« 石川真衣 RETRIEVE | トップページ | バルテュス展『バルテュスナイト☆』 »

超絶技巧!明治工芸の粋

三井記念美術館で「超絶技巧!明治工芸の粋」を見てきました。
ブログやSNSで告知できる人を集めたWEB特別鑑賞会に参加
してきました。

 

超絶技巧!明治工芸の粋 ―村田コレクション一挙公開―
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
三井記念美術館
4/19-7/13

今回のWEB特別鑑賞会、展覧会監修者の山下裕二先生がなんと
解説してくれるというもの。これは贅沢です。

Img_9437

 

いきなり並河靖之から始まるというのも贅沢です。(下の写真左)
また下の写真右の花瓶はアールヌーボー様式に影響を受けた
もの。日本様式に影響を受けたアールヌーボーにさらに影響を
受けた日本の技巧、と言う構図ですね。

Img_9440 Img_9448

 

この伊勢海老、象牙彫の自在ものらしいです・・・凄い。

Img_9395

 

個人的に一番好きだったのが下の写真左、蓮の葉に蛙が登るその
瞬間を捉えたお皿、写真右の鳩の香炉も良かった。
両方とも正阿弥勝義さんの金工作品。この方の作品好きです。

Img_9453 Img_9455

 

単眼鏡が欲しくなるこの展覧会。その最たるものが下の写真左の
お椀です。内側にびっしり描いてあるのはなんと蝶。細かすぎて
パッと見は蝶だと判りません。そして本物に似過ぎて本物をここに
置いても判らないのでは?のタケノコ。これも象牙彫りです。
このタケノコがあれに見えるだのなんだのと会場内(一部で)話題
になりましたが・・・。

Img_9459 Img_9503

 

刺繍物も本当に超絶!

Img_9462

 

そして中ほどの部屋が一つの山場です。

ワンコーナーが並河靖之祭り!と言う具合の状態。

Img_9464 Img_9465

 

そして中央に位置するのが通称「八百屋コーナー」。
先ほどのたけのこを彫った作者、安藤緑山作品が並びます。

Img_9470

絶対に本物と入れ替えても判らない技巧。虫食いや皮が剥けた
具合などまで再現。椎茸にはカタツムリまで・・・。

Img_9408_2 Img_9411

Img_9472 Img_9474

 

ここにも蝶を細かく描いたお椀がありました。
葉と虫の香炉、これも好きだったな。

Img_9487 Img_9416

 

後半の展示には木彫や牙彫などの名作が。

Img_9489 Img_9428

 

印籠も良かったです。私の一押しは柴田是真のこれ。

Img_9497

 

と思ったら柴田是真祭りが最後の部屋にありました。

Img_9499

この部屋にも蝶ものありましたね。
この部屋は薩摩焼も見ごたえあり。

いや、日本人じゃなきゃこんな変質的(褒め言葉です!)な
超絶技巧な作品は作らないのでは?と言うビックリ作品が
沢山並ぶ展覧会でした。満足です!

 

|

« 石川真衣 RETRIEVE | トップページ | バルテュス展『バルテュスナイト☆』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/59563859

この記事へのトラックバック一覧です: 超絶技巧!明治工芸の粋:

« 石川真衣 RETRIEVE | トップページ | バルテュス展『バルテュスナイト☆』 »