« 清澄白河ギャラリーめぐり | トップページ | 献花 »

六本木ギャラリーめぐり

もう10日程前の記録も最後に、、、
ようやく追いついた。
でも、最近はどこも行ってない&今週末も行けなさそう。
なので暫くエントリが空くか、、、(書く事無し)。
 

半田真規「六本木モスク」
OTA FINE ARTS
9月10日から10月15日

ギャラリー中央の立体物。そして壁に掛けられている作品。
それぞれイスラム のシンボルのようですが何か薄い膜のよう
なものが表面に掛けられています。それがバターミルクと。
バターミルクが中東やインドのものだから、でしょうか?
バターミルクって飲んだことないなぁ。
 
 
Fiona Tan"'Rise and Fall' and New Works"
WAKO WORKS OF ART
9月10日から10月15日

良い作品でした。横並び2面の映像。水が流れ、滝となって
落ちていく。そして若い女性、年取った女性、それぞれの
映像が映りだされる。それぞれ同じような行動をとっている
だけに比較してしまう。年をとった肌と、若い肌、等々。
ただ・・・決して若いからRiseであり、年取ったからFall
ではないのかな、と思うこともあるのでは、と思った。
では、何がRiseで何がFallなのか?それの答えがそこにある
訳でもない。それに答えを出す必要もないし、判らないまま
でもイイのだと思う。
この方の作品はもっと見たいですね。
※Rise and Fall、と言うことどうしてもDavid Bowieのあの
 アルバムを想像してしまう。この前、ミズマアクションで
 見た(聴いた)スーザン・フィリップスのCDの影響もある
 かな・・・。
 
 
林 舒 「鴆」
ZEN FOTO GALLERY
9月10日から10月13日

タイトルの「鴆」。初めは「ぬえ(鵺)?」かと勝手に思って
いましたが「ちん(鴆)」と言う中国の伝説の鳥なんですね。
猛毒を持った鳥という話でそれで英語タイトルが「Toxic」か。
 
 
森山 大道 写真集「ACCIDENT」インスタレーション展
Taka Ishii Gallery Photography / Film
9月22日から10月22日

森山さんの写真集「Accident」。蛇腹本として各ページが繋が
っているのをギャラリーでオール見開き(?)で見せています。
 
 

上記に加え、麻布からこの六本木の同じビルに移転してきた
ロンドンギャラリー本店も見てきました。
ロンドンギャラリー

白金高輪の方に一度行っただけですが、やはり素敵な空間と
すばらしい古美術、それに組み合わせた現代アート。
今回は杉本博司さんの作品が掛け軸になってました。
奥の部屋に須田悦弘さんの作品もあったようなのですが、
その部屋は来客打ち合わせで使っており見ることでず残念。

|

« 清澄白河ギャラリーめぐり | トップページ | 献花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/52863925

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木ギャラリーめぐり:

« 清澄白河ギャラリーめぐり | トップページ | 献花 »