« 見聞メモ、ギャラリー等々 | トップページ | 2011年の展覧会10本!(アート/建築/デザイン等) »

見聞メモ、デザイン関連イベント

たまっていった見聞メモ、デザイン関連イベント等をまとめて。
(全部終わってしまっているので本当に自分の為のメモ・・・)

東京デザイナーズウィーク2011
Hermès, la Maison エルメスの家
DESIGN TIDE TOKYO
Tokyo Midtown DESIGN TOUCH
TAKEO PAPER SHOW 2011「本」

東京デザイナーズウィーク2011
明治神宮外苑
11月1日から11月6日

以前に比べて少し訴求力が落ちたかな、と思っては居ても
やはりデザイン週間の中では草分け的で見所も多いのが
このデザイナーズウィークです。去年などは是非に見に行き
たい!とまでは思わなかったのですが久々に行ってみると
あら、やはり面白いのね、と言う感じでした。
アートファンとしてはミズマアートや小山登美男ギャラリー、
その他G-TOKYO関連のギャラリーコーナーがあるのも
嬉しい楽しみです。

で、今回の中で一番気に入ったのがコンテナでやっていた
皿を使ったインスタレーション。実際に皿を並べ食事を並べ
食べていくのを撮影→それと同じレイアウトで皿を並べた
物に投影していくという物。これは好きだな。
id+frと言うユニットのA Full-course Tableと言う作品。
0_231

他にもコンテナはZAGATが協力して食にまつわる展示が
沢山ありました。富士通の参加型で音楽を作る物もイイ。
屋外は他にも学校単位で見せる色々なドームなどがあり。

会場内ではドコモのブースも力はいってました。
スマートフォンの魅力を訴える体感インスタレーション。
0_183

TOTOや積水ハウスなどのメーカ展示も楽しめた。
学生展示もお金はないけど労力や時間は有るという
事でビジネス展示とは違う視点の展示が多くイイ。

日本の工芸品などを紹介するコーナーは木材の林の様な
作りになっていて空間として目を惹いてました。
「未来遺産」と言う名称もイイナ。
0_145

デザイナーズウィークらしく色んなプロダクトを紹介する所
にはスルメを使った照明など・・・
0_096

さて一番の楽しみのアートエリア。ミズマアートのコーナー
は見応えありました。このラインナップは卑怯だよ!って
位に力はいってます。参加作家さんは以下の通り。
鴻池朋子さんの大作も良いし、宮永愛子さんと棚田康司
さんの作品が揃っているエリアなどは嬉しい限りです。
「エルピスの空」と言うタイトルの展覧会としてました。
0_082_2

小山登美男ギャラリーコーナーもTKGならではの作家が
集まっていましたね。アートファン以外にはミズマの方が
派手で楽しめるかな?
0_081

Hermès, la Maison エルメスの家
東京ミッドタウン・アトリウム
10月15日から11月6日

エルメスが家具のラインナップを出すと言うことで今回
ミッドタウンの吹き抜け部分に建築家坂茂さん設計の
紙管の家を建てその家の中で家具の展示をしてました。
ミラノサローネでエルメスのメゾンとして発表した時の
展示の様です。現代のインテリアデザイナーの新作
家具をエルメスという名前を冠して売る・・・どんな人が
買うのでしょうか?私ではないだろう・・・。
0_042

DESIGN TIDE TOKYO
東京ミッドタウン・ホール
10月29日から11月3日

ミッドタウンホールでやっているデザインタイドのメイン会場を
見てきました。今年の会場デザインはプロダクトデザイナーの
中坊壮介さんが担当。柔らかな明かりと共に白い布で会場を
包み込んでいました。ただ、照明を据え付けるために周囲に
スペースが必要だったりと機能としては勿体ない作りがあった
部分が気になりました。正直去年の中村竜治さんの会場構成
の方が良かったなぁ。中身の作品なども今年はあまり興味が
惹かれたものは無かったかも。
rabbit holeと言うプロジェクトのリンゴの形をした鉛筆削りとか
好きだったな。

Tokyo Midtown DESIGN TOUCH
東京ミッドタウン
10月28日から11月6日

メイン会場としては芝生広場に展開されている大きなフラット
テーブル(地面が斜めなのでテーブルも斜めに見える)及び
虹の風車。子供向けのイベントなどをここで展開してます。
0_065

また、DESIGN TOUCHの一貫として展開されているのが
Tokyo Midtown Awardで公募によるアートとデザイン作品
を展示投票してます。

アート部門
Tokyo Midtown Award
0_038

0_035

デザイン部門
0_033

またミッドタウン内あちこちで展示をしておりISSEY MIYAKE
の腕時計のラインナップ展示もあり。
ISSEY MIYAKE watch project


TAKEO PAPER SHOW 2011「本」
竹尾見本帖本店、他
10月20日から11月4日

震災によって(?)延期されたTAKEO PAPER SHOWがデザイン
週間に復活です。
延期による会場変更となったのか元々こちらでやる予定だった
のかは判りませんが以前にスパイラルや丸ビルでやっていた
規模より小さくなってしまった感が強いのは否めません。
その代わりサテライト会場として都内(京都などもあり)各地の
本屋や文化的な匂いのする場所あちこちで関連展示を実施。
こう言う取り組みはデザイン週間っぽいのもありイイな。
ま、そうは言ってもサテライトどこも見に行ってませんが。

で、メイン会場ですが今回のテーマは「本」。
展示としては仕掛けや演出で大きな物はなくやはり今までと
比べてしまうと見劣りしてしまうかな、と言う所。
でも、紙に係わる方で有れば基本に立ち返ったイイ展示だった
のでは無いでしょうか?
色々な著名人が自分の思い入れのある本を選びそれについて
読み解いていくと言う物。本交換システムなんかもあり取り組
みとしては面白いです。
今までの派手目な展示からは見劣りするとはいう物の紙という
本質を考えるには今までが演出過多であり今回の方が本質的
だとも取れます。
ただ、見る方としてはもうちょっと楽しめる演出が欲しかったな、
と言うのも本音ですが。

|

« 見聞メモ、ギャラリー等々 | トップページ | 2011年の展覧会10本!(アート/建築/デザイン等) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/53127513

この記事へのトラックバック一覧です: 見聞メモ、デザイン関連イベント:

« 見聞メモ、ギャラリー等々 | トップページ | 2011年の展覧会10本!(アート/建築/デザイン等) »