« カラーハンティング展 色からはじめるデザイン | トップページ | ドン ペリニヨン × 山口晃 × GAINAX 「Dom Pérignon The Power of Creation -創造する力」 »

PAPER ‐紙と私の新しいかたち‐展/米田知子 暗なきところで逢えれば/世界報道写真展2013

イカの3展まとめてUP

目黒区美術館
PAPER ‐紙と私の新しいかたち‐展

東京都写真美術館
米田知子 暗なきところで逢えれば
 
 

東京都写真美術館
世界報道写真展2013

 

 

PAPER ‐紙と私の新しいかたち‐展
http://mmat.jp/exhibition/archives/ex130720
目黒区美術館
7月20日から9月8日
   
植原亮輔と渡邉良重(キギ)、鈴木康広、寺田尚樹、
トラフ建築設計事務所(鈴野浩一・禿真哉)、DRILL DESIGN、
西村優子

と言う感じでデザイン系寄りのラインナップ。
少し残念なのが今までに出した作品やプロダクトをベースにして
いるので好きな人はすでに結構見てしまっているのではないか?
と言うか、私がそうだったのですが。
ただ、初めて見るのが多い人にとっては面白い展示かも。

植原亮輔と渡邉良重(キギ)さんの《時間の標本》は2度ほど見て
いたし、鈴木康広の本にプロジェクションするのなども前に見た。
トラフ建築設計事務所(鈴野浩一・禿真哉)は《空気の器》を空間
に展開してるだけだったしな。
DRILL DESIGN(林裕輔・安西葉子)「geografia」も商品ベースで。
西村優子は私は作品を初めて見たので良かったです。

その中でも一番気を吐いていたのが寺田尚樹さんの展開。
「テラダモケイ」と言う1/100スケールの模型パーツ用のもの。
こいつらを使っていろんなシーンを作っているのが面白い。

切抜かれた人が自販機の前にたむろっているシーンは
「オープンカフェ」とか。
他にもタイトルだけでいうと「危ないからやめなさい」「うんち」
「チューチュートレイン」「ちゅ(小鳥もちゅ)」などなど・・・。   

あとは展示室以外にも建物内あちこちにテラダモケイの人たち
がいるんです。

トイレのセンサーの上や注意書きパネルの上でくつろぐ人。
Img_9091 Img_9093

オーケストラや公園で楽しむ人。
Img_9099 Img_9102

ガラス面には翼竜に乗って飛ぶ人も!
Img_9095

 

 

米田知子 暗なきところで逢えれば
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1864.html
東京都写真美術館
7月20日から9月23日
 
 

米田さんの写真は本当は単独エントリでじっくり感想書きたいところ
なのですが・・・すいません・・・。
米田さんの写真、静かに、本当に静かに切り取られた、そんな一瞬
のシーンが、それが何を指しているのか、それがそもそもなんなのか、
それについてとにかく考えてみたくなる、そういう作品でした。

各コーナー毎にシリーズで分かれていて「見えるものと見えないもの
あいだ」と言うメガネと文章のコーナーが好きでした。
他にも「Kimusa」と言う窓やカーテンが印象的な部屋内写真シリーズ
や「パラレル・ライフ」と言うスパイ活動をモチーフにしたシリーズ。

最後の方の「積雲」と言うシリーズの中にあった作品ですが
白い鳩、と言う作品が素晴らしく良かった。鳩なんてどこにもいない
じゃない、と思って良く見たら一枚の白い羽・・・。

ただ、動画のコーナーが一か所あるのですが、その効果音が会場
内全体に聞こえていて、どうも会場全体が不穏な感じに包まれて
いたのはちょっと残念だったかな。あれは狙いかな?でもそうでない
写真もあの音聞きながら見ると不穏に見えちゃうんですよね。

 

 

世界報道写真展2013
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1862.html
東京都写真美術館
6月8日から8月4日

写真はスナップ、アート、記録など様々な使い方をされていますが
おそらく「報道」と言うものに使われている写真が最も人の目に触れ
るのものではないのだろうか?

壮絶な、もしくは貴重な一瞬を切り取る報道写真。
ただ、あまりにも趣向を凝らしすぎると演出に見えてしまうのもある。
ただ、誰も見たことのない一瞬を切り取るのに命を懸ける人たち。

震災の時にも報道写真展を幾つか見ましたが、ほんとうに凄い仕事
だと思います。
   

|

« カラーハンティング展 色からはじめるデザイン | トップページ | ドン ペリニヨン × 山口晃 × GAINAX 「Dom Pérignon The Power of Creation -創造する力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/57849711

この記事へのトラックバック一覧です: PAPER ‐紙と私の新しいかたち‐展/米田知子 暗なきところで逢えれば/世界報道写真展2013:

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/07/29 08:51) [ケノーベル エージェント]
目黒区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2013/07/29 08:51

« カラーハンティング展 色からはじめるデザイン | トップページ | ドン ペリニヨン × 山口晃 × GAINAX 「Dom Pérignon The Power of Creation -創造する力」 »