« アンドレアス・グルスキー展 | トップページ | 夏目漱石の美術世界/幸之助と伝統工芸/Lhotse|Manaslu 石川直樹/七月会 »

「Monuments of Traffic」トーマス・バイルレ/「ウルの牡山羊」シガリット・ランダウ

ルイヴィトンとエルメス、それぞれで見てきたもの。

「Monuments of Traffic」トーマス・バイルレ
エスパス ルイ・ヴィトン東京

「ウルの牡山羊」シガリット・ランダウ
メゾンエルメス8階フォーラム

「Monuments of Traffic」トーマス・バイルレ
http://espacelouisvuittontokyo.com/ja/
エスパス ルイ・ヴィトン東京
5月18日から9月1日

「交通のモニュメント」交通をテーマにした作品。なかなか面白い。

Img_8477_2

床にある作品は紙の立体を道路に見立て、それらが縦横無尽に
グリッドを構成し、その中を車が走っている。
これはドクメンタで発表された作品の1/3と言うことなので、いつか
フルバージョンを見てみたいですね。
Img_8479

そして何よりも目を惹いていたのがこれ。
何?これ?ワイパー・・・?
決まった時間になるとワイパーの下にある音楽プレーヤーから
音楽が流れ、ワイパーが動き出します。ワイパーの動きによる
音も含めてプレーヤーから流れ出た音と混ざる音楽なのです。
作品タイトルは「指揮者」。やられたという感じです。
Img_8468

他にも壁にクラッシュした車。
Img_8463

壁の上部には床にあった道路に山岳写真をプリントしたもの。
Img_8467

70年代(?)の日本の街並み。
Img_8475

 

 

 

「ウルの牡山羊」シガリット・ランダウ
http://www.art-it.asia/u/maisonhermes/TCnRiW7lscfHF9Je24mq
メゾンエルメス8階フォーラム
5月17日から8月18日

色々な意味で印象に残る作家さんです。私的にはそれほど好きでは
ないのですが、作品はきっと頭に残ってしまうことでしょう。

作品は大きく二つに分かれてます。

手前の部屋は映像が流れていてオリーブの樹が写っている。
映像を見ているといきなり揺れだす樹。
オリーブの実を収穫するために機械で人工的に揺れさせ、実を落とす
のだそうです。それだけなのですが、なんか衝撃的な映像でした。

奥の部屋はイスラエルの住まいの再現。その中から聞こえてくる声。
この部屋には誰もいないけど、いろいろな物が隠されているようです。

|

« アンドレアス・グルスキー展 | トップページ | 夏目漱石の美術世界/幸之助と伝統工芸/Lhotse|Manaslu 石川直樹/七月会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/57757860

この記事へのトラックバック一覧です: 「Monuments of Traffic」トーマス・バイルレ/「ウルの牡山羊」シガリット・ランダウ:

« アンドレアス・グルスキー展 | トップページ | 夏目漱石の美術世界/幸之助と伝統工芸/Lhotse|Manaslu 石川直樹/七月会 »