« 千紫万紅 | トップページ | FIFAワールドカップオフィシャルアート/NEO COUNTER SHAPE ART SHOW »

ファインバーグ・コレクション展

江戸東京博物館にファインバーグ・コレクション展を見に
行ってきました。

 

ファインバーグ・コレクション展-江戸絵画の奇跡-
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/exhibition/special/2013/05/index.html
江戸東京博物館
5月21日から7月15日

アメリカ人の日本美術コレクター個人所蔵品の展覧会と言えば、まぁ、
東北方面で今展覧会をしている某方を思い出してしまうのですが・・・
正直そこまで華がある作品は無いかもしれません。
が、ファインバーグ氏の趣味が良い意味で出ていて質素で洗練された
作品が並んでます。そして作品の質に関しては超一流の作品ばかりと
言うなかなかの展覧会になってます。
狩野派や土佐派よりも円山派を好み、琳派の中でも鈴木其一作品が
目立って並んでいると言う通好みのラインナップです。

1俵屋宗達の「虎図」

まずはいきなり俵屋宗達の虎図が迎えてくれてます。例のカワイイ系。
そのまま尾形光琳、尾形乾山など、琳派中心の展示でスタート。
中でも鈴木其一の作品が目を惹きます。
「山並図小襖」の其一らしい岩肌や色の感じ、「群鶴図屛風」の琳派
ならではのデザインセンス!素晴らしいです。
他にも酒井抱一の「十二か月花鳥図」が十二幅全部展示されてます。
宮内庁などにも残されているもののバージョン違いですね。見応えが
ありました。
個人的に心惹かれたのが深江蘆舟「秋草に瓜図」です。
しなやかなタッチが良かった!

4 5鈴木其一、「群鶴図屛風」

2酒井抱一「十二か月花鳥図」

そこから池大雅や与謝蕪村などの作品群へ。
中林竹洞「四季花鳥図」が良かったです。冬の画だけ水墨画とか。

そして円山派。円山応挙や呉春などです。
円山応挙「鯉亀図風炉先屛風」の布の透かしを使ったエフェクト。
光が裏からあたると裏の布地模様が浮かび上がり波の様なモアレが!
これぞ応挙な孔雀牡丹図も。岸駒「滝に鷲図」も迫力あり。
この展覧会で一番好きだったのは鈴木松年「月に雲図」でしょうか。
大胆な構図に雰囲気たっぷりの月と雲。痺れました。

9円山応挙「孔雀牡丹図」

次は伊藤若冲、曽我蕭白らの奇想派。若冲の菊図三幅は一点だけ所有
している日本のコレクターの協力で三幅揃いで見ることできます。
迷いのない松図もすばらしく、蕭白は相変わらず気味悪く。
長沢蘆雪の「藤に群雀図」の愛らしい雀十七羽や「梅・薔薇に群鳥図」
の少し間抜けなインコなども良かった。

12伊藤若冲「松図」

最後は菱川師宣、葛飾北斎らの浮世絵コーナー。ファインバーグさん
のコレクションとしてここが特徴的だと思ったのですが、どうかな?
歌川豊春「春景遊宴図屛風」で遠近法を使った浮世絵に驚きました。
こんな立体的な浮世絵があるなんて・・・。
他には酒井抱一が20代の時に描いた美人画とか。
最後に向かえてくれるのは葛飾北斎、迫力の「源頼政の鵺退治図」。

16葛飾北斎「源頼政の鵺退治図」

とまぁ、この建物は好きにはなれなかった(実は江戸博初めて中に
入った)のですが満足の展覧会でした。

常設展示も見ましたがなかなか見応えありますね。

|

« 千紫万紅 | トップページ | FIFAワールドカップオフィシャルアート/NEO COUNTER SHAPE ART SHOW »

コメント

ファインバーグ・コレクション展: 今日の献立ev.

投稿: 武井咲 水着 | 2013/07/11 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/57582247

この記事へのトラックバック一覧です: ファインバーグ・コレクション展:

« 千紫万紅 | トップページ | FIFAワールドカップオフィシャルアート/NEO COUNTER SHAPE ART SHOW »