« TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 | トップページ | デザイン展等いくつかメモ(天童木工、ANY Tokyo、:DDD、青木良太、他) »

建築家にならなかった建築家たち展

EYE OF GYREに建築家にならなかった建築家たち展を見て
きました。

 

建築家にならなかった建築家たち展
http://www.fashion-press.net/news/8315
EYE OF GYRE(表参道)
10月23日から11月4日

ライゾマティックスの齋藤 精一さん監修で建築の外側だけど
近くにいる人たちの展覧会。

 

中村勇吾さんのこの作品、片山正道さんのWONDERWALLの
ために作ったスクリーンセイバーだそうです。これ欲しい。
ヘルベチカの数字が上から降ってきて水へ沈んでいきます。
実はこれ時計になってるのです。この時は16時16分ですね。
1分単位で文字が変わっていく形になってます。
Img_2999

Img_3003

 

志伯健太郎さんの作品はFacebookやTwitterでログインするとユーザー
の今の状態を言語解析しておススメな香りを提案してくれるという物。
Img_3007_2

Img_3008

 

堀宏行さんの作品。3台のプロジェクターで箱の内面に投射し、
プロジェクションマッピング制御で外から見たら箱の中に光の塊が
居るように見えるもの。これ、見た目よりも相当制御が大変だと
思いますよ。
Img_3012

 

他にも齋藤 精一さんの作ったCMなどが流れていました。
奥の部屋でプロジェクションマッピング紹介の映像シアターがあったの
ですがこのビルをタイルに見立てて手が沈んでいくのが良かったな。Img_3014 Img_3015

|

« TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 | トップページ | デザイン展等いくつかメモ(天童木工、ANY Tokyo、:DDD、青木良太、他) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58451157

この記事へのトラックバック一覧です: 建築家にならなかった建築家たち展:

« TOKYO DESIGNERS WEEK 2013 | トップページ | デザイン展等いくつかメモ(天童木工、ANY Tokyo、:DDD、青木良太、他) »