« 石川直樹「8848」 | トップページ | 渋谷西武:TARO LOVEとJ-POP »

畠山直哉展「Natural Stories」

先に書いた石川直樹さんの個展と同じ日に見に行ったのが
畠山直哉さんの写真美術館での個展。
畠山直哉、石川直樹、鈴木理策の3人は私の中で「今」と
言う時代を表す代表的な3人の写真家だと思っています。
それを一日に2人の展覧会見ることが出来る幸せ・・・。
※番外が本城直季さん、ですかね。
 

畠山直哉展「Natural Stories」
東京都写真美術館
10月1日から12月4日

さて、畠山さん展示も良かったです。
過去の既に見たこと有るシリーズも含めて集大成のような
展覧会になってました。

工場、採掘場、岩山の爆破風景など。
写真だけでなく写真を連続スライドショーにした展示など
もありました。
タイトルがナチュラル・ストーリーズで、山などの写真も
もちろんありますがそこには何故か人が何らかの関わりを
持っている気がします。自然を通して人の生活との関わり
を映し出しているような気がします。

そして畠山さんが生まれ育った陸前高田市の景色。勿論、
311後の・・・。
そこにも生活はありました。
ここのスライドショー展開の写真の中で川の上に浮かび
上がる花火の写真が私の中に残りました。
一見、美しい写真ではありますが、そこには映ってない
震災の被害、そしてその花火に込められただろう祈り、
復興に向かう生活、哀しみそれらが映っていない分、
より強く感じられるような写真だと思いました。

|

« 石川直樹「8848」 | トップページ | 渋谷西武:TARO LOVEとJ-POP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/53080912

この記事へのトラックバック一覧です: 畠山直哉展「Natural Stories」:

« 石川直樹「8848」 | トップページ | 渋谷西武:TARO LOVEとJ-POP »