« さわ ひらき「Under the Box, Beyond the Bounds」、他 | トップページ | 荒木 愛個展 [ I SPY ] »

書いていない展覧会一気にUP 3月まで

だいぶブログ休んでしまいました。ちょっとほんとに慌ただしくて
更新できませんでした、すいません・・・。

本当は単体エントリで描きたい展覧会は沢山あるのですがちょっと
今はとても書く暇が取れないので、まずはまとめてざっくりとUP。
時間が出来たら幾つかの展覧会はちゃんと感想を書きたい・・・
ですが・・・書くかな・・・書けるかな・・・。

 

【見たもの】
清麿 幕末の志士を魅了した名工
光るグラフィック展
第8回shiseido art egg 古橋まどか「木偶ノ坊節穴」
アートフェア東京2014
川島秀明「come out」
『晴れたら市原、行こう!』
ザ・ビューティフル 英国の唯美主義
星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会
コレクション展「旅についての断章」
磯崎新 都市ソラリス
ラファエル前派展
アンディ・ウォーホル展
MAM PROJECT 020 ガブリエル・アセベド・ベラルデ
内藤廣展 アタマの現場
日常/オフレコ
驚異の部屋――京都大学ヴァージョン
プライベート・ユートピア ここだけの場所
博物館に初もうで
人間国宝展 ―生み出された美、伝えゆくわざ―
クリーブランド美術館展
遠藤彰子展
KIZASHI 友禅の斬新、漆芸の大胆
ミヒャエル・ボレマンス「Girl with Hands」
勝井三雄展 兆しのデザイン
第8回shiseido art egg 加納俊輔 ジェンガと噴水
トラフ建築設計事務所「ここでホッチキスをとめてください。」
メイド・イン・ジャパン南部鉄器
16th DOMANI・明日展
New Year Selection 2014
teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo

 

 

 

清麿 幕末の志士を魅了した名工
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
根津美術館 2/26-4/6

単体エントリ書きたい候補。これは良かった。好きな刀のメモまで
取っているのでホントにしっかり書きたい。
前にこの根津美でやった名物刀剣程ではないですが、この展覧会は
良かったです。美しければナマクラでもイイじゃないか的な風潮の
江戸時代の刀(ま、戦が無いからそうなりますね)に一石投じた様
な清麿の刀が美しも妖しかったです。

 

 

光るグラフィック展
http://rcc.recruit.co.jp/g8/
クリエイションギャラリーG8 2/21-3/31

紙物のCMYKチームと画面物のRGBチームそれぞれが作る「光る」作品。

CMYK(グラフィック)
勝井三雄、菊地敦己、佐藤可士和、新津保建秀、仲條正義、中村至男、
服部一成、Vier5  

RGB(スクリーン)
qubibi、中村勇吾、二艘木洋行、萩原俊矢、渡邉朋也、Kim Asendorf、
Rafaël Rozendaal

 

 

第8回shiseido art egg 古橋まどか「木偶ノ坊節穴」
http://group.shiseido.co.jp/gallery/exhibition/index.html
資生堂ギャラリー 3/7-3/30

日用品を美術品に見立てて展示するインスタレーション。
今年のshiseido art egg3人目(2人目は見れなかった・・・)。

 

 

アートフェア東京2014
http://artfairtokyo.com/
国際フォーラム 3/7-3/9

楽しめました。そして、町田久美さんのリトグラフを・・・申し込ん
でしまいました。前に高島屋でクリスマスの時にやっていた展示の
絵のサンタ帽のやつです。エディションの最後のもの(?)だった
ので今作品ちゃんとあるか作家さんに確認中だとか。
顔見知りの作家さんの荒木愛さんも三越の藝大若手アーティスト
セレクションブースに出展してましたし(荒木さんは画廊くにまつで
の個展が楽しみ!3/20-31まで)、青木良太さんの器がまさか古美術
のarte classicaブースで見る事ができるとは!(ここのブースは
シルバーで立体感の存在ある造り!)他にも気になる作家さんも。

 

 

川島秀明「come out」
http://www.hikarie8.com/artgallery/2014/01/HideakiKawashima.shtml
8/GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY 2/19-3/17

川島さん、なんかすっきりしたというかでも艶めかしいというか。
変わりましたね。でも一目で川島さんと判る作品。

 

 

『晴れたら市原、行こう!』
「中房総国際芸術祭 いちはらアート× ミックス」開催直前広報展
http://www.hikarie8.com/cube/2014/01/post-17.shtml
8/GALLERY/CUBE1,2,3 2/15-2/28

市原でこんなイベントやるなんて知らなかったです。結構興味ある
作家さんも出てますね。

 

 

ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860-1900
http://mimt.jp/beautiful/
三菱一号館美術館 1/30-5/6

いやー、良かったですねー、これ。時代的には森アーツでやっている
「ラファエル前派展」と繋がっていますので両方見るとさらに良いし、
去年に府中美でやっていたウィリアム・モリス展からも繋がっていて
もう英国アート万歳!的なこの展覧会ラッシュですが、その中でも
この展覧会は絵画、デザイン、プロダクト、建築と揃っているものが
バランスよく、とても私の好みでした。いやー、良かったなー、これ。
単体エントリで書きたい。

 

 

星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会
http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html
世田谷文学館 1/25-3/30

クラフト・エヴィング商會のこれはね、もうこれは本当に私のツボな
展覧会でした!今の段階で今年のベスト10に入れてもイイと思って
ます。空想&妄想が入ったちょっとリアルな世界がここに展開されて
ました・・・もう、ここに何時間居てもイイっ!って位の大好きな
世界です。展示物も世界観も全部好きです。
なんとか単体エントリで各時間を作らねば、な展覧会です。

 

 

コレクション展「旅についての断章」
http://www.setabun.or.jp/exhibition/collection.html
世田谷文学館 2013/10/5-2014/4/6

旅についての断章の方は、うん、旅に出たいな、と思わせる展示です。

 

 

磯崎新 都市ソラリス
http://www.ntticc.or.jp/Archive/2013/ISOZAKI_Arata_SOLARIS/index_j.html
ICC 2/14-3/2

まぁ、近くに行ったので見ました的なものではありましたが、まぁ、
思ったよりかは悪くなかったですよ、ホントに。

 

 

ラファエル前派展
http://prb2014.jp/
森アーツセンターギャラリー 1/25-4/6

英国アートラッシュ展覧会の一つですし、ミレイの「オフィーリア」が
来ているという事も話題の展覧会ですが・・・まぁ、とにかく、実は、
一番の見どころはこの派の画家達の男女関係のだらしなさ・・・です。
もう、自堕落な大学のサークルじゃないんだからさ、的なね、これだ
から芸術家はさ、的な(こうまとめると芸術家の方に失礼ですね)。
この誰と誰がくっついて別れて仲間内でまたくっついて、二股かけて、
と言う昼メロ的なドロドロ感がね、もう面白いです。

 

 

アンディ・ウォーホル展
http://www.mori.art.museum/contents/andy_warhol/about/index.html
MAM PROJECT 020 ガブリエル・アセベド・ベラルデ
http://www.mori.art.museum/contents/mamproject/project020/index.html
森美術館 2/1-5/6

ウォーホールなんてさ、今まで散々見てるじゃないの?今更ねー?的
な気分で見てきましたが、いや、さすが、あちこちで、散々取り上げ
られる力を持ったウォーホールと言う人の作品が凄いんだというのを
見せつけられました。うん、凄い人です、この人。商売として成立を
させているのも凄いですよね、好き嫌いは別として。

そしてMAM PROJECTで出ていたペルーの作家さんのアニメーション
「舞台」が素晴らしく好きです。良かった!

 

 

内藤廣展 アタマの現場
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex140118/index.htm
ギャラリー間 1/18-3/22

模型も良いけど、本棚があってなんか雰囲気良かったです!
中庭の言葉の壁も良いですね。

 

 

日常/オフレコ
http://www.offreco.info/
神奈川芸術劇場 1/11-1/30

参加作家:青田真也、安藤由佳子、梶岡俊幸、佐藤雅晴、八木良太
物の表面を削る青田さんの作品、佐藤さんのアニメーション、八木
さんのソノシートなどが面白い。

 

 

驚異の部屋――京都大学ヴァージョン
http://www.intermediatheque.jp/ja/schedule/view/id/IMT0010
インターメディアテク 2013/11/1-2014/5/25

こう言う博物標本的展示ってワクワクしますよね?
なんでこう言うのって面白いんだろ?好きなんだろ?

 

 

プライベート・ユートピア ここだけの場所
ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在
http://www.britishcouncil.jp/private-utopia
東京ステーションギャラリー 1/18-3/9

まさに、イギリスの現代アートの展覧会だ、と言う感じです。
尖ったものあり、皮肉めいたものあり、良く判らないものあり、
ガラクタの様な物あり、面白いものあり。ターナー展とかで
楽しめた人にはたまらない展覧会です。

 

 

博物館に初もうで
http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=past_dtl&cid=5&id=7055
東京国立博物館 1/2-1/26

長谷川等伯の松林図屏風、出ているうちに行けてよかった。

 

 

人間国宝展 ―生み出された美、伝えゆくわざ―
http://www.nichibisai.jp/ningenkokuhou/feature/index.html
クリーブランド美術館展 ─ 名画でたどる日本の美
http://www.nichibisai.jp/cleveland/about/index.html
東京国立博物館 1/15-2/23

人間国宝展が見どころありました!歴史ある国宝作品と、今を
伝える人間国宝の巨匠の作品を並べて見せるのも良かったです。
イイものって本当に何かあるっ!と言うオーラ纏ってますよね。

クリーブランドは正直モリゾ、モネ、ピカソ、ルソーのある所
が一番良かったんじゃ・・・と言いたくなりましたが、まぁ、
良く見る王道の日本美術から少し外した感じの作品が並んでい
るのが意外に楽しかったです。

 

 

遠藤彰子展
http://ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=33
上野の森美術館 1/15-1/28

知らない作家さんだったのですが、とても面白かったです。初期の
ころの作品が特に好き。パースが狂ったような不思議な世界の
人や建物、そんな世界へ迷い込んだような展覧会でした。

 

 

KIZASHI 友禅の斬新、漆芸の大胆
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/archive/detail_201401.html
ポーラミュージアムアネックス 1/10-2/2

漆や友禅、伝統工芸の技法を使った現代の作品。私は漆の岩田
俊彦さんの作品が好きでした。伝統的なモチーフを使いながらも
現代的なデザインがほどこされた伝統芸能の技を惜しみなく使っ
た贅沢な作品。

 

 

ミヒャエル・ボレマンス「Girl with Hands」
http://www.gallerykoyanagi.com/index.html
ギャラリー小柳 1/11-3/1

原美術館の展覧会の方は行けずでしたが、こちらは見ました。
タッチは好きですね。まぁ、でも少し何か掴めない感が・・・。
多分好きな人はそこが好きなんだと思いますが。

 

 

勝井三雄展 兆しのデザイン
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000612
ggg 1/9-1/31

これは良かった!入ってすぐの部屋いっぱいに広がる映像は
幾何学的だったり有機的だったりするのだけど、色の使い方
のセンスが素晴らしく、地下の展示の仕方も素晴らしかった。
作品もそうですが、展示構成にもやられました。
単体エントリで書きたい展覧会でした。

 

 

第8回shiseido art egg 加納俊輔 ジェンガと噴水
http://group.shiseido.co.jp/gallery/exhibition/index.html
資生堂ギャラリー 1/10-2/2

物を写真撮り、それを物の表面に張り付け、それをさらに撮り・・・と言う
虚構と実物を繰り返しながら作り上げられていく、立体なのに写真作品
だという不思議な感じ。

 

 

トラフ建築設計事務所「ここでホッチキスをとめてください。」
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201401/g8_exh_201401.html
クリエイションギャラリーG8 1/17-2/13

建築展かと思って行ったら、遊び場でした、みたいな、遊んで触れて
楽しい展示。発想と楽しむ事が繋がる展示でした。たぶん、それが
トラフの頭の中なんだろうな、きっと。単体エントリで上げたいな。

 

 

メイド・イン・ジャパン南部鉄器 −伝統から現代まで、400年の歴史−
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/14/140111/index.html
パナソニック汐留ミュージアム 1/11-3/23

良かったです!これも単体エントリで上げたい展覧会。
過去→現在→未来と順を追って南部鉄器を見せていくのですが、その
魅せ方、特に、今、そしてこれからの南部鉄器への期待感がもの凄く
高まる展示構成になってます。
母親が岩手出身なので昔から南部鉄器は好きで、身近にありました。
それがこんな展開をしていたとは!とびっくりでした。
今のデザイナーがデザインしたモダンデザインの鉄器、フランスで人気
のカラフルな鉄器、他にも鉄器を使った茶室(内田繁さんの組み立て式
茶室)や柳宗理デザインの鉄器を使ったキッチン、南部をモチーフにし
たテーブルコーディネートなどなど、私の知らない南部鉄器のめくるめく
世界がありました・・・。
個人的には南部鉄器の「音」を聞きたかったな・・・重い鉄の風鈴の音
が好きなんですよ(家に南部鉄器の風鈴あります)。
後は海外デザイナーの南部鉄器も見たかったな。ジャスパーモリソン
デザインの南部鉄器とかあると良かったな。

 

 

16th DOMANI・明日展
http://domani-ten.com/
国立新美術館 2013/12/14-2014/1/26

榊原澄人さんのアニメーションが凄いです。この前にずっと居ました。
吉本直子さんのシャツの作品、大野由美子さんのジグソーパズルも
好きでした。後は、建築関連の展示もありましたね。建築好きなので
楽しかったけど、ちょっと展示作家人数が多すぎて頭の中に残るもの
が無かったかな、建築ものは・・・。単体エントリにしたかった。

 

 

New Year Selection 2014
http://art-point.jp/detail/?fn=d301.jpg
Gallery ART POINT 1/8-1/17

知り合いのあおひーさんが出ていたグループ展。他にも面白い
作家さん作品もあって、ああ、ブログに書けずに今になり・・・。
これ、一月の展覧会・・・もう三月か・・・。

 

 

teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo
http://www.team-lab.net/latest/exhibitionlist/audiforumtokyo.html
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/company/news.detail.2013~11~131119.html
Audi Forum Tokyo 2013/12/19-2014/1/5

正月、ですね、正月に見てきたのでしたよ。これ。
ああ、もう三月・・・。

 

|

« さわ ひらき「Under the Box, Beyond the Bounds」、他 | トップページ | 荒木 愛個展 [ I SPY ] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/59326035

この記事へのトラックバック一覧です: 書いていない展覧会一気にUP 3月まで:

« さわ ひらき「Under the Box, Beyond the Bounds」、他 | トップページ | 荒木 愛個展 [ I SPY ] »