« (呼吸する環礁(アトール):モルディブ・日本現代美術展)帰国展、レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想 | トップページ | トーマス・デマンド展、他 »

BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展、他

オペラシティにBEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展見てきました。

一緒にやっていたのは
収蔵品展041 難波田龍起・舟越保武 精神の軌跡
project N 49 関口正浩
の2展。
 

BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展
オペラシティアートギャラリー
4月13日から9月2日

事前に見たり聞いたりした評価はあまり良くないものが多かった。
ま、少なくともあれはアートではない?、的な意見をよく見た。

確かに・・・私の意見としてもあれがアートかと言われると・・・
違うだろうなぁ、的な意見ではある。

では、改めて何がアートなの?何があればアートなの?何が
足りないからアートではないの?と思ってしまう。
信念?意志?教養?なんだろう?答えは出てない。

オペラシティにあるような作品とか、便器に名前書いた様な作品
の派生物、そのようなものと何が違うのだろう?

エンターテインメントや笑いを求めたらアートではないのだろうか?

うーん・・・。

と意外にいろんなことを考えてしまった展覧会でした。


同時に収蔵品展とproject Nも見ました。

収蔵品展041 難波田龍起・舟越保武 精神の軌跡
オペラシティアートギャラリー
4月13日から9月2日


project N 49 関口正浩
オペラシティアートギャラリー
4月13日から9月2日

|

« (呼吸する環礁(アトール):モルディブ・日本現代美術展)帰国展、レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想 | トップページ | トーマス・デマンド展、他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/54765467

この記事へのトラックバック一覧です: BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展、他:

« (呼吸する環礁(アトール):モルディブ・日本現代美術展)帰国展、レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想 | トップページ | トーマス・デマンド展、他 »