« デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション) | トップページ | 井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ »

小林古径生誕130年記念 古径と土牛

青い日記帳×山種美術館の「古径と土牛」展ブロガー内覧イベントに
参加してきました。
 

小林古径生誕130年記念 古径と土牛
http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html
山種美術館
10月22日から12月23日

日本画家、小林古径を中心に古径の兄弟弟子である奥村土牛の
作品も併せた展覧会です。

 

古径の作品。柿の作品は葉が金で描かれているのに派手さはなく
静かな佇まいです。もう一点の鳥が描かれている方も枯葉が金で
描かれていました。
Img_3646 Img_3686

個人的に好きな作品二点。左の「竹雀」は左上の飛び立つ雀が
控えめに、でもハッキリと主張してます。もう一点の「萼」の
紫陽花も本当に素敵。
Img_3661 Img_3775

こういう絵もイイですね。白い大降りの花に鮮やかな青い小鳥。
Img_3689 Img_3691

珍しい作品と言えば写真の左は現存する唯一の油彩画です。
右側はおそらくセザンヌを意識した居たのだろうとのこと。
Img_3679 Img_3650

大降りの屏風も見ごたえありです。
Img_3659

こんな赤が印象的な絵があったかと思えば・・・。
Img_3696

ほぼモノトーンに近い栗の絵もある。
Img_3698_2

他にも「清姫」を前8面一挙に公開してあります。
多才な人なんだな、と改めて思いました。

 

中頃には土牛の作品。
土牛と言ったら、の「醍醐」。
Img_3667

そしてこちらも土牛の名品「鳴門」。
渦の部分の白の盛り上がりが判ります。
Img_3669 Img_3706

 

後半は古径の作品と土牛の作品を同じモチーフで並べて比較展示を
する形になっています。
これは富士山。左が古径で右が土牛です。
Img_3748_2

古径の富士山は別の所にも1点ありました。こちらの方が私は好み。
Img_3652

古径の黒白の牛に対して、土牛の白のみの牛。
Img_3718 Img_3721

ハスの絵。左が土牛で、奥の掛け軸が古径。
Img_3764_3

同じ大ぶりの花を描いたものも並んで見せてます。
赤が土牛、白が古径。
Img_3737

より二人の差がわかり易いのが小動物の絵ですね。
猫に関しては左のシャム猫が土牛、右が古径です。
しかし、二匹ともなかなか渋い顔してますねー。
Img_3770

仔犬に関しては奥の古径の作品は宗達の描いた仔犬に倣って描かれ
た物のようです。手前は土牛です。こちらもなかな個性的な顔立ち・・・。
Img_3769_2

古径と言う画家、そして古径と土牛の似ている面や違いなどを比較して
見る事の出来る展覧会でした。

|

« デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション) | トップページ | 井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58519954

この記事へのトラックバック一覧です: 小林古径生誕130年記念 古径と土牛:

« デザイン展等いくつかメモ2(ヤン・チヒョルト、日本のデザインミュージアム実現にむけて、NEXT GENERATION BY SEMPRE、BAtoMA information、グッドデザインエキシビション) | トップページ | 井戸茶碗 戦国武将が憧れたうつわ »