« 楽茶碗と新春の「雪松図」 | トップページ | 光の賛歌 印象派展 »

青木良太展/teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo

年末に行った六本木ヒルズ A/D ギャラリーの青木良太展
年明けに行ったAudi Forumのチームラボの展示をまとめて。

 

青木良太展
http://www.macmuseumshop.com/user_data/exhibition_1312.php
六本木ヒルズ A/D ギャラリー
2013年12月20日から2014年1月13日

青木良太さん、六本木ヒルズでの展覧会です。
私が年末最後に見た展示でした。
Img_5504

いつもの普段使いも出来るようなものに加えて・・・奥にあったのが
釉薬の具合でしょうか?テクスチャーのある、凝った表面の作品が
並んでました。とりあえず普段使いできる物はいくつか持っている
ので、今回は購入はせず・・・。

Img_5506 Img_5508

 

そしてギャラリーの外のウィンドウにあったのが、これを見落としちゃあ、
いけません!なんと鹿の頭。もちろん作りものです。これも青木さんの
作品。このタイプは初めて見た。
Img_5511 Img_5513

 

 

teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo
http://www.team-lab.com/new/news/audi.html
Audi Forum Tokyo
2013年12月19日から2014年1月5日

原宿のAudi Forumでやっていたチームラボの展示。年明けに
見てきました。
入ってすぐにあったのがAudiに滝のプロジェクションマッピング
を施したインスタレーション。

「The Waterfall on Audi R8」
Img_5558 Img_5561

 

 

そして2Fに上がってあったのが
「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」Img_5562

若冲の「鳥獣花木図屏風」や「樹花鳥獣図屏風」をモチーフにして
桝目描きとデジタルビットのイメージをあわせた作品です。
これはインタラクティヴな作品になっていて、絵の前を通ると、
自分の影が画面に取り込まれます。
下記写真、真ん中あたりにいる手を挙げている白っぽい影が私の
影です。その影に対応して動物たちも動いていくというものでした。
Img_5567

|

« 楽茶碗と新春の「雪松図」 | トップページ | 光の賛歌 印象派展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58895265

この記事へのトラックバック一覧です: 青木良太展/teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo:

« 楽茶碗と新春の「雪松図」 | トップページ | 光の賛歌 印象派展 »