« 気になるメモ(アート編)20120417 | トップページ | Lady Dior As Seen By »

桜・さくら・SAKURA 2012@山種美術館

山種美術館で「桜・さくら・SAKURA 2012」を見てきました。
これはアートブログ「弐代目・青い日記帳」のTakさんが企画した
もので閉館後の美術館でアートファンが集まり、さらには館長
さんがギャラリートークをおこなってくれる、というもの。
山種美術館「桜・さくら・SAKURA 2012」山崎館長ギャラリートーク
この様な試みは今年に入って2回目。すごく良い企画でした。
 

桜・さくら・SAKURA 2012
山種美術館(恵比寿)
3月31日から5月20日 月休

その名の通り「桜」テーマにした展覧会。

前半は日本の各土地をテーマに切り取られた桜の絵が並ん
でいます。
関西のコーナーではいきなり奥村土牛「醍醐」が迎え入れて
くれてます。同じ奥村土牛「吉野」の良かった。
個人的にはやはり東山魁夷の色が好きですね。
他にも加山又造、速水御舟、小林古径などがそろい踏み。

関西以外に力が入っている地域が東北。あんな事があって
も東北の自然は力強くそこにある、という感じです。
奥入瀬渓流、行きたいなぁ・・・。

後半は桜をモチーフにした様々な絵が並びます。
純粋に桜の木を描いた物。桜の枝や花に焦点をあてた物。
さらには桜を通して人を描いたもの。
加藤登美子「桜の森の満開の下」は坂口安吾の「桜の森
の満開の下」をモチーフにしたものだという事。
これはすごく目を惹きます。肉感や狂気が表されている。
他にも横山大観、千住博作品など・・・。

さくら、というありふれていながらも日本人の心を強く掴む
その題材は様々な絵としてここで私たちを待っています。
ま、花見ができなかった私にとってはこれで花見に置き
かえさせて頂きました!


|

« 気になるメモ(アート編)20120417 | トップページ | Lady Dior As Seen By »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/54516541

この記事へのトラックバック一覧です: 桜・さくら・SAKURA 2012@山種美術館:

« 気になるメモ(アート編)20120417 | トップページ | Lady Dior As Seen By »