« 気になるメモ1019 | トップページ | SOU FUJIMOTO RECENT WORKS展 »

うさぎスマッシュ展

東京都現代美術館に「うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法」を
見てきました。

 
   

うさぎスマッシュ展 世界に触れる方法
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/148/
東京都現代美術館
10月3日から2014年1月19日

現代アートや建築、デザインなどを跨ぐ、もしくは繋ぐ展覧会。
そしてMOTと言う事でスペースユアなんたらと一緒になってしまい
そうで・・・(ま、似たようなイメージですが)。

そもそも、うさぎ?スマッシュ?って何?
アリスの様にうさぎに導かれて、世界の別の入口へ!みたいな
意味のようです。

また、この展覧会写真撮影可です。

ちなみに音声ガイドがうさ耳・・・(もちろん女子がやるとカワイイ)。
Img_2477

 

ウサギも居ました。かわいくないけど、なんか難しい顔。
Img_2473

 

この作品、あのレアンドロ・エルリッヒの作品です。金沢21世紀美の
プールの人。私にとってはシャネルモバイルアートの水たまり映像
の人!
Img_2541

窓から中庭を覗くと、向こうの窓から自分が覗いているという不思議
な空間を生み出してます。
Img_2542

 

そして、今回の展覧会で一番良かったのがこれ。
リチャード・ウィルソン「No Number」
奥に進んでいくと鏡面の液体に映った空間の反転と通路のパース
のずれによって体感する空間にずれを感じるという物。
一人づつしか体感出来ないので並ぶのですが、これは私は2回も
並んで体感しました。良かった!
Img_2485

 

他にはライゾマティックスのシステムセット、だけどこの日は故障中
か何かで操作できなかった。
Img_2495

 

スプツニ子!の映像とインスタレーションは面白かった。
「ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩」
月面にヒールの足跡を付けたいと言う野望を持つ女の子のPV。
Img_2503

女の子、セレナ憧れのルナガール(スプツニ子!)。
Img_2500

月面にハイヒールの足跡を付ける野望を持つセレナ(遠藤 新菜)。
Img_2502

セレナのコクピット(二段ベッドの下)も展示。
Img_2505

ハイヒールの足跡を残すマシン、ハイヒール付き月面探査ローバー。
Img_2497 Img_2498

この映像はこちらでも見る事が出来ます。
ムーンウォーク☆マシン、セレナの一歩 (2013)
http://sputniko.com/?p=5532543

思わず「ダダダダンス オンザムーンライト ゼア」と口ずさんで
しまいます・・・。

他にも如何にも現代アート、的な(少し頭がイイぞ的な匂いのね)
作品が色々ならんでました(好きなのは上に紹介した、それ以外
のは・・・まぁ推して図ってください)。

 

 

 

 

 
MOTコレクション
第1部 私たちの90年 1923-2013
第2部 つくる、つかう、つかまえる -いくつかの彫刻から
http://www.mot-art-museum.jp/collection/index.html
東京都現代美術館
10月3日から2014年1月19日

こちらのコレクション展、相変わらず濃いですが、私は冨井大裕
さんの色鉛筆など使ったやつが好きだったかな。

 

|

« 気になるメモ1019 | トップページ | SOU FUJIMOTO RECENT WORKS展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58389571

この記事へのトラックバック一覧です: うさぎスマッシュ展:

« 気になるメモ1019 | トップページ | SOU FUJIMOTO RECENT WORKS展 »