« 美術にぶるっ!/ソラリーマン・ジャパン・ツアー/髙山辰雄・奥田元宋 | トップページ | 新井淳一の布 伝統と創生 »

0号の世界展/飛騨の円空/シャガールのタピスリー展/shiseido art egg 久門剛史展/アジアの息吹

以下5つの展覧会の感想をまとめてUP

0号の世界展 -WINTER-
いつき画廊
   
飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―
東京国立博物館 本館 特別5室

シャガールのタピスリー展 二つの才能が織りなすシンフォニー
松濤美術館

shiseido art egg 久門剛史展
資生堂ギャラリー

アジアの息吹
銀座三越 8階ギャラリー 

 

 

 

0号の世界展 -WINTER-
いつき画廊
1月10日から1月19日
http://itsukiart.com/exhibitions/13/
   
0号サイズの作品を集めた展覧会。
ギャラリーの方と話していたのは小さなサイズだから楽と言うわけ
ではなく、逆に小さいサイズだから間がとりにくかったり、まとめ
にくかったりして難しい時もあるんですよね、みたいな事。
サイズが半分だと手間も半分、とはなかなかならないんですよね。
小さいサイズだからこそセンスが問われる、のかもしれない。

荒木 愛さんのミカンの作品が3点あった。
私は白ベースの作品が好きで間の取り方が日本画らしくもあり、
微妙な金のふちなども好きだなぁ。黒ベースでミカンをいさぎよく
1点だけ描いた作品も良かったな。

他にもたくさんの作家さんの作品があったのだけど、結構私が好き
な作品がありました。日本画が多かったからですかね?小作品が
多い展覧会としてはなかなか見応えありでした。

今川教子さんの羽根と雲/空と地面と言った対比の世界で描かれ
る黒っぽい/白っぽい世界が特に気に入りました。
坪田純哉さんのカラフルな雨の跡
福井江太郎さんのダチョウの絵
安岡安蘭さんのセンスが好みな絵
松岡歩さんのぼやけた牛やドジョウ
小柳景義さんの柿やカブの絵に小さな人が入り込んでいる絵
小宮絵莉さんの白蛇の絵
あたりが好みでした。

   
   

 
飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―
東京国立博物館 本館 特別5室
1月12日から4月7日
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1556

全国に数多くある円空の彫った仏像。中でも飛騨周辺には多くある
ようです。飛騨高山の千光寺とその周辺のお寺などにある円空仏
を集めた展覧会です。それほど大きくない展示室でしたが中に入り
これだけ円空仏をまとめて見ることができるのが凄いな、と感激。
展示の仕方も良かったです。円空の手早く彫った仏像はそれだけ
に余計、持っている人の愛着が感じられる気がする。
そういえばいろいろな展覧会で円空仏は見ているけど円空だけの
展覧会は私は初めてでした。

 

 

シャガールのタピスリー展 二つの才能が織りなすシンフォニー
松濤美術館
2012年12月11日から1月27日
http://www.shoto-museum.jp/index.html
 
イヴェット・コキール=プランスがマルク・シャガールの作品を大きな
タピスリーとして紡ぎあげたものが松涛美術館の空間に出現。
地下の吹き抜けに飾られた数mものタピスリーは圧巻です。
シャガールの絵をそのまま織物として構成は出来ないので絵の
織物にするときに特徴をうまくアレンジする必要がある。実際に
今回の展覧会でリトグラフや原画と並べてみると、色合いが変わっ
ていたりグラデーションを省略したりしている。ただ、その変更具合
が決して元の絵の特徴を損なうものではなく、ある意味、特徴を
強調するようなものにもなっているのが素晴らしい。元の絵の特徴
を知り尽くし、その上で糸で構成されるタピスリーの特色を踏まえ
完成形が頭の中に入っていないとできない技ででしょう。
実際に糸指定の指示書があったのだがもうその指示書を描くだけ
で気の遠くなるような物でした。

 
   

 
shiseido art egg 久門剛史展
資生堂ギャラリー
1月8日から1月31日
http://group.shiseido.co.jp/gallery/exhibition/  

あちこちにある日常の小さな仕掛けが気づくか気づかないか
位の本当に些細な形であちらこちらに作用している。
それが空間全体のぼんやりとしたストーリーを生み出す、そう
いったインスタレーション作品。
あちこちの小さな仕掛け、と言うところで2年前に同じshiseido
art eggで選定されていた今村遼佑さんの作品を私は想起して
しまいました。ただ、久門さんの作品はよりストーリー性への
イメージを強調しているイメージでした。
個人的にはシンプルな今村さんのほうが好きですが、今後が
どういった感じで変わっていくのか楽しみな方です。

 

 

アジアの息吹
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1210/event/gallery.html
銀座三越 8階ギャラリー
1月9日から1月22日

日本/インドネシア/ベトナム/タイなどのアジア作家の紹介。
私が好きな陶芸作家さんの青木良太さんの器もありました。

また、ギャラリーの隣の和物コーナーで伊勢型紙デザイン風呂敷
が売ってました。今月頭に新宿伊勢丹でやっていて見逃した
「ふふふ、ふろしき祭」に出てたデザイナーが伊勢型紙文様を
使ってデザインした風呂敷です。ミナ ペルホネンデザインの小さ
い風呂敷を購入。
ふふふ、ふろしき祭
http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/shops/living_more/1301furoshiki/index.jsp

 

|

« 美術にぶるっ!/ソラリーマン・ジャパン・ツアー/髙山辰雄・奥田元宋 | トップページ | 新井淳一の布 伝統と創生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/56559649

この記事へのトラックバック一覧です: 0号の世界展/飛騨の円空/シャガールのタピスリー展/shiseido art egg 久門剛史展/アジアの息吹:

« 美術にぶるっ!/ソラリーマン・ジャパン・ツアー/髙山辰雄・奥田元宋 | トップページ | 新井淳一の布 伝統と創生 »