« 美を伝えゆく-名品にみる20年の歩み- | トップページ | 人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは »

イセタンデザインウィーク

新宿伊勢丹でイセタンデザインウィークを見てきました。

イセタンデザインウィーク
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/1310designweek/index.html
新宿伊勢丹
10月23日から11月5日

まずはメイン展示扱いが・・・

ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen
http://tabroom.jp/contents/event/fushi-to-kakera/
伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージ
10月23日から10月29日

マルニ木工作、深澤直人デザインのHIROSHIMAアームチェア。
まずは今まで製品に使用してこなかった「ふし」のある木材を
使ってみた。個性的な風合いを生み出したその椅子に対して
ミナ ペルホネンの皆川明さんが産み出した布地の「カケラ」を
パッチワークして仕上げたスペシャルバージョンの椅子の展示。
Img_3038 Img_3033

これがそのミナ生地パッチワーク椅子です。
Img_3034

単色生地の椅子もありました。もちろんこちらも皆川さん。
Img_3035 Img_3036

 
他にもリビングのフロアでは

LIFE is ART ~ルーシー・リーにあこがれて~
ルーシー・リーに影響を受けた日本の若手陶芸家たちの作品展。
青木良太さん、田村一さん、竹村良訓さん、田中信彦さんなど。
岡崎裕子さんの作品も出てましたね。ルーシー・リーに影響受けた
とはちょっと意外なイメージ。

Fritz Hansen meets DESIGNERS GUILD
フリッツハンセンのセブンチェアにファブリックブランド
「デザイナーズギルド」の生地を張ったもの。
Img_3019_2

OGATA Inc.×TOHOKU KOUGEI
尾方新一デザイン、BEAN STOOLに東北の伝統工芸の技を組み合わ
せたもの。
Img_3021

Marimekkoの新作食器の展示。Marimekkoは限定品や廃盤記事などを
扱うコーナーなどもあり。
Img_3022

 

また・・・

一品更屋×へうげもの タイアップ企画《Chanoyu Oribe-tique》
http://morning.moae.jp/news/570
10月23日から11月5日
伊勢丹新宿店 本館5階 特選和食器

こんなのもやってました。
こちらには二階堂明弘さん、金理有さんなどが参加。

 

|

« 美を伝えゆく-名品にみる20年の歩み- | トップページ | 人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58451161

この記事へのトラックバック一覧です: イセタンデザインウィーク:

« 美を伝えゆく-名品にみる20年の歩み- | トップページ | 人が集まる「つなぎ場」のつくり方 -都市型茶室「6次元」の発想とは »