« 菊地敦己展 | トップページ | イセタンデザインウィーク »

美を伝えゆく-名品にみる20年の歩み-

三の丸尚蔵館でやっている「美を伝えゆく」展、前期展示を
見てきました。

 

美を伝えゆく-名品にみる20年の歩み-
http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai64.html
三の丸尚蔵館
10月12日から11月24日
前期:10月12日から10月31日
後期:11月2日から11月24日

見どころは後期展示の俵屋宗達「扇面散屏風」、伊藤若冲の
「動植綵絵(群鶏図、紅葉小禽図の2幅)」でしょうが・・・

伊藤若冲「動植綵絵 紅葉小禽図」
644

いやいや、前期展示も伝狩野永徳の2点だけでも見る価値あり
でした。
狩野永徳派の作品「源氏物語図屏風」「四季草花図屏風」の
二つの屏風展示は素晴らしかった。

伝狩野永徳「四季草花図屏風」
642

後は海北友松「浜松図屏風」も凄かった。
デザイン的な鳥の飛び方が江戸のグラフィックデザインですね。

展示数は少ないけど無料ですしね、日本美術ファンにはおすすめ。

|

« 菊地敦己展 | トップページ | イセタンデザインウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58440318

この記事へのトラックバック一覧です: 美を伝えゆく-名品にみる20年の歩み-:

« 菊地敦己展 | トップページ | イセタンデザインウィーク »