« ニューアート展2011NEXT「Sparkling Days」 | トップページ | 石川直樹「8848」 »

ドラゴンクエスト展

えー正直ドラクエやったことありません。ファイナルファンタジーは
あるんですけどね。でも鳥山明が原作というのは知ってます。
鳥山明と言えばリアルタイムはアラレちゃんなのかドラゴンボールな
のかそのドラゴンボールZなのかなどと言ったら年齢ばれますがね。

そんな私がドラクエ展行って来ました。
 

ドラゴンクエスト展
森アーツセンターギャラリー
10月8日から12月4日

力はいってますね。チケット売り場の前にあったスライム。
メインの森美術館のメタボリズム展をさしおいて!
0_030

ドラクエやった事無いそんな私もとても楽しめました!
入り口ではまずはゲーム同様に4つの職業を選択。
戦士、武闘家、魔法使い、僧侶の4つのカードの中からどれかを選択。
展示コーナー各所にある謎を解き明かします。カードの設問の答えの
所を穴明けしていきます(ビンゴカードのアレね)。

0_032

展示はドラクエ1から始まる25年のゲームシーンや設定、鳥山明氏の
絵などが飾ってあり、その合間合間に原寸大モンスターが居ます。

0_035

さて、そんなこんなしている間に竜王の城につきました。
待ちかまえているのはもちろん「竜王」。
旅人(来場者)の各職業の中からそれぞれ一人ずつ代表者を決め
前に出て行きます。そこで武器を渡され竜王との対決です。
剣で攻撃し、魔法で治癒し、呪文を唱えてなんとか竜王を退治。
と思ったら・・・(ここまで映像の竜王と対決でした)
なんと、竜王が本来の姿で蘇り復活!(シースルースクリーンの
向こうに竜の実体が出てきました!それも動いている!※これは
バルーンの竜のようですね。それでゆらゆら動いてました)
再度、4人のパーティー達は戦いを挑み・・・撃破!
ここでも設問の解答が出てきます。

0_036

それからは資料コーナーで鳥山明氏の原画(鳥山さん天才です!)
や音楽、昔のファミコンやパッケージ、ポスター、設定資料集
などが展示されてます。ここが私は面白かったなぁ。

次に各ゲームを体験できるコーナーがあり、色々なグッズ紹介が
あり、そして今度の新作ドラクエXの紹介コーナーがありました。

0_041

最後に先のカードの穴明け部分をプレートにかざすとキーワード
が浮かび上がってきてそれを唱えれば「勇者の証」を貰うことが
出来るのです。
※この証を持って再入場すると竜王との戦いで何かあるようです。
※当日再入場は300円払えば出来ます。別の日の再入場は正規の
 料金から300円引き。

おっと、道具屋(グッズショップ)やルイーダの酒場(カフェ)
にも忘れずに立ち寄りましょう。

0_047

いつもの夜景の見えるカフェがドラクエ色に染まってます。

0_044

いや、もちろんモンスターや各展示のパネルなどはお金もかかっ
てますけど、演出的にはよく考えられているなぁ、と言う感じ。
凄く特別なことやらなくても楽しいのは世界観やキャラの力も
あるのでしょうけど。

楽しめました。


※下のミュージアムショップ横のROPPONGI HILLS A/D GALLERY
 ではコバヤシ麻衣子「かなしいライフ」と言う変わった犬のイラスト
 チックな絵の個展が開催されてました。

|

« ニューアート展2011NEXT「Sparkling Days」 | トップページ | 石川直樹「8848」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/53080700

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンクエスト展:

« ニューアート展2011NEXT「Sparkling Days」 | トップページ | 石川直樹「8848」 »