« Kawaii 日本美術 | トップページ | 青木良太展/teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo »

楽茶碗と新春の「雪松図」

三井記念美術館に楽茶碗と新春の「雪松図」に行ってきました。
年明けから展示されている応挙の国宝「雪松図屏風」を見に!

 

楽茶碗と新春の「雪松図」
http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html
三井記念美術館
2013年12月4日から2014年1月25日

そう、年明けから展示されているのが国宝雪松図屏風。
円山応挙作です。
Yukimatsu_2

どどーんと・・・はじめ見たときは、これ応挙?と思いつつ見て
いたのですが、ずっと見ていくうちに、これは応挙以外の何
ものでもない・・・と。

すっかり虜です。結局最後の閉館時間近くまで居て、これを
独り占め状態にしてました。
(その前にも結構人は少なくなっていたのですが、結構メモ
などとっている熱心な女の子が居て、独り占めは無理でした。
まぁ、その子がメガネ+ショートで青い服の似合う好みの子
だったので、そっちに気を取られていたのはここでは内緒。)

さてさて・・・この隣にあった同じ応挙の稲麻綿図も良かった。
この部屋には狩野尚信の絵などもあり、これは満足、と・・・
思っていたところ。

まさかの、後半の展示で楽焼祭りですよ。
もう、ここから楽焼、楽焼、楽焼、楽焼、と楽焼の名品が並ぶ
並ぶ。長次郎から始まり、三代道入作、五代宗入作・・・
最後に十五代吉左衛門作まで・・・

もうね、鐘と太鼓鳴らして踊ってしまいたくなる位に楽焼祭り
なんですよ。

いやー、眼福眼福。

|

« Kawaii 日本美術 | トップページ | 青木良太展/teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58895254

この記事へのトラックバック一覧です: 楽茶碗と新春の「雪松図」:

« Kawaii 日本美術 | トップページ | 青木良太展/teamLab exhibit at Audi Forum Tokyo »