« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

雲蝶を巡る旅(魚沼)その弐: 穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺

雲蝶の旅、その2です。

先日、新潟の魚沼へ越後のミケランジェロと称される彫刻家、
石川雲蝶の作品を見に行きました。
お誘い頂きましてご一緒だった皆様は早速ブログUPしており
・一村雨さん→つまずく石も縁の端くれ
・Takさん、yukiさんご夫婦→弐代目・青い日記帳
・あおひーさん→あお!ひー
・zaikabouさん→日毎に敵と懶惰に戦う
と言う面々での旅でした。

雲蝶は新潟各所において神社仏閣の欄間彫刻などを彫った
人です。新潟県内では三条や長岡方面にも作品があるよう
ですが今回は日帰りというのもあり魚沼にある5箇所に絞り
見てきました。

雲蝶は新潟各所において神社仏閣の欄間彫刻などを彫った
人です。新潟県内では三条や長岡方面にも作品があるよう
ですが今回は日帰りというのもあり魚沼にある5箇所に絞り
見てきました。

石川雲蝶、美の巨人でも取り上げられた事もあり新潟県では
観光ネタとして押しているようでパンフレットまで発行されて
いました。
Pamph0

このパンフレットはWEBからも見ること出来ます。
新潟県デジタル観光パンフレット
→越後のミケランジェロ 石川雲蝶ガイドブックを参照

にいがた観光ナビと言うWEBでも特集されてます。
特集 越後のミケランジェロ 石川雲蝶

見てきた5箇所のうち穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺
3箇所のエントリをあげます。
残りの2箇所、永林寺と西福寺開山堂の2箇所は先に
挙げたのエントリで。
雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂
 

続きを読む "雲蝶を巡る旅(魚沼)その弐: 穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂

先日、新潟の魚沼へ越後のミケランジェロと称される彫刻家、
石川雲蝶の作品を見に行きました。
お誘い頂きましてご一緒だった皆様は早速ブログUPしており
・一村雨さん→つまずく石も縁の端くれ
・Takさん、yukiさんご夫婦→弐代目・青い日記帳
・あおひーさん→あお!ひー
・zaikabouさん→日毎に敵と懶惰に戦う
と言う面々での旅でした。

雲蝶は新潟各所において神社仏閣の欄間彫刻などを彫った
人です。新潟県内では三条や長岡方面にも作品があるよう
ですが今回は日帰りというのもあり魚沼にある5箇所に絞り
見てきました。

石川雲蝶、美の巨人でも取り上げられた事もあり新潟県では
観光ネタとして押しているようでパンフレットまで発行されて
いました。
Pamph0

このパンフレットはWEBからも見ること出来ます。
新潟県デジタル観光パンフレット
→越後のミケランジェロ 石川雲蝶ガイドブックを参照

にいがた観光ナビと言うWEBでも特集されてます。
特集 越後のミケランジェロ 石川雲蝶

見てきた5箇所のうち、まずは永林寺と西福寺開山堂の2箇所
のエントリをあげます。
残る穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺は次回エントリで。
雲蝶を巡る旅(魚沼)その弐: 穴地十二大明神、長恩寺、龍谷寺

 

続きを読む "雲蝶を巡る旅(魚沼)その壱:永林寺、西福寺開山堂"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

佐賀町アーカイブ 内藤礼展、柳宗悦展、手仕事直売所

オラファーエリアソンが今デンマークでやっている個展で出している
新作「your rainbow panorama」がやばい位に凄い。
これ作品と言うより建築物だよ。デンマーク行きたい・・・。
your rainbow panorama

ギャラリー小柳でクリスチャンマークレー!これも見たい。
Christian Marclay: Scrolls
ギャラリー小柳 10月25日から12月22日


さて、
佐賀町アーカイブ COLLECTION plus, 2 内藤礼展
柳 宗悦展
銀座・手仕事直売所
など行って来ました。
 

続きを読む "佐賀町アーカイブ 内藤礼展、柳宗悦展、手仕事直売所"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

青山裕企展 schoolgirl complex、川上元美 デザインの軌跡等

昔と比べてセンチメンタルな嘆きがブログから無くなったのは
私という人間が安定したから、ではありません。センチメンタル
な面は別の所で出ているのです。

さて、青山裕企展、川上元美展の感想を。
 

続きを読む "青山裕企展 schoolgirl complex、川上元美 デザインの軌跡等"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表参道周辺デザイン廻り

気になるメモをこの前まとめたばかりだけどこの3点も行き
たいなぁ。

没後50年・日本民藝館開館75周年
-暮らしへの眼差し- 柳 宗悦展

松屋銀座8F(銀座)
9月15日から9月26日

国際建築イラストレーション展
ポーラミュージアムアネックス(銀座)
9月17日から10月2日

二階堂明弘 陶展
ギャラリーワッツ(表参道)
9月26日から10月1日

さて、先日書いたエスパス ルイ・ヴィトン東京の展覧会見た
あとに久々に表参道周辺ショップやインテリアプロダクトなど
巡ってました。こういうの久々にした気がします。
楽しいね(暑かったけど)。こう言うのやっていると女の子と
デート出来なくなるのよね。(いや、相手居ないけど、苦笑)
 

続きを読む "表参道周辺デザイン廻り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザインウィークあたりのデザイン展メモ

10月末から11月頭にかけてのデザイン週間あたりのメモ。

メイン展覧会はこんなもんかな?細かいのは他にも沢山
やっているから色々と絡められたら良いけど。

TOKYO DESIGNERS WEEKにはアートコーナーもあり(昨年
と同じくミズマアートさん参加、あとは小山登美夫さんも?)
渋谷パルコのシブカル祭。は女性アーティストが参加する
のでアートファンも必見ですね。


DESIGNTIDE TOKYO 2011
東京ミッドタウン・ホール他(六本木)
10月29日から11月3日
※去年の中村竜治さん会場デザインは良かったな。さて今年は?


GOOD DESIGN EXHIBITION 2011
東京ミッドタウン・デザインハブ(六本木)
10月3日から11月13日
※今年のグッドデザイン賞受賞発表。


Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2011
ミッドタウン・ガーデン 芝生広場他(六本木)
10月28日から11月6日
今回はなんとDESIGN TOUCH Parkとして芝生広場がメイン会場(?)。
様々なワークショップを実施して子供にも楽しんで貰おうと、言う
スタイルのようです。デザイン監修はトラフ建築設計事務所。
※この期間はデザインタイドやタッチ関連で他にも様々なデザイン
 イベントが開催されています。


TAKEO PAPER SHOW 2011「本」
見本帖本店2F+サテライト会場(神保町、竹橋)
10月20日から11月4日
※春の中止から復活しました!メンバーが豪勢です。
 赤木明登、赤瀬川原平、天野祐吉、安 尚秀、安野光雅、
 石上純也、糸井重里、今福龍太、岩崎一郎、
 リー・エーデルコート、太田徹也、柏木 博、勝井三雄、
 加藤賢策(東京ピストル)、上島松男、ガリマール、
 工藤恭孝、隈 研吾、クラフト・エヴィング商會、小泉 誠、
 後藤繁雄、小林弘人、五味太郎、小山薫堂、坂田和實、
 佐藤可士和、佐藤隆信、佐藤 卓、佐藤直樹、柴田文江、
 朱鍔、杉浦康平、杉本博司、鈴木芳雄、須藤玲子、
 千 宗屋、瀧本幹也、竹原あき子、谷川俊太郎、津村耕佑、
 遠山正道、中川 淳、中島信也、長友啓典、西沢立衛、
 間 奈美子、橋本麻里、羽鳥和芳、幅 允孝、林 望、
 平野啓一郎、平林奈緒美、廣瀬通孝、深津貴之、
 福田和也、藤幡正樹、藤本壮介、前田ジョン、松岡正剛、
 松永 真、松本弦人、水越 伸、皆川 明、港 千尋、
 宮川和夫、三宅一生、宮島達男、ラーズ・ミュラー、
 向井周太郎、室賀清徳、茂木健一郎、柳本浩市、
 山口昭男、山下裕二、山田尚郎、山中俊治、
 ヨーガン・レール、マイケル・ロック(2×4)


パルコの女子文化祭 シブカル祭。
渋谷パルコ(渋谷)
10月28日から11月7日
※女子クリエーター作品が渋谷パルコに集結。
 さとうかよ、chim↑pom、松井えり菜等のアート系も
 居ますね。
 アルテミスイチコ、磯部昭子、市橋織江、うつゆみこ、
 えぐちりか、onnnacodomo、河野未彩、小林エリカ、
 さとうかよ、佐野方美、JENNY FAX、sina、篠原奈美子、
 関根綾、チェルシー舞花、chim↑pom、でんぱ組.inc、
 tokyodolores、永瀬沙世、藤原江理奈、本田彩乃、
 松井えり菜、MARCO、水尻自子、Ly


TOKYO DESIGNERS WEEK2011 環境×デザイン
明治神宮外苑(外苑前)
11月1日から11月6日
※会場設計はフロリアンブッシュ。
 今年もミズマアート企画のコーナーあり。


また、面白いの見つけたら追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「GEOMETRY OF LIGHT」ALYSON SHOTZ

エスパス ルイ・ヴィトン東京での2回目の展覧会、アメリカの
作家アリソン・ショッツさんの展覧会を見てきました。
前日の内覧会に行った人の話を聞きこれは!と思い颯爽と
初日に行って来ましたよ。
15時位の光が降り注ぐ時間から夕方までの光の移り変わり
が見所、と聞いたので素直な私は15時頃に行く事に。
ただし、残念な光景もあったのだけど・・・。
 

続きを読む "「GEOMETRY OF LIGHT」ALYSON SHOTZ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるアートメモ0908(0902改)

いつものアートメモ、幾つか追加・・・する程度の予定だったのが
調子乗って増やしすぎました。なので新エントリにしました。
全部見るのは無理です。


理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル
パナソニック電工 汐留ミュージアム(汐留)
7月16日から9月25日 月休
※これは良かったな。→

「家の外の都市(まち)の中の家」
オペラシティアートギャラリー(初台)
7月16日から10月2日 月休
※ヴェネチアビエンナーレ建築展帰国展。
 北山恒、アトリエ・ワン(塚本由晴・貝島桃代)、西沢立衛など。
 うーん、私にはイマイチでした→

アレハンドロ・アラヴェナ
ギャラリー間(乃木坂)
7月27日から10月1日 日月祝休
※こちらも私にはイマイチ→

山本基 しろきもりへ-現世の杜・常世の杜-
彫刻の森美術館(箱根)
7月30日から2012年3月11日
※震災で延期になっていたのが復活!
 美しき塩のインスタレーション。

横浜トリエンナーレ 2011
横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫、他(横浜)
8月6日から11月6日
※早いなぁ、あれから3年か。今年は3年でちゃんと出来たのね
 (って3年じゃなかったのは初めだけなのにずっとこれ言われ
 るな、このトリエンナーレ)。
 まあ、色々問題はありますが行けばそれなりに楽しい。
 済み→横浜美術館日本郵船海岸通倉庫

ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 映画とその周辺
ラフォーレミュージアム原宿(原宿)
8月20日から9月19日
※これは良かった。変態まっしぐら。真性変態です。→
※夏公開の新作映画記念で京都の展覧会が巡回してくる。
 加えて9月には過去の作品の傑作選が新宿の映画館で。
 新宿K's cinema「シュヴァンクマイエル傑作選」9月3日~16日

名物刀剣 宝物の日本刀
根津美術館(青山)
8月27日から9月25日
※素晴らしい展覧会でした。刀剣にハマりそう。→

魔術★錬金術 ―夢★無意識★眼球★解剖図★交霊術★博物誌―
アートコンプレックスセンター(信濃町)
9月1日から9月30日 月休
※シュルレアリスム=魔術的芸術をテーマに3人のアーティスト競演。
 ヤン・シュヴァンクマイエル、マックス・エルンスト、上原木呂。→

棚田康司展「生える少年」
ミヅマアートギャラリー(市ヶ谷)
9月1日から10月1日 日月祝休
※木彫りの少年がミズマノ空間に象徴的に存在。→

塩田千春 ドローイング展
KENJI TAKI GALLERY 東京(初台)
9月3日から9月22日 日月祝休
※ドローイングだけ(多分?)なのは残念だが見に行きたい。

第20回「STAND!!!!」
王子ペーパーライブラリー(銀座)
9月5日から12月1日 土日祝休
※始めDM見た時に「女子力」とか書いてあったから王子製紙で
 女子力って何?と思いました。女性デザイナーを取り上げるの
 ですね。

青山裕企 「Schoolgirl Complex」
和田画廊(京橋)
9月6日から10月1日 月祝休
※写真家、青山さんの集大成!

ビル・ヴィオラ「Transformations」
ギャラリー小柳(銀座)
9月6日から10月20日 日月祝休
※ビルヴィオラさんの映像は見たいですね。

鈴木心写真店
Hidari Zingaro(中野)
9月8日から09月20日 水休
※福島出身の鈴木心さんの写真展ならぬ写真店。

「Junya Ishigami」展
エ インテリアズ(青山)
9月8日から10月29日 水休
※建築家、石上純也デザイン家具がインテリアズで取り扱い開始。
 石上さん妹島事務所出身だから仕方ないけど少し妹島さんぽい?

MOTOMI KAWAKAMI CHRONICLE 1966-2011
川上元美 デザインの軌跡

リビングデザインセンターOZONE 3Fパークタワーホール(新宿)
9月9日から9月25日 水休
※会場構成はトラフ。OZONE 4Fにっぽんフォルムで関連展示
 「川上元美 日本の上質」9月9日から10月4日
 7Fリビングデザインギャラリーで「1/1 chairs. 川上元美×
 多摩美術大学環境デザイン学科」9月8日から9月27日

石川直樹 「8848」
スカイザバスハウス(谷中)
9月9日から10月22日 日月祝休
※エベレストですって!これは見たいね。

半田真規
オオタファインアーツ(六本木)
9月10日から10月15日 月日祝休
※半田さんはどんな展示するのだろう?

篠山紀信
hiromiyoshii(清澄白河)
9月10日から10月22日 月日祝休
※篠山さんの写真展(だよね?)

町田久美新作銅版画展
New publications of First Etchings by Kumi Machida

KIDO Press(清澄白河)
9月10日から10月22日 日月祝休
※町田久美、自身が手がける初めての銅版画!必見!
 これは期待でしょう!!!(aohie氏に教えて貰いました)

アート・スコープ2009-2011
原美術館(品川)
9月10日から11月27日 月休
※そういや去年はやってなかったよなぁ、のアートスコープ。
 小泉明郎、佐伯洋江、エヴァ・ベレンデス、ヤン・シャレルマン。

メタボリズム展:都市と建築
森美術館(六本木)
9月17日から2012年1月5日
※丹下健三だ!シンポジウム申し込むの忘れたー!!!
 メタボリズムの未来都市展のシンポジウム(9/18)
 1部:栄久庵憲司、神谷宏治、菊竹清訓、槇 文彦、
    モデレーター:内藤 廣
 2部:東 浩紀、レム・コールハース、御厨 貴、
    ネイダー・ヴォスーギアン
    モデレーター:八束はじめ
 ※1部メンバーを内藤さんが仕切れるのか、が見所、笑?

八木貴史「Strangler fig」
MEGUMI OGITA GALLERY(東銀座)
9月13日から10月8日 月日祝休
※八木貴史さんの作品見たいです。

佐賀町アーカイブ COLLECTION plus, 2 内藤礼展
佐賀町アーカイブ(末広町)
9月16日から12月4日 月火水休
※そう、私が内藤さんの作品に惹かれたのは今は無き食糧
 ビルヂングの佐賀町エキジビット・スペースのあとを継いだ
 ライスギャラリー by G2最後の展示。あそこから私が現代
 アートという物にはまったと言っても過言ではない、2002年。
 佐賀町エキジビット・スペースでの展示はその前の1991年。
 両方とも展示タイトルが「地上にひとつの場所を」。

山村浩二「マイブリッジの糸」
東京都写真美術館ホール(恵比寿)
9月17日から10月7日 月休
※山村さんの新作映像。NFB製作なのですね。

棚田康司展「〇と一(らせんとえんてい)」
スパイラルガーデン(表参道)
9月22日から10月10日
※なんと、スパイラルで?棚田さん!

ニューアート展NEXT 2011 Sparkling Days
http://www.yaf.or.jp/ycag/archives/newart/NEXT2011/index.html
横浜市民ギャラリー(横浜)
9月30日から10月19日
※曽谷朝絵、荒神明香、ミヤケマイの3人の作家展。3人とも
 好きな作家さんです!特にミヤケマイさんの作品久しぶり
 に見る気がする!横トリと併せて行きたし。

畠山直哉展「Natural History」
東京都写真美術館(恵比寿)
10月1日から12月4日 月休
※畠山さん!行く!

桑島秀樹「TTL」
ラディウム-レントゲンヴェルケ(馬喰町、浅草橋)
10月7日から10月29日 月日祝休
※桑島さんか!行きたし。

酒井抱一と江戸琳派の全貌
千葉市美術館(千葉)
10月10日から11月13日 月休
細見美術館(京都):2012年4月10日から5月13日 月休
※今年は抱一イヤー。

東京クリエイティヴ
オペラシティアートギャラリー(初台)
10月18日から12月25日 月休
※ファッション系はここは良くやるけど今度は日本の若手。

TAKEO PAPER SHOW 2011「本」
見本帖本店2F+サテライト会場(神保町、竹橋)
10月20日から11月4日
※春の中止から復活しました!メンバーが豪勢です。
 赤木明登、赤瀬川原平、天野祐吉、安 尚秀、安野光雅、
 石上純也、糸井重里、今福龍太、岩崎一郎、
 リー・エーデルコート、太田徹也、柏木 博、勝井三雄、
 加藤賢策(東京ピストル)、上島松男、ガリマール、
 工藤恭孝、隈 研吾、クラフト・エヴィング商會、小泉 誠、
 後藤繁雄、小林弘人、五味太郎、小山薫堂、坂田和實、
 佐藤可士和、佐藤隆信、佐藤 卓、佐藤直樹、柴田文江、
 朱鍔、杉浦康平、杉本博司、鈴木芳雄、須藤玲子、
 千 宗屋、瀧本幹也、竹原あき子、谷川俊太郎、津村耕佑、
 遠山正道、中川 淳、中島信也、長友啓典、西沢立衛、
 間 奈美子、橋本麻里、羽鳥和芳、幅 允孝、林 望、
 平野啓一郎、平林奈緒美、廣瀬通孝、深津貴之、
 福田和也、藤幡正樹、藤本壮介、前田ジョン、松岡正剛、
 松永 真、松本弦人、水越 伸、皆川 明、港 千尋、
 宮川和夫、三宅一生、宮島達男、ラーズ・ミュラー、
 向井周太郎、室賀清徳、茂木健一郎、柳本浩市、
 山口昭男、山下裕二、山田尚郎、山中俊治、
 ヨーガン・レール、マイケル・ロック(2×4)

淺井裕介
ARATANIURANO(新富町)
10月21日から11月26日 月日祝休
※今回は淺井裕介さんがどう出てくるか?

八木良太
無人島プロダクション(清澄白河)
10月22日から?月?日 月祝休
※八木良太さんの展示、イイナァ。

シャルロット・ペリアンと日本
神奈川県立近代美術館鎌倉館(鎌倉)
10月22日から2012年1月9日 月休
※ペリアンの回顧展を坂倉さんの建物で・・・コルビジェ繋がり
 ですね。

パルコの女子文化祭 シブカル祭。
渋谷パルコ(渋谷)
10月28日から11月7日
※女子クリエーター作品が渋谷パルコに集結。
 さとうかよ、chim↑pom、松井えり菜等のアート系も
 居ますね。
 アルテミスイチコ、磯部昭子、市橋織江、うつゆみこ、
 えぐちりか、onnnacodomo、河野未彩、小林エリカ、
 さとうかよ、佐野方美、JENNY FAX、sina、篠原奈美子、
 関根綾、チェルシー舞花、chim↑pom、でんぱ組.inc、
 tokyodolores、永瀬沙世、藤原江理奈、本田彩乃、
 松井えり菜、MARCO、水尻自子、Ly

日本の美・発見VI 長谷川等伯と狩野派
出光美術館(有楽町)
10月29日から12月18日 月休
※これも見なきゃ!

東京アートミーティング(第2回)
21世紀の建築空間 —建築、アート、人々の新しい関係

東京都現代美術館(清澄白河)
10月29日から2012年1月15日 月休
※行きたいな。

TOKYO DESIGNERS WEEK2011 環境×デザイン
明治神宮外苑(外苑前)
11月1日から11月6日
※会場設計はフロリアンブッシュ。
 今年もミズマアート企画のコーナーあり。

ライアン・ガンダー「墜ちるイカロス―失われた展覧会」
メゾンエルメス(銀座)
11月3日から?月?日
※横トリでも印象的な展示をしていたライアンガンダー。

没後150年 歌川国芳展
森アーツセンターギャラリー(六本木)
12月17日から2012年2月12日
※大阪市立美術館
 前期:4月12日から5月8日、後期:5月10日から6月5日
※静岡市美術館、7月9日から8月21日
※年納めがこれになるのかな?エッ?

松井冬子展 世界中の子と友達になれる
横浜美術館(横浜)
12月17日から2012年3月18日 木休
※楽しみ。しかしサブタイトルと松井さんの作品の
イメージがあわないのだが・・・。

今和次郎展
パナソニック電工 汐留ミュージアム(汐留)
2012年1月14日から3月25日 月休
※取りあえずメモ。

イ・ブル展
森美術館(六本木)
2012年2月4日から2012年5月27日
※イ・ブル!来たー!これは期待。

奈良美智展
横浜美術館(横浜)
2012年7月14日から2012年9月23日 木休
※なにがあっても必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚田康司展、魔術★錬金術、戸田祥子「地理に、リズム」、千代田芸術祭2011、ポコラート

見たもの幾つか、まとめてUPします。

棚田康司展「生える少年」
ミヅマアートギャラリー

魔術★錬金術
アートコンプレックスセンター

戸田祥子「地理に、リズム」
3331 GALLERY

千代田芸術祭2011 3331アンデパンダン
3331 Arts Chiyoda メインギャラリー

ポコラート 全国公募2011受賞者展
3331 Arts Chiyoda 1FギャラリーB
 

続きを読む "棚田康司展、魔術★錬金術、戸田祥子「地理に、リズム」、千代田芸術祭2011、ポコラート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫

今回の横浜トリエンナーレですが前回にも書きましたがアート
ファンとしては「展覧会」としてそこそこ楽しめる物にはなっ
てます。作品の楽しめる感は208年の3回目よりもあったので
はないでしょうか?
世界の先鋭アートよりも日本の若手を取り上げたというのはイイ
感じに繋がっていると思います。もちろん多くの人が来る会場で
見せにくい作品もあり、運営維持も大変な物もありますがそこは
アートならでは、って事で。横美のコレクションと抱き合わせで
現代アートを見るというのも視点は面白い。けどこれは企画の中
の一つという感じで大々的に出展作家として扱われているのは
ちょっと・・・とは思います。

全体ではやはり広がり感はありませんでした。課題はあります。
一つは美術館がメイン会場だった事。メイン会場がどこかにあり
サブ会場として一つの企画として美術館が参加するのならまだ
良いと思いますが2つの会場のうちの一つとしてはどうでしょう?
美術館の企画展として見えてしまいます。
次は運営の堅苦しさ。アートを楽しもう的な感じは少なくて常に
杓子定規的な運営が見受けられました。目の前に来たら必ず
注意をする、インスタレーションは少しでも中に入りたいのに
安全な領域でも少しでも超えたら注意するなどありましたね。
声掛けする方がいけないのかルールを決めた方がいけない
のか判りませんが、あくまでも人が多い所で注意しなくては
ならない決まり切ったルールの上での運営に見えました。
最後に街全体での展開が少ない事。メイン会場2箇所に加え
YCCや屋外作品が数点、さらに新港ピアと黄金町で関連展開
をしているものの街を取り込んでやってる感は見えないです。
アートファン以外はやっていることも知らないのではないかと
言う感じの閉ざされた雰囲気が残念ですね。
ま、今回は残念に想う所がありながらもアートファンとして
楽しみます。

2回目は日本郵船海岸通倉庫会場の感想を書いてみます。
 

続きを読む "ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その弐:日本郵船海岸通倉庫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その壱:横浜美術館

さて、ヨコハマトリエンナーレ2011。もう4回目のトリエンナーレに
なるのですね。

1回目2001年は展示会場っぽい雰囲気ではあったが街中のあち
こちで展開されていて横浜中で展開されていたイメージがあり。
※2001年段階では日記等は書いてませんでしたのでログ無し。

2回目2005年は諸々の問題によりトリエンナーレなのに4年も間
が空いた!と言われましたが子供が楽しんでいる姿が印象的な
楽しい体感展示が多かった素敵な国際展になってました。
オススメ!横浜トリエンナーレ2005 その1
楽しい!横浜トリエンナーレ2005 その2

3回目2008年は前回から変わって真っ当なアート展を目指した
のか少し難しい作品印象が多かったので私的にはイマイチで
したが三渓園の展示などはとても良かった記憶があります。
横浜トリエンナーレ初考
曼珠沙華の球根には毒がある〜横浜トリエンナーレ、三渓園会場
横浜トリエンナーレ、日本郵船海岸通倉庫と新港ピア
横浜、トリエンナーレ「以外」の心ある機械とEcho

さてさて4回目・・・会場が横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫
の2箇所というのが寂しい感じです。また街中での展開は少な
くあちこちでやっていると感じは出てない。美術館がメイン会場
と言うのもあり、結局一部のアートファンしか見に行かないの
では?と言うちょっとした企画展的なものに見えてしまいます。
ま、でも、行けば行ったらでアートファンとしては楽しめる物も
多い感じにはなっていましたね。

震災もあり準備期間も少なかった(2回目の時みたいな騒動で
もあったのかしら?そう言うので無駄な予算を使ってしまった?)
と言う話も聞くので残念な所が見え隠れするのはしょうがないな、
とも思いますが、それなら2回目の時みたいに4年にしてしまう、
と言う手もあったのでは?予算取り問題や会場押さえなどでそう
簡単にはいかないだろうが不準備なもの見せられるよりかは
見る方としてはその方が良いな、と思います。

やはり国際展というフェス的な扱いの物の目的の一つとしては
アートのすそ野を広げる、つまりアートにそんなに興味ない人が
アートを好きになるきっかけになる、と言うのもあると思いますが
その点で言うとやはり2回目のトリエンナーレが素晴らしかった。
会場で楽しそうに遊んでいる子供達が「楽しかった、また、行き
たい!」と言っているのを見てこの子達はアートを楽しんでいる
な、と。(ところがその印象を持って3回目に言ったら楽しくなか
った・・・と言う評価になって・・・実話ですが、それは勿体ない)
今回のトリエンナーレは作品としては楽しい物は多いのですが
展覧会全体としての取り組みとしてはそこまでの感は無いのが
残念です。

まずは横浜美術館の作品の感想を書きます。
 

続きを読む "ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR、その壱:横浜美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

気になるアートメモ0902

いつものアートメモ、9月になったのでまとめてみました。

理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル
パナソニック電工 汐留ミュージアム(汐留)
7月16日から9月25日 月休
※これは良かったな。→

「家の外の都市(まち)の中の家」
オペラシティアートギャラリー(初台)
7月16日から10月2日 月休
※ヴェネチアビエンナーレ建築展帰国展。
 北山恒、アトリエ・ワン(塚本由晴・貝島桃代)、西沢立衛など。
 うーん、私にはイマイチでした→

アレハンドロ・アラヴェナ
ギャラリー間(乃木坂)
7月27日から10月1日 日月祝休
※こちらも私にはイマイチ→

山本基 しろきもりへ-現世の杜・常世の杜-
彫刻の森美術館(箱根)
7月30日から2012年3月11日
※震災で延期になっていたのが復活!
 美しき塩のインスタレーション。

横浜トリエンナーレ 2011
横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫、他(横浜)
8月6日から11月6日
※早いなぁ、あれから3年か。今年は3年でちゃんと出来たのね
 (って3年じゃなかったのは初めだけなのにずっとこれ言われ
 るな、このトリエンナーレ)。
 まあ、色々問題はありますが行けばそれなりに楽しい。
 済み→横浜美術館日本郵船海岸通倉庫

ヤン&エヴァ シュヴァンクマイエル展 映画とその周辺
ラフォーレミュージアム原宿(原宿)
8月20日から9月19日
※これは良かった。変態まっしぐら。真性変態です。→済
※夏公開の新作映画記念で京都の展覧会が巡回してくる。
 加えて9月には過去の作品の傑作選が新宿の映画館で。
 新宿K's cinema「シュヴァンクマイエル傑作選」9月3日~16日

名物刀剣 宝物の日本刀
根津美術館(青山)
8月27日から9月25日
※素晴らしい展覧会でした。刀剣にハマりそう。→

魔術★錬金術 ―夢★無意識★眼球★解剖図★交霊術★博物誌―
アートコンプレックスセンター(信濃町)
9月1日から9月30日 月休
※シュルレアリスム=魔術的芸術をテーマに3人のアーティスト競演。
 ヤン・シュヴァンクマイエル、マックス・エルンスト、上原木呂の3人。

青山裕企 「Schoolgirl Complex」
和田画廊(京橋)
9月6日から10月1日 月祝休
※写真家、青山さんの集大成!

「Junya Ishigami」展
エ インテリアズ(青山)
9月8日から10月29日 水休
※建築家、石上純也デザイン家具がインテリアズで取り扱い開始。
 石上さん妹島事務所出身だから仕方ないけど少し妹島さんぽい?

MOTOMI KAWAKAMI CHRONICLE 1966-2011
川上元美 デザインの軌跡

リビングデザインセンターOZONE 3Fパークタワーホール(新宿)
9月9日から9月25日 水休
※会場構成はトラフ。OZONE 4Fにっぽんフォルムで関連展示
 「川上元美 日本の上質」9月9日から10月4日
 7Fリビングデザインギャラリーで「1/1 chairs. 川上元美×
 多摩美術大学環境デザイン学科」9月8日から9月27日

石川直樹 「8848」
スカイザバスハウス(谷中)
9月9日から10月22日 日月祝休
※エベレストですって!これは見たいね。

町田久美新作銅版画展
New publications of First Etchings by Kumi Machida

KIDO Press(清澄白河)
9月10日から10月22日 日月祝休
※町田久美、自身が手がける初めての銅版画!必見!
 これは期待でしょう!!!(aohie氏に教えて貰いました)

アート・スコープ2009-2011
原美術館(品川)
9月10日から11月27日 月休
※そういや去年はやってなかったよなぁ、のアートスコープ。
 小泉明郎、佐伯洋江、エヴァ・ベレンデス、ヤン・シャレルマン。

メタボリズム展:都市と建築
森美術館(六本木)
9月17日から2012年1月5日
※丹下健三だ!シンポジウム申し込むの忘れたー!!!
 メタボリズムの未来都市展のシンポジウム(9/18)
 1部:栄久庵憲司、神谷宏治、菊竹清訓、槇 文彦、
    モデレーター:内藤 廣
 2部:東 浩紀、レム・コールハース、御厨 貴、
    ネイダー・ヴォスーギアン
    モデレーター:八束はじめ
 ※1部メンバーを内藤さんが仕切れるのか、が見所、笑?

畠山直哉展「Natural History」
東京都写真美術館(恵比寿)
10月1日から12月4日 月休
※畠山さん!行く!

酒井抱一と江戸琳派の全貌
千葉市美術館(千葉)
10月10日から11月13日 月休
細見美術館(京都):2012年4月10日から5月13日 月休
※今年は抱一イヤー。

東京クリエイティヴ
オペラシティアートギャラリー(初台)
10月18日から12月25日 月休
※ファッション系はここは良くやるけど今度は日本の若手。

TAKEO PAPER SHOW 2011「本」
見本帖本店2F+サテライト会場(神保町、竹橋)
10月20日から11月4日
※春の中止から復活しました!メンバーが豪勢です。
 赤木明登、赤瀬川原平、天野祐吉、安 尚秀、安野光雅、
 石上純也、糸井重里、今福龍太、岩崎一郎、
 リー・エーデルコート、太田徹也、柏木 博、勝井三雄、
 加藤賢策(東京ピストル)、上島松男、ガリマール、
 工藤恭孝、隈 研吾、クラフト・エヴィング商會、小泉 誠、
 後藤繁雄、小林弘人、五味太郎、小山薫堂、坂田和實、
 佐藤可士和、佐藤隆信、佐藤 卓、佐藤直樹、柴田文江、
 朱鍔、杉浦康平、杉本博司、鈴木芳雄、須藤玲子、
 千 宗屋、瀧本幹也、竹原あき子、谷川俊太郎、津村耕佑、
 遠山正道、中川 淳、中島信也、長友啓典、西沢立衛、
 間 奈美子、橋本麻里、羽鳥和芳、幅 允孝、林 望、
 平野啓一郎、平林奈緒美、廣瀬通孝、深津貴之、
 福田和也、藤幡正樹、藤本壮介、前田ジョン、松岡正剛、
 松永 真、松本弦人、水越 伸、皆川 明、港 千尋、
 宮川和夫、三宅一生、宮島達男、ラーズ・ミュラー、
 向井周太郎、室賀清徳、茂木健一郎、柳本浩市、
 山口昭男、山下裕二、山田尚郎、山中俊治、
 ヨーガン・レール、マイケル・ロック(2×4)

シャルロット・ペリアンと日本
神奈川県立近代美術館鎌倉館(鎌倉)
10月22日から2012年1月9日 月休
※ペリアンの回顧展を坂倉さんの建物で・・・コルビジェ繋がり
 ですね。

日本の美・発見VI 長谷川等伯と狩野派
出光美術館(有楽町)
10月29日から12月18日 月休
※これも見なきゃ!

東京アートミーティング(第2回)
21世紀の建築空間 —建築、アート、人々の新しい関係

東京都現代美術館(清澄白河)
10月29日から2012年1月15日 月休
※行きたいな。

TOKYO DESIGNERS WEEK2011 環境×デザイン
http://www.tdwa.com/
明治神宮外苑
11月1日から11月6日
※会場設計はフロリアンブッシュ。
 今年もミズマアート企画のコーナーあり。

没後150年 歌川国芳展
森アーツセンターギャラリー(六本木)
12月17日から2012年2月12日
※大阪市立美術館
 前期:4月12日から5月8日、後期:5月10日から6月5日
※静岡市美術館、7月9日から8月21日
※年納めがこれになるのかな?エッ?

松井冬子展 世界中の子と友達になれる
横浜美術館(横浜)
12月17日から2012年3月18日 木休
※楽しみ。しかしサブタイトルと松井さんの作品の
イメージがあわないのだが・・・。

今和次郎展
パナソニック電工 汐留ミュージアム(汐留)
2012年1月14日から3月25日 月休
※取りあえずメモ。

イ・ブル展
森美術館(六本木)
2012年2月4日から2012年5月27日
※イ・ブル!来たー!これは期待。

奈良美智展
横浜美術館(横浜)
2012年7月14日から2012年9月23日 木休
※なにがあっても必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーザン・フィリップス展、金屋町楽市と隈研吾展、大滝由子・pinco(taki*corporation)展、モノの記憶を手操って Vol.1

もう終わってしまった物もありますが見た物まとめて幾つかUP。

中目黒におけるミズマアクションの最後の展示
スーザン・フィリップス「Did I Dream You Dreamed About Me」

金屋町楽市と隈研吾展
丸ビル1階マルキューブ

大滝由子・pinco(taki*corporation)「たびのゆめ」
MYカフェ(丸の内マイプラザ 1F)

銀座松屋デザインコレクション改装記念展
モノの記憶を手操って Vol.1

の4つです。
 

続きを読む "スーザン・フィリップス展、金屋町楽市と隈研吾展、大滝由子・pinco(taki*corporation)展、モノの記憶を手操って Vol.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »