« 犬のための建築展 | トップページ | 建築家にならなかった建築家たち展 »

TOKYO DESIGNERS WEEK 2013

今年もやってきましたデザイン週間。今年は初心に帰って気になる
デザインイベント全部見るぞ!と決めたのですがやはり大本命は
これです。
TOKYO DESIGNERS WEEK 2013、見てきました。

 

TOKYO DESIGNERS WEEK 2013
http://www.tdwa.com/
明治神宮外苑絵画館前、他
10月26日から11月4日

今年はメーカーさんのブースが皆、力入っていた気がします。

 

 

まずはレクサスブース。平田晃久さんのオブジェの様なものが
吊り下がってます。全体監修は伊東豊雄さん。
Img_3345

これ、大元はこの様な形でレクサスのコンセプトを形にしたもの。
Img_3346

映像と連動してスモークが出てくる演出。
Img_3381_2

 

 

そしてdocomoブース。センサーを使った体感コーナーがあります。
Img_3355_2

センサーに手を近づけると画面に映った端末がぐるぐる。
Img_3357

手をかざしたところに光が集まってきた。
Img_3358

最後には自分の姿が・・・どこかで撮影したものを取り込んでる様です。
Img_3360

 

 

TOTOブースは4人の作家とコラボ。壁についているトイレは
橋田規子さん。
Img_3370

入ってすぐが野老朝雄さんの空間。
Img_3385

ミヤケマイさんはミラーの中に切り絵が隠れている空間。
Img_3391 Img_3392

トラフ建築設計事務所のインスタレーションは婉曲した空間にトイレット
ペーパーが転がってきて・・・。
Img_3395 Img_3399

最後に水で流れてしまうという演出。
Img_3401

 

 

左はグラマラスの森田恭通さんを使った東芝ブース
右はエイブルブース。
Img_3404 Img_3363

ベッドのクッション(かな?)を使ったブース。
Img_3376

 

Garaxyブースは10人の映像作家作品を端末のモックアップに投射して
楽しむブース。
Img_3408

こんな白いモックを手形の上に置くとモックにプロジェクションマッピング
される作家さん達の作品。
Img_3410 Img_3414

投影された作品。右はアーティストの名和晃平さん。
え・・・名和さんって映像作家?
気に入った作品は後でダウンロードして壁紙として使えます。
もちろん私は名和さんのをダウンロード。
Img_3418 Img_3424

 

 

今回は喫煙ブースも見どころ。
プロデュースに天野譲滋さん。設計を谷尻誠さんが担当。
Img_3428

そしてブース内には川島小鳥さんの作品が。
(ここまでは非喫煙者も入れる場所です。さらにその奥が喫煙所。)
Img_3431

川島小鳥さんの作品は新しい製品のカタログにもなってます。
Img_3432

 

 

ラフ展と言うのをやってました。いろんな方のラフスケッチなどの展示。

藤本壮介さん、伊東豊雄さんのラフ。
Img_3435 Img_3439

鈴木康広さん、葛西薫さんのラフ。
Img_3441 Img_3445

今回の会場シンボルをデザインした長谷川喜美さん、そしてファブリック
を出しているのが、隈研吾さん。
Img_3449 Img_3451_2

他にもプロの作品展示をするプロ展。
学生の展示。
コンテナ展。
アート系はTAGBOATが担当。
今年の特徴であるのが音楽関連のイベント。

などなどありました。

今年はコンテナ展などはちょっとイマイチだった気も・・・。
メインの大きなテント内の展示もメーカー比較的早めに見て回れ
て今までよりもアッサリ感がありましたね。
音楽系に場所を作ったからでしょうか?

物量などはこのくらいが私はイイと思います。

でも、なんか方向違う感があるのはなんでだろうなぁ。

|

« 犬のための建築展 | トップページ | 建築家にならなかった建築家たち展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58480893

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO DESIGNERS WEEK 2013:

« 犬のための建築展 | トップページ | 建築家にならなかった建築家たち展 »