« 棚田康司-たちのぼる。展 | トップページ | 篠山紀信展 写真力 »

田中一光とデザインの前後左右

21_21 DESIGN SIGHTに「田中一光とデザインの前後左右」
を見てきました。これは良かった!今年のベスト10に入るの
では?と思ってしまったくらい。

田中一光とデザインの前後左右
21_21 DESIGN SIGHT
9月21日から2013年1月20日

Img_3054

「生活のすべてがデザインなんだよ」と言うのが田中さんの言葉。

泣く子も黙るかどうか知らないけれど、田中一光さんと言えば
グラフィック界の大御所です。デザインに関わっている人なら
もう避けては通れない道ですね。

廣村正彰さんがこの展覧会の会場構成やグラフィックデザイン
を手掛けてますが、下手なことは出来なかったようでシンプル
に、そして大胆にまとめてます(廣村さんはそう言うシンプル
なの得意ですが)。

下の写真は田中さんが色の選定に関わったカッティングシート
(レギュラーシリーズ100色は田中さん選定)と色紙「タント」を
使ったインスタレーションの展示。

Img_3061

Img_3058

Img_3059

何と言うのですかね、、、力があるのですよ、デザインに。
デザインには避けて通れないのが「好き嫌い」なんですが・・・
その好き嫌いを超えた力があるのですよね。

それに加えてどの作品も日本的イメージを受けます。
たとえ英語を使おうが和物的要素がなかろうがすべてどこかの
ベースに日本が見え隠れしてるのです。
その理由の一つとして田中さんのデザインは琳派に影響を受け
たと言います。その元ネタなんかも会場内で明かされてます。
また、茶人として有名な方なのでその様なエッセンスがどこかに
出てきてしまうのでしょう。日本語フォントにも力を入れてました。

田中さんがロゴやブランドに関わったのだけでも上げたらキリ
がなく・・・
無印良品、西武、イッセイミヤケ、ロフトなどなど。
無印良品などはロゴだけでなくブランド自体や製品に対しての
トータルディレクションを手掛けてます。
展示の中にもワンコーナーあり、無印の心構え!みたいなもの
が判るようになってます。
ggg、ギャラリー間には運営にも関わっていたようです。

空港の壁画などもモダンなのに和の図柄が元になっていたり。
ツバキのデザインの要素をバラバラに分解して別のデザインに
使ったり、と様々な手法を使い、日本人ならではのエッセンスを
デザインに取り込んでます。

最後の方のコーナーには参加型インスタレーションもあったり。

とにかく、この展覧会は必見です。

|

« 棚田康司-たちのぼる。展 | トップページ | 篠山紀信展 写真力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/55859695

この記事へのトラックバック一覧です: 田中一光とデザインの前後左右:

« 棚田康司-たちのぼる。展 | トップページ | 篠山紀信展 写真力 »