« 永山祐子展「建築から始まる未来」 | トップページ | ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 »

印象派を超えて―点描の画家たち

国立新美術館「印象派を超えて―点描の画家たち」に行ってきました。

 

クレラー=ミュラー美術館所蔵作品を中心に
印象派を超えて―点描の画家たち
ゴッホ、スーラからモンドリアンまで
http://km2013.jp/
国立新美術館
10月4日から12月23日

絵具を混ぜるとどんどん暗くなる。なので混ぜずにそれぞれの色を
細かいタッチで置いていくとパッと見には明るいままで混ぜった色に
見える。これが印象派の筆触分割。

そしてそこからさらに科学的な知識によって発展させたのが新印象
派と呼ばれたスーラやシニャックが取り組んだ点描技法。

その点描技法がオランダやベルギーへ渡り各地の画家やゴッホ、
モンドリアンへも影響を与えていく・・・

そう言った感じでかなりストーリーがしっかりしていた展覧会でした。

 

前半は印象派の名品が並んでます。ここらの作品は私はそれほど
好みではないのですが、かなり良い作品が揃っているのでそんな
私でも飽きずに見る事が出来ます。モネ、シスレーなど。

そこから発展した「分割主義」と言う名の点描画に続いていくと、
印象派のタッチと点描が理論の中で繋がっているのが判ります。
スーラ、シニャックなど。

そしてゴッホ。それらの技法を使いながら独特の自分のタッチを
見付けたゴッホの素晴らしさ。

そしてベルギーとオランダへ渡った分割主義。今までに知らない
名前の画家ばかりでしたがプリッカーと言う画家の絵がとても好み
でした。他にもトーロップと言う画家も。

そしてさらに独自の展開をしていったモンドリアン。いやー、この
モンドリアンの作品部屋は良かった。モンドリアン好きなんです。

|

« 永山祐子展「建築から始まる未来」 | トップページ | ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58606493

この記事へのトラックバック一覧です: 印象派を超えて―点描の画家たち:

« 永山祐子展「建築から始まる未来」 | トップページ | ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 »