« 古道具、その行き先展/横尾忠則 初のブックデザイン展/影の色 杉本博司展/会田誠展/シブヤスタイル Vol.6 | トップページ | Gift in Bloom/Reflections/アートと音楽/MOTアニュアル/MOTコレクション »

フィンランドデザイン展/リヒテンシュタイン展

さてこちらも単独で書くべきエントリなのですが・・・手抜きでまとめて。
許して!(ま、誰も期待してないとは思うが)
以下2展をまとめて。
 
フィンランドデザイン展
サントリー美術館
 
リヒテンシュタイン展
国立新美術館
 
 
 
 
フィンランドデザイン展
サントリー美術館
11月21日から1月20日
 
素敵な展覧会です。北欧のガラスのデザイン集大成。
イッタラとかフィンランドだったのですね。
前半のシンプルで透明感のあるシャープなデザインの物たち。
後半のカラフルでアーティスティックな物たち。
どちらもうっとりするような物たちばかりです。
デザイナーとして有名なのはアールトが特筆されるかと。
イッタラから今も発売されているフラワーベースのぐんにゃりと
したあのデザインのフラワーベースは有名です。
その木型があったのが目を惹いたなぁ。
同じくアールト作品では花形の器のデザインなんだけど、その
大小の器を重ねていくと一つの大輪の花になる物。
あれは素敵だった・・・。
 
後半になるとアーティスト性が強くなって行き、カラフルな物や
正直機能としては何もないようなものも出てきてます。
ただ鳥をモチーフにしたり、一つ一つがとにかくかわいい!
ガラスと言う冷たいイメージのものがとてもコケティッシュに
見えます。
とてもおすすめの展覧会でした。
 
 
 
 
 
リヒテンシュタイン展
国立新美術館
10月3日から12月23日
 
オーストリアの外れにあるリヒテンシュタイン侯国。
その元首がウィーンに構える別邸「夏の離宮」に収められている
美術品が日本に来てます。
美術品の収蔵に力を入れていたリヒテンシュタイン家の素晴らしい
個人コレクションの公開です。
必見は・・・
夏の離宮の一間の再現とルーベンスコレクションでしょうか?
夏の離宮の一間「バロックサロン」の再現は部屋の再現に併せ、
美術品や調度品がそこに並びます。
天井画までもが再現しているのがすごい。
私が一番気になったのは複雑なアールの付いたチェスト。
あれはすごいです。

ルーベンスの作品もよくぞここまで・・・と言うもの。
他にもラファエロ、クラナッハ、レンブラント、ヴァン・ダイクと・・・
よだれが出るような作品がありました。
注:実際によだれで作品を汚してはいけませんよ!
クンストカンマーと呼ばれる技巧を凝らした工芸品やアジア陶器
のコレクションなども見どころ満載です。
 
これだけのものが日本に集まることはそうそうないでしょうね・・・。
 

|

« 古道具、その行き先展/横尾忠則 初のブックデザイン展/影の色 杉本博司展/会田誠展/シブヤスタイル Vol.6 | トップページ | Gift in Bloom/Reflections/アートと音楽/MOTアニュアル/MOTコレクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/56257651

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドデザイン展/リヒテンシュタイン展:

« 古道具、その行き先展/横尾忠則 初のブックデザイン展/影の色 杉本博司展/会田誠展/シブヤスタイル Vol.6 | トップページ | Gift in Bloom/Reflections/アートと音楽/MOTアニュアル/MOTコレクション »