« SHOWCASE | トップページ | 小林古径生誕130年記念 古径と土牛 »

デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション)

デザインイベントめぐり、色々まとめて編その2です。
これで今年のデザイン週間メモは最後になります。

ヤン・チヒョルト展

日本のデザインミュージアム実現にむけて展

NEXT GENERATION BY SEMPRE
(Artek、KARIMOKU NEW STANDARD、DISCIPLINE)

BAtoMA information

グッドデザインエキシビション2013

の五つを見てきました。後はDESIGN TOUCHのダンジョンの
中にも入ってきました。
後は、書いてはおりませんがTOYO KITCHENの照明ブランド
LUCEも見ましたね。そこにもハイメがあった。

 

 

ヤン・チヒョルト展
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/
ggg
11月1日から11月26日

20世紀、イギリスのペンギンブックスのタイポグラフィに携わった
20世紀モダン・タイポグラフィの巨人ヤン・チヒョルト。

いや、凄くカッコいいです。

Img_5_00000615

たかが文字ですよ、読めればいいのですよ、文字なんて。
でも、されど文字なんですよ、それ以上の物があるんです。

Img_6_00000615

そういう事がパッと見るだけで判る素晴らしいタイポグラフィの
デザイン。

 

 

 

日本のデザインミュージアム実現にむけて展
http://www.2121designsight.jp/program/design_museum_japan/
21_21 DESIGN SIGHT
10月25日から2014年2月9日

21_21 DESIGN SIGHTでこれまでに開催された23の展覧会を4つの軸に
沿って再構築し、21世紀のデザインミュージアムに求められる役割
について考えていきます。

と言う目的の展覧会ですが・・・

確かに切り口などでまとめてあったりしますが・・・

うーん、ただ単に今までの展覧会振り返った回顧展みたいにしか
見えなかったです。それ以外の要素ももちろんあるんですけどね。

ルーシーリー、田中一光、倉俣史朗、三宅一生、吉岡徳仁、water、
クリストとジャンヌクロード、これも自分と認めざるをえない、
デザインあ、楽狂楽笑、カラーハンティング、骨、チョコレート等。

今までの展覧会の要素が並んでいて、見たとか見なかったとか振り
返る事は出来ますが、そしてその切り口などで求められる要素は
判るようになってるんだと思いますが、うーん、なんか伝わって
来なかったなかな。最近私は感度が鈍っているので入り込めない
事多いなぁ、こういうのに。

 

 

NEXT GENERATION BY SEMPRE
http://www.sempre.jp/
・Artek
 https://www.facebook.com/ArtekJapan
・KARIMOKU NEW STANDARD
 http://www.karimoku-newstandard.jp/blog/364/
・DISCIPLINE
 http://www.domusweb.it/en/news/2012/02/29/discipline-a-new-italian-design-brand.html
ライトボックススタジオ青山
10月31日~11月4日

Artek、KARIMOKU NEW STANDARD、DISCIPLINEの3つのブランド
の新作発表。

1Fはアルテック。ドーバーストリートマーケットのインスタレーション
でも見たスツール60がメイン。
2Fはカリモクの新作。このフロアが一番好みでした。
屋上は日本初披露のディシプリンの展示でした。

 

 

BAtoMA information
http://www.batoma.com/information/
表参道ヒルズ スペースO
10月31日から11月4日

先日見たBAtoMA TRADESHOWに引き続きinformationの方も見てきました。
TRADESHOWよりもインテリア色が強く結構好みのものがありました。

ASHIBA(WOODPRO)は杉の足場材を扱う会社ですが足場板の再利用や
工事用の道具などをうまく使ってインテリア装飾材としてます。

ニューズドプロジェクトも古いものを利用して雑貨としてうまく
見せてました。

S.M.L / BEFORE my BREAKFAST(ノルコーポレーション)はシンプル
なデザインながらも思わず気になる身の回り製品を扱ってます。

 

 

グッドデザインエキシビション2013
http://www.g-mark.org/news/2013/n_0801.html
東京ミッドタウン内各所
10月30日から11月4日

ミッドタウンガレリアとその外のコンテナの無料コーナーのみ
覗いてきました。
ガレリアでは幾つかのメーカーと学校のコーナーがありました。
屋外のコンテナにあった、ハニカム材を使い音を吸収させ、深海
のイメージを作り上げていた所が良かった。

 

 

DESIGN TOUCH 2013
http://www.tokyo-midtown.com/jp/designtouch/
東京ミッドタウン
10月18日から11月4日

ミッドタウンのDESIGN TOUCHのダンジョンのコーナー。
前に見た見た時は雨で中に入れなかったですが今回は入る事
出来ました。土管やシャボン玉、ネットなどがあったのですね。
子供達が楽しそうにしてました。

|

« SHOWCASE | トップページ | 小林古径生誕130年記念 古径と土牛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58494044

この記事へのトラックバック一覧です: デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション):

« SHOWCASE | トップページ | 小林古径生誕130年記念 古径と土牛 »