« アート展いくつかメモ(ミュシャ、植田正治、佐々木俊明、美を伝えゆく後期、+プリュス-ウルトラ、カイユボット、他) | トップページ | デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション) »

SHOWCASE

今年のデザインイベントで個人的には一番心に残ったものです。
SHOWCASEです。

 

SHOWCASE
http://www.showcase-web.com/
スペース エッジ
11月2日から11月4日

今年無くなったデザインタイド、そのメンバーが始めたイベントです。
これは期待、と思い行ってきました。

Img_3641

結論から言うと、私的今年ナンバー1のデザインイベントでした。

参加メンバーは
enamel.の石岡良治/石岡紗佑里、織咲誠、熊谷幸治、スズキユウリ、
鈴木良、長嶋りかこ、中山英之、藤城成貴とまさに厳選!と言う所。

正直展示物はそれほど多くはありません。それで入場料1000円なの
で少し高く思えるかもしれませんが、後日展覧会図録を送って貰える
そうなので、実はそれほど割高感はありません。

中山英之さんの「小さすぎるビル」(ここだけ写真撮影OKです)。
ビルと言う名はつくものの・・・影絵で人の居る空間を表現している物
の、その正体はテーブルや椅子など家具の集まりだったりします。Img_3779Img_3780

enamel.の石岡良治/石岡紗佑里さんはテキスタイルを天井から
下げたインスタレーション。

織咲誠さんはまるでアイデアノートの様な様々な物の展示。
物自体と言うよりも「考え方」や「発想」と言ったものの展示です。

スズキユウリさんは紙の上に色の付いた線を引くとその線の上を
音の鳴る電車の様な物体が走るという物。自由に書いた線の上
をちゃんとトレースして、色を音に変換して走るもの。

長嶋りかこさんはアーティストの宮島達男などと取り組んだ被爆
した方々の影を景色に残す展示(この前別の場所でこれ見ました)。

因みにこのイベントで出ているコーヒーコーナーは私が良くお世話
になっているTOKYO FAMILY RESTAURANTが出張してきてました。
TOKYO FAMILY RESTAURANT
http://www.familyrestaurant.jp/

Img_3643

この前、お店の方で飲んだクラフトビール「DEAD PONY CLUB」の生
が美味かったです。
Img_3640

2000年少し前から始まった秋のデザインイベント週間。段々大がかり
になってきていてお祭り感溢れ返ってきてます。それはそれで良い事
だとは思いますが、当初の頃の様な実験的な感じやチャレンジ感は
薄まっている気がします。
イベントが大きくなれば企業スポンサーもついて、リスクなどを考える
様になってくるので仕方ないですが、ちょっと最近尖ったイベントが
全然ないな、と思っていたところにこのイベントでした。
問いかけや攻めの姿勢は示すけど、答えをここで出す必要はない、
そういうイベントになっていたと思います。
デザインタイドもどんどん大きくなって縛りがいろいろ出来ていたので
しょうか?その様なイベントへのアンチテーゼとまではいかないかも
しれませんが、久しぶりに良い意味で安心して見る事の出来ない様な
イベントに出会えたかもしれません。

私自身今年は初心に帰ってワクワクするために気になるデザイン物
全て見る!と心に決めた、そのタイミングと重なっていたのもあり、
とても、良かった展覧会だと心に残りました。
大きな安定的な祝祭イベントとこの様なチャレンジ的なイベント、両方
揃っていてほしいですね。

 

|

« アート展いくつかメモ(ミュシャ、植田正治、佐々木俊明、美を伝えゆく後期、+プリュス-ウルトラ、カイユボット、他) | トップページ | デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58519945

この記事へのトラックバック一覧です: SHOWCASE:

« アート展いくつかメモ(ミュシャ、植田正治、佐々木俊明、美を伝えゆく後期、+プリュス-ウルトラ、カイユボット、他) | トップページ | デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション) »