« ジョミ・キム展/イチハラヒロコ展/感じる写真展/桑田卓郎展/大宮エリー 「愛の部屋」 | トップページ | 「パラの模型 / ぼくらの空中楼閣」 パラモデル展・鈴木理策「アトリエのセザンヌ」 »

曜変・油滴天目 -茶道具名品展-

静嘉堂文庫美術館に「曜変・油滴天目 -茶道具名品展-」
を見に行きました。もちろん目当ては国宝の曜変天目茶碗。

受け継がれる東洋の至宝 PartⅢ 曜変・油滴天目 -茶道具名品展-
http://www.seikado.or.jp/010100.html
静嘉堂文庫美術館
1月22日から3月24日

三菱財閥の中でも古美術/小道具コレクターとして有名な岩﨑
彌之助と小彌太の父子が集めた茶道具を中心とした展覧会です。

まずは・・・やはり国宝の曜変天目茶碗です。
ほとんどの人がこれ目当てでは?
私は恥ずかしながらこれの現物を見るのは初めてなんです。
W_yohen_01

今まで写真で見たことはあったのですが・・・すいません、先に
あやまっておきます。
今まで、この茶碗が綺麗なのは知っていたものの、どうしても
このまだら模様がどちらかと言うと失敗作で偶然の産物として
産まれた美しさであって、正直言って少し気味悪くない?と
思ってました・・・。世界で3点しかない茶碗で、それも全部
日本にあるとかで、作られた場所の中国ではありがたがってない
だろうし、日本でのみ重宝がられているのでは?と。
すいません、すいません、ごめんなさい、実物見たらとても綺麗
でした。
また、欠片として見つかった4つ目の曜変天目茶碗の存在もこの
失敗作扱いとレッテルをくつがえしそうですね。

ただ、個人的には油滴天目茶碗の方が好き、と言うのは変わらず。
あの派手な玉虫のような曜変天目よりも、同じ偶然の産物にしろ
シックな油滴天目の方に惹かれます。
W_yohen_02

また、今回の展示で新たに感じたのが肩衝などの茶入の美しさ。
今まで茶入の良さもイマイチ、ピンとこなかったのでした。
今回展示されていた「松本茄子」や「付藻茄子」の美しさ。
他に展示してあった茶入も素晴らしい物ばかり。
これだけ素晴らしければ集めたくなるのも分かります・・・。
W_yohen_03

ただ、同じ茶入でも「棗」の方はまだ良さが判らないな・・・。

他に展示されていた茶碗も名品ばかりですね。
織部焼が結構目についたけど私はシンプルな方が好きだな。
古田織部の二重切花入などもありました。
W_yohen_09

後、酒井抱一の掛け軸が一点出ていたのが良かったな。こちらは
前期展示(2/27まで)のようで、後期展示は鈴木基一になるそう。

|

« ジョミ・キム展/イチハラヒロコ展/感じる写真展/桑田卓郎展/大宮エリー 「愛の部屋」 | トップページ | 「パラの模型 / ぼくらの空中楼閣」 パラモデル展・鈴木理策「アトリエのセザンヌ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/56792588

この記事へのトラックバック一覧です: 曜変・油滴天目 -茶道具名品展-:

« ジョミ・キム展/イチハラヒロコ展/感じる写真展/桑田卓郎展/大宮エリー 「愛の部屋」 | トップページ | 「パラの模型 / ぼくらの空中楼閣」 パラモデル展・鈴木理策「アトリエのセザンヌ」 »