« フィンランドデザイン展/リヒテンシュタイン展 | トップページ | essential EAMES展 »

Gift in Bloom/Reflections/アートと音楽/MOTアニュアル/MOTコレクション

最後にここ数週間で見たものをまとめてUPします。
※感想書くの追いつかずまとめて書きですいません・・・。

見たものは・・・

銀座三越8Fギャラリー
Gift in Bloom vol.4 展

ギャラリーアートポイント
Reflections 2012

東京都現代美術館
アートと音楽-新たな共感覚をもとめて
MOTアニュアル2012 風が吹けば桶屋が儲かる
MOTコレクション 私たちの90年 1923‐2013

 

 

Gift in Bloom vol.4 展
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1210/event/gallery.html
井上菜恵子×小林真理江×荒木愛×小方ゆり
銀座三越8Fギャラリー
 
知り合いの荒木愛さんの作品が出ているということで見てきました。
荒木さんの作品は岩絵の具を使った日本画のジャンルになるのです
が胡粉の白を滑らかに削って、岩絵の具では普段出ない様な滑らか
な表面の絵になっていたり、たらしこみを使っていたりと、また変化を
してきています。(しかし、胡粉使ったやつはあの値段だと、材料代の
ほうが高くつきそう。削っているので使っている量も多いだろうし。)
私が個人的に好きだった作品は黒地にミカンを一つ描いたもの。
黒字には金粉がちりばめられていて、画面に一つだけミカンが描かれ
ています。もう一つ好きだった白地に数個のミカンが描かれている絵
と合わせて間の使い方が上手いですね。日本画って間がとても大切
だと思ってます。それが上手く使われている絵は好きだな・・・。
あとは井上菜恵子さんの立体/半立体作品も好きでした。
 
 
 
Reflections 2012
http://art-point.jp/detail/?fn=d246.jpg
ギャラリーアートポイント
12月18日から12月28日
 
こちらも知り合いのあおひーさん参加のグループ展。
あおひーさんはピントがぼけた不思議な写真を撮る方ですが、
今回目を惹いたのは実はピントが合っているぞ、という一見
コラージュともエフェクトかけたとも見える写真。
これ実はコラージュでも無く、事後にエフェクトをかけたわけ
でもないと言うからおどろき。他の写真もいつもの流れを継承
しながらもモノクロだったり雰囲気が変わってきてます。
他にも以前別の画廊で見た大嶋仁美さんの白蛇の絵。大胆な
黒の字に光が躍って形作っている様な浅野あかねさんの絵、
などが気に入りました。
 
 
 
 
 
「アートと音楽-新たな共感覚をもとめて」
http://www.mot-art-museum.jp/music/
東京都現代美術館
10月27日から2013年2月3日
 
結構楽しみにしていた展覧会ですが・・・結果ちょっと残念でした。
とにかく良かったのはセレスト・ブルシエ=ムジュノの作品。
水の流れるプールの中に浮かぶセラミックの大小のお椀。
流れていくお椀がぶつかって音を奏でるというもの。
偶然の音楽とでもいうもの。素敵な空間でした。
他にもジョン・ケージの楽譜(4分33秒もありました)や4分33秒の
演奏映像。カンディンスキーやクレーの絵画。
カールステン・ニコライのミルクの画像及びそのアイデアを水で
やったものをスクリーンに映したもの、と様々な作品がありました。
ただ、池田亮司さんはあくまでも池田さん、大友良英さんは大友
さん、八木良太さんは八木さんの作風をそのままで正直目新しさ
はなかったです。
オノセイゲン+坂本龍一+高谷史郎に期待していたのだけど
低反射素材の壁の茶室の中に入り微妙な違和感を感じるという
なんか中途半端な物だったし・・・。
と言う具合で、どうも既視感があり中途半端感は否めない展覧会
と言う感想でした。
 
 
 
MOTアニュアル2012 風が吹けば桶屋が儲かる
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/140/1
東京都現代美術館
10月27日から2013年2月3日
 
こちらもどうも消化不良な感じが残りました。
初めの部屋の森田浩彰さんのパフォーマンスが書いてある紙を
読んで美術館中でそのパフォーマンスを探すという試みは楽し
かったです。思わずいろいろと探してしまいました。
ただ、他の作家さんが私にはピンとこなかった。
良くも悪くも似たような作風の方が多く、それに飽きたらもうダメ
的な印象です。 田中功起さんの展示も中途半端なイメージが
ありましたね・・・。
 
 
 
 
 
MOTコレクション 私たちの90年 1923‐2013 ふりかえりつつ、前へ
http://www.mot-art-museum.jp/collection/index201209.html
東京都現代美術館
10月27日から2013年2月3日
亀倉雄策、横尾忠則さんあたりの作品を思わず真剣に見てしまった。
伊庭靖子さんはもっとたくさん見たかったな。
デイヴィッド・ホックニーがそこそこあったのでそこらが好きな人には
イイのでしょうけど。
 

|

« フィンランドデザイン展/リヒテンシュタイン展 | トップページ | essential EAMES展 »

コメント

こんばんは。
先日はご来場頂きありがとうございました!

ピントが合ってるのにあれれというのはまた撮りたいと思っています。

投稿: あおひー | 2012/12/27 18:09

>あおひーさま
展覧会もうすぐ終わりですね。
あの試みもっと見たいです。
頑張って下さい!

投稿: KIN | 2012/12/27 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/56390920

この記事へのトラックバック一覧です: Gift in Bloom/Reflections/アートと音楽/MOTアニュアル/MOTコレクション:

« フィンランドデザイン展/リヒテンシュタイン展 | トップページ | essential EAMES展 »