« 吉岡徳仁-クリスタライズ | トップページ | 気になるメモ1019 »

特別展 京都と3Dプロジェクションマッピング

東京国立博物館で開催されている「特別展 京都-洛中洛外図と
障壁画の美」を見てきました。
特別にこの展覧会で2日間限りのイベント(実際は台風によって一日
のみになりましたが)として「中洛外図3Dプロジェクションマッピング
と特別夜間開館」に申し込み行ってきました。

 

特別展 京都-洛中洛外図と障壁画の美
http://www.ntv.co.jp/kyoto2013/index.html
東京国立博物館
10月8日から12月1日

まずは展覧会の方の感想から。

正直展示物としては通常の美術展と比べて少なく見えるかも
しれません。ただ・・・それが結果的に素晴らしい空間と演出
に繋がっていたと思います。

石庭の部屋と障壁画の部屋、この二つが素晴らしく良かった。

障壁画の部屋はこういう見せ方はほんとに素晴らしいと思い
ました。実際に二条城で組まれている通りに展示されている。
こういう展示を見たかった!と言う感じ。感激でしたね。
襖の引手などをじっくり見てみるとやはり葵の紋が施されて
ましたねー。

そしてもう一つが龍安寺の石庭。こちらは4Kプロジェクター
を3台ブレンディングして壁面一面に投影してます。
その映像が冬から春へ、そして夏、秋と移り変わり、また
冬へとループしていきます。変わらない石庭、その四季を
感じることが出来る空間です。季節の移り変わりのところ
も上手く変わっていくのが良かった。
石庭自体は表情が変わらないが、その周囲の変化により
実は深い感情を内面に持っていることに気づかされる映像
になってます。
個人的には床にも投影してくれたら良かったんだけどな・・・。

他にもその龍安寺の襖絵、京都御所の襖絵などもあり。

目玉の洛中洛外図は数種類の屏風が並び、比較できるよう
になってます。岩佐又兵衛の舟木本は高画質の映像で
紹介され、初めての人でも楽しみどころポイントがわかる様
になっているのもうれしいですね。
狩野永徳の屏風もありました。

今回は続きに書くプロジェクションマッピング+特別夜間開館
をやっていたのでいつもと客層が全く違ってました。
東博の和物展示にはあり得ない位に若い人が多く、会社帰り
にイベントとして来てみたのかな、と言う感じでしたね。
こういうイベントっぽくすれば新しい客層がこれだけ来るという
のは良いことかと思いますよ。それもチケット代が高くなっても
これだけ来るんですものね。これでリピーター掴むにはさらに
イベント重ねることになるのですが(費用問題が・・・)。

そして、プロジェクションマッピングです・・・。

中洛外図3Dプロジェクションマッピングと特別夜間開館
http://www.ntv.co.jp/kyoto2013/ticket/3d.html

朧月の下に東博の東洋館。そこに今回の京都展をイメージ
する映像がマップング映像として投影されてます。
Img_2687

前日の16日が台風で中止になったので、そちらの予定の
人も17日に来たと思われますが、そこまで見にくいことは
無かったです(展示室は少し混んでましたが)。
Img_2730

昔の京都の人々の生活や景色が投影されていく。
Img_2593

東洋館の柱を上手く使ったマッピング映像。
Img_2600

この写真は少し横から撮っているのでずれもありますが
正面から見れば気にはなりません。
Img_2670

正面からの写真。五条の大橋でしょうかね?
Img_2689

水が流れてきてすべてを飲み込んでいく。
Img_2690

現代に移り、東京駅・・・。新幹線が来ます。
Img_2694

新幹線に乗る、昔の時代の女の子。
Img_2695

窓から見える富士山。
Img_2697

京都駅に到着。
Img_2628

京都の寺院へ。
Img_2700

提灯が並ぶ。
Img_2633

そこからいろいろあって(略し過ぎ、笑)機械仕掛けの舞台。
Img_2709

そして洛中洛外図。
Img_2665

この映像が入ったDVDもついてくるのでこれはお得でした。

プロジェクションマッピング、夜間開館、スマートフォンアプリ、
宝探しイベント、4K映像の展示などただ見せるだけの展覧会
とは違う試み盛りだくさんで攻めてきた京都展。

エンターテインメントとして、娯楽として、美術展を楽しむ事に
対する一つの提案の様に見えます。
もしくはただ見せて学ぶだけの美術展に対するアンチテーゼ
とも取れます。

広告的、エンタメ的企画(賛否両論あるかもしれませんが)を
挑戦としても、実験としても(そこら辺が遅れている美術界で)
試してみたい、と思った人がいたのかな、と思います。

まぁ、コストはかかるでしょうけどね・・・。
(正直、他の美術館/美術展でもこう言った事やりたいと思っ
ているところもあるでしょうが、お金の面で諦めた所は多い
でしょうね・・・、うらやましいだろうな、笑)

|

« 吉岡徳仁-クリスタライズ | トップページ | 気になるメモ1019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58408876

この記事へのトラックバック一覧です: 特別展 京都と3Dプロジェクションマッピング:

« 吉岡徳仁-クリスタライズ | トップページ | 気になるメモ1019 »