« 新鋭作家展 白木麻子・大和由佳 | トップページ | from 20040614 »

デュフィ展 絵筆が奏でる 色彩のメロディー

Bunkamura ザ・ミュージアムにデュフィ展を見に行ってきました。

デュフィ展 絵筆が奏でる 色彩のメロディー
Bunkamura ザ・ミュージアム
6/7-7/27

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_dufy/index.html

なんというのか、ですね、色が好きなんですよ、デュフィの。
良く見ると一つの絵の中に正反対の色(青と黄色とか)を
使っていたりする。それでもその一つ一つの色が鮮やかで
邪魔もせず、うまいバランスで収まっている。あの色合いと
バランスがとても好きなんです。
何というか、構図とか絵の美味さとか、そう言うの関係なく。
ほら、肩書きとか年収とか育ちとか関係なく見た目や雰囲気
だけでいいな、と思ってしまう異性とかっているじゃない
ですか?そんな感じの好きさ具合です。

中ほどのコーナーにデュフィが関わった木版画やデザインに
関するコーナーがありました。ここが興味深かった。
デュフィがテキスタイルデザインとかやっていたのは知りま
せんでした。
刷りものの場合は色使いがハッキリしてくるから、そういう
経験から生まれてきた、あの色使いなのかもしれませんね。

このデザインを使ったグッズが良かったです。
ブロックメモのここらのデザインとか。
Img_1674

後は、割引券も兼ねたコースターのデザインもここらのもの
を使ってました。
Img_1680

やはりこういうグッズにはデザインものを使うのが映えます
ね。ただ・・・一つだけ、デュフィさん・・・
この絵のタイトルが「ペリカン」だったんだけどこれどう
見ても「カラス」にしか見えないです・・・。
(ペンギンの作り物をペリカンと言うタイトルにされていた
やつも、別の美術館でありましたね・・)
Img_1677

|

« 新鋭作家展 白木麻子・大和由佳 | トップページ | from 20040614 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/59803096

この記事へのトラックバック一覧です: デュフィ展 絵筆が奏でる 色彩のメロディー:

« 新鋭作家展 白木麻子・大和由佳 | トップページ | from 20040614 »