« 円山応挙展 | トップページ | 梅佳代展 UMEKAYO »

ワンダフル・マイ・アート 高橋コレクションの作家たち

「ワンダフル・マイ・アート 高橋コレクションの作家たち」を河口湖
美術館に見に行ってきました。そう、あの高橋コレクションですよ。
あの高橋コレクションが観光ついでに遊びに行ったら見る事が
出来るのですよ(もちろんそれだけを目的に行っても構わない)。
 

ワンダフル・マイ・アート 高橋コレクションの作家たち
http://kgmuse.com/exhibition/kaisaichu/wonderful/index.html
河口湖美術館
4月14日から9月16日

新宿から河口湖まで高速バスで1時間50分。
観光地である河口湖の湖畔にある河口湖美術館で現在
高橋コレクションの展示をしております。
現代アートファンにはおなじみの高橋コレクション。

観光がてらに遊びに行くのも良し。富士急ハイランドも近いです。
少し足を延ばして御殿場のアウトレットに行くという手もあるか。
後は、山梨と言ったら「ほうとう」ですかね。
Img_6326

そして雄大な富士山。
Img_6227

ま、そんな、東京から日帰りでも遊びに行けるところで、実はアート
ファン必見の高橋コレクションの展示をやっているなんて!

早速、展覧会の様子を紹介します。
※写真は主催者の了承を得て撮影しております。

入口の吹き抜け部には西尾康之さんの大作があります。
タイトルは「FUJI」。この館のための展示ですね。
Img_6255

同じく吹き抜け部にあった大畑伸太郎さんの作品。この方の作品
は好きなんです。作家さんがいらっしゃったのでお話をお聞きした
ら下面の絵はアクリル絵の具で描いているのですが、立体の人形
はスチレンフォームを削って制作。それに色を塗った和紙をちぎっ
て貼り付けるという手法で作られているそうです。なるほど、それで
絵画部と立体部のテイストが同じに仕上がるわけですね!
Img_6303

さて、一つ目の展示室に入りますと・・・

目の前に飛び込んでくる大作。これは都内のギャラリーでは見る
事出来ないですね。ここに来たならではの作品。名和聡子さんの
作品です。自画像だとの事。
奥にあるのは桑久保徹さんの作品(人で見にくいけど)。
Img_6257

さらにその奥の仕切りを覗くと、加藤泉さんの立体作品。これも好き。
Img_6266

その隣には戸田沙也加さんの作品。こちらもご本人いらっしゃった
のでお話しお聞きしたら、本当は手前に立体作品があるのだと。
今回はスペースの都合上(もしくは大人の事情、笑)で平面のみ
の展示となったそうです。不思議な雰囲気の方でした。
Img_6268

この部屋にはもう一区画あります。ガラスケースに囲まれた部屋。
ここがまた贅沢空間です。正面に見えるのは草間彌生さん。
Img_6272

向かって右には奈良美智さんや安藤正子さんの作品。
Img_6273

その逆面には山口晃さん、天明屋尚さんとビッグネームが揃い
ます。そしてその奥にあるのが・・・
Img_6274_2

町田久美さんの作品です。ああ、幸せ!(町田さん作品好き!)
Img_6294

奥の部屋はまた先ほどの物よりも大きな作品が!これは本当に
ここでないと見ることできない!
この大作は濱田樹里さん。奥のは人気の加藤美佳さんの作品。
Img_6241_3

そして最後はやはり鴻池朋子さんです。
Img_6240

鴻池朋子さんはその奥のスペースにもありました。
なんども見た作品だけど、やはりイイですね。
Img_6245

他にも五木田智央さん、千葉正也さん、近藤亜樹さん、
池田光弘さん、と19作家23点の作品がありました。

ほうとう、富士山、他にもいろいろと遊べそうな環境もある観光地
でもある河口湖。ドライブがてらもこれからの季節気持ちよさそう。
ふらっと日帰りも可能なのでそこにアートを組み込むのもイイですね。

|

« 円山応挙展 | トップページ | 梅佳代展 UMEKAYO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/57178776

この記事へのトラックバック一覧です: ワンダフル・マイ・アート 高橋コレクションの作家たち:

« 円山応挙展 | トップページ | 梅佳代展 UMEKAYO »