« 青山裕企展 schoolgirl complex、川上元美 デザインの軌跡等 | トップページ | 雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂 »

佐賀町アーカイブ 内藤礼展、柳宗悦展、手仕事直売所

オラファーエリアソンが今デンマークでやっている個展で出している
新作「your rainbow panorama」がやばい位に凄い。
これ作品と言うより建築物だよ。デンマーク行きたい・・・。
your rainbow panorama

ギャラリー小柳でクリスチャンマークレー!これも見たい。
Christian Marclay: Scrolls
ギャラリー小柳 10月25日から12月22日


さて、
佐賀町アーカイブ COLLECTION plus, 2 内藤礼展
柳 宗悦展
銀座・手仕事直売所
など行って来ました。
 

佐賀町アーカイブ COLLECTION plus, 2 内藤礼展
佐賀町アーカイブ
9月16日から12月4日

代表作とも言える1991年の佐賀町エキジビット・スペースでの内藤礼さんの
個展「地上にひとつの場所を」の為のドローイングと幾つかの繊細な新作。
ドローイングはきっとあのインスタレーションを体験した人なら深く感じ
る事が出来る物でしょう。
私は佐賀町エキジビット・スペースの後釜であるライスギャラリーby G2で
2002年に「地上にひとつの場所を」を見ました。ただ、これ、同じタイトル
なんですが少し中身が違うのですね。それでも今回のドローイングの感じで
あの時の体感を思い出しました。
あの時が「インスタレーションって凄いな」と言う体験になり現代アートに
入り込むきっかけになった、と言っても過言では有りません。
それまではデザイン、と言う所からの流れでアートも好き、って位だったの
でしたがあれが始めてアートって凄いな、と思った体験でした。
食糧倉庫の取り壊しが決まっていてライスギャラリーby G2単体としては
最後の展示だったのですよね。

内藤礼さんについてはだいぶ前ですが一度エントリで書き連ねたことがあり。
すきなもの、内藤礼

没後50年・日本民藝館開館75周年 -暮らしへの眼差し- 柳 宗悦展
松屋銀座9Fイベントスクエア
9月15日から9月26日

柳 宗悦さんの姿勢や考え方真っ直ぐ、好きな人にはたまらない展示でした。
知識で見ず、直感で見る・・・
生活にとけ込んでいる手仕事「民藝」を取り上げそれを日本の文化として
評価した方です。世の中一般では息子さんのプロダクトデザイナー・柳宗理
さんの方が有名でしょう。柳宗理さんのデザインの素はここにあったんだ
なぁ、と言う見方をしてもイイかもしれません。
白樺派から始まり身の回りの物を見直すきっかけとなった一つの朝鮮焼き物。
それから日本にある身の回りの民芸まで。それこそ焼き物、木工、金物工、
場所もアイヌから沖縄まで様々な手仕事に注目した柳宗悦さんの視点を元に
この展示は成り立っています。
河井寛次郎、濱田庄司、棟方志功と言った付き合いのあった人の作品もあり、
もちろんのこと柳宗理デザインのものもありました。
あらためて日本の文化に触れる良い機会の展示です。
心は物を離れてはなく、また物も心を離れてはあるまい、と言うことらしいです
が私は物は好きだがそれ程までに心を入れているだろうか???

さて、その柳宗悦展出口を出るとそのままやっているのが・・・
銀座・手仕事直売所(9月15日から9月26日)

手仕事系の物販展になってます。これがまた・・・私のような人間を口を
空けて待っていたのではないかと言う位にイイね!と言う物が多くて。
久々に物欲アリ地獄にはまりました。
SyuRo、ヤマサキデザインワークス、イイホシユミコ、美篶道、開化堂、
小鹿田焼きの陶器などなど、うわー欲しいなぁ、と言う物ばかり。
ただ、あまり欲しい物が沢山あって頭の中が整理できず、逆にここから早く
逃げ出さないとまずい!と思い買った物は1点のみで逃げられなくなる前に
退散しました。買ったのはSyuRoのステンレスのお皿でした。
SyuRo

|

« 青山裕企展 schoolgirl complex、川上元美 デザインの軌跡等 | トップページ | 雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38654/52783636

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀町アーカイブ 内藤礼展、柳宗悦展、手仕事直売所:

» 「柳宗悦展」 松屋銀座 [はろるど・わーど]
松屋銀座本店8階イベントスクエア 「没後50年・日本民藝館開館75周年 暮らしへの眼差し 柳宗悦展」 9/15-26(会期終了) 日本民藝の祖、柳宗悦(1889-1961)の業績を辿ります。松屋銀座で開催されていた「没後50年・日本民藝館開館75周年 暮らしへの眼差し 柳宗悦...... [続きを読む]

受信: 2011/10/01 01:59

« 青山裕企展 schoolgirl complex、川上元美 デザインの軌跡等 | トップページ | 雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂 »