« 秋の特別公開 酒井抱一 夏秋草図屏風 | トップページ | 諏訪周辺建築見学/エミール・ガレ  ベスト・オブ・ザ・ベスト »

ルイ・ヴィトン「タイムレス ミューズ」

東京ステーションホテルでやっていた
ルイ・ヴィトン「タイムレス ミューズ」を見てきました。

ルイ・ヴィトン「タイムレス ミューズ」
http://hpplus.jp/spur/fashion/special/a01_louisvuitton1308/
東京ステーションホテル
8月31日から9月23日

ルイ・ヴィトンにゆかりのある6人の女神(ミューズ)をピックアップ
してルイ・ヴィトンの世界観を最新技術で表現したもの。
これ、世界巡回展示でなく日本オリジナルだそうです。

取り上げれらたミューズは
ウジェニー皇后、シャルロット・ペリアン、フランソワーズ・サガン、
カトリーヌ・ドヌーヴ、ケイト・モス、ソフィア・コッポラ。

入口周辺はルイ・ヴィトンの世界観を表現するものになってます。

入口やクロークの作り込み。
Img_1738 Img_1785

細かなところあちこちにLVモチーフが。
Img_1783 Img_1787

プロジェクションマッピングを使った映像コーナー。
Img_1744

そこから展示各所にはそれぞれのミューズに関わる物があります。

この展示では入口でアイマスクが配られてます、まるで貴婦人たち
の仮面舞踏会の様に。そのマスクに偏光フィルムが貼られていて
マスク越しに覗くと映像が見る事が出来るという仕組み。

カトリーヌ・ドヌーヴ、左がマスク超しに見たモニタ画面。右が裸眼。
Img_1745 Img_1746

カトリーヌ・ドヌーヴのカバン
Img_1747

フランソワーズ・サガンのノート。
Img_1751_2 Img_1749

ケイト・モス
Img_1758 Img_1756

マーク・クインがケイト・モスをモデルに作った良くわからない作品。
Img_1762

個人的には最後のシャルロット・ペリアンコーナーが良かった。
Img_1764 Img_1765

ペリアンにオマージュをささげたコーナ的扱いだそうだ。
ただ、もう一ひねりすると良かったのにね。LVマークのファブリック
で家具を装飾するとか・・・。
Img_1769 Img_1771

各コーナー以外にはフランソワーズ・サガン、カトリーヌ・ドヌーヴ、
ケイト・モス、ソフィア・コッポラの4人を扱った12面マルチ展開の
映像シアターがありました。こちらも偏光フィルムマスクで見ます。

造作にしろ、映像にしろ、お金かかってますね。無料の展示なの
ですがイメージを売る広告的な扱いなのかな?
ファッション、デザイン関連の人が多く見に来てる感じでした。

展示技術は色々凝ってますがもう少し中身を充実させればより
満足感高まるのにな、と言う感じの印象でしたが。

|

« 秋の特別公開 酒井抱一 夏秋草図屏風 | トップページ | 諏訪周辺建築見学/エミール・ガレ  ベスト・オブ・ザ・ベスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/58264287

この記事へのトラックバック一覧です: ルイ・ヴィトン「タイムレス ミューズ」:

« 秋の特別公開 酒井抱一 夏秋草図屏風 | トップページ | 諏訪周辺建築見学/エミール・ガレ  ベスト・オブ・ザ・ベスト »