。
13歳とか15歳とかその位の子たちなんですね、そりゃ知りません。
はい、勉強になりましたね!と冒頭からカルチャーショックで、笑。

そして幾つかのテーマに分けて作品の解説。

Img_3272

手塚治虫さん、等の王道、丸尾末広さん等のサブカル、初音ミク
と言った最近の文脈などとアート作品を組み合わせてます。

実際の展覧会では16の切り口で作品を分類しているそうです。
青森県立美術館のwebに展示構成について書いてありました。

「美少女の美術史」
http://www.aomori-museum.jp/ja/exhibition/60/
青森県立美術館 7/12-9/7

コスプレや音楽、魔法少女と言ったような切り口の中に
漫画で赤塚不二夫、吾妻ひでお、志村貴子、高橋しんなど。
アート文脈でも新旧取り混ぜO JUN、金子國義、鏑木清方、
喜多川歌麿、タカノ綾、竹久夢二、東郷青児、長沢蘆雪、
中原淳一、Mr.、村上隆、四谷シモンなどの名前が挙がってます。

 

 

ちなみに・・・
美術系WEB情報サイトミュージアムカフェではiPhoneやアンドロイド
のアプリも出してますが実はこのミュージアムカフェマガジンを
アプリ内でダウンロードして見る事も出来るんです。
近くの美術館に無い!とか見つからない!って時にはとても便利。

美術館・博物館情報サイト「ミュージアムカフェ」
http://www.museum-cafe.com
※アプリはWEBサイト内のFOLLOW USより。

|

« 「たよりない現実、この世界の在りか」展/目【め】 | トップページ | THE MIRROR/銀座で取り壊し前のビルを使ったアートイベントが秋に開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/60040855

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女は、なんでできている?「ミュージアムカフェマガジン」:

« 「たよりない現実、この世界の在りか」展/目【め】 | トップページ | THE MIRROR/銀座で取り壊し前のビルを使ったアートイベントが秋に開催! »